「 サバイバル 」 一覧

サンドイッチ

ソウナンですか? 第十巻 登場人物・あらすじ・感想

ソウナンですか? 10 ヤンマガKC 原作:岡本健太郎 漫画:さがら梨々 出版社:講談社 山賊ダイアリーの岡本健太郎さん原作のサバイバル漫画。 無人島を脱出し洋上を日本を目指し航海していたほまれ、あす …

眼鏡

錬金無人島サヴァイブ 第三巻 あらすじ・感想

錬金無人島サヴァイブ 3 アフタヌーンKC 原作:伊口紺 漫画:保志レンジ 出版社:講談社 戦争中のアビシル連邦とモルト共和国。 そのアビシル連邦の軍人、錬金術師のニコと炊事班のジン、そして捕虜となっ …

ハムスター

世界は終わっても生きるって楽しい 3

世界は終わっても生きるって楽しい 3 ガルドコミックス 著:鳥取砂丘 出版社:オーバーラップ カンリキョクで出会った三角頭の者達と、生態系を別の物に変える赤い霧を吐き出すにくのトビラ。 そんな謎の者達 …

薪の炎

錬金無人島サヴァイブ 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

錬金無人島サヴァイブ 2 アフタヌーンKC 原作:伊口紺 漫画:保志レンジ 出版社:講談社 アビシル連邦とモルト共和国、現在戦争中の二国。 そのアビシル連邦の軍人、錬金術師のニコと炊事班のジン、そして …

ホッチキス

生き残った6人によると 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

生き残った6人によると 2 ハルタコミックス 作:山本和音 出版社:KADOKAWA/エンターブレイン ヘリコプターによる生存者の救出は感染者を拾った事で失敗。 墜落したヘリによって梨々(りり)たち六 …

ゾンビ

生き残った6人によると 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

生き残った6人によると 1 ハルタコミックス 作:山本和音 出版社:KADOKAWA/エンターブレイン 成田空港から始まったゾンビの出現。 房総高校のソフトボール部、水上梨々(みずかみ りり)は千葉幕 …

花火

ソウナンですか? 第九巻 あらすじ・感想

ソウナンですか? 9 ヤンマガKC 原作:岡本健太郎 漫画:さがら梨々 出版社:講談社 山賊ダイアリーの岡本健太郎さん原作のサバイバル漫画。 竹を材料にした双胴船を作り、日本に帰ろうと外洋に乗り出した …

リンゴ

錬金無人島サヴァイブ 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

錬金無人島サヴァイブ 1 アフタヌーンKC 原作:伊口紺 漫画:保志レンジ 出版社:講談社 アビシル連邦とモルト共和国、現在戦争中の二国。 そんな状況の中、アビシル連邦軍大型輸送機は敵の補給路を断つ為 …

ハンバーガー

世界は終わっても生きるって楽しい 2

世界は終わっても生きるって楽しい 2 ガルドコミックス 著:鳥取砂丘 出版社:オーバーラップ 父のノートを頼りにカンリキョクに辿り着いたヤコーネ達。 しかしそのカンリキョクの前でヤコーネ達を出迎えたの …

洋梨

世界は終わっても生きるって楽しい 1

世界は終わっても生きるって楽しい 1 ガルドコミックス 著:鳥取砂丘 出版社:オーバーラップ 廃墟の街で人間の仲間を求め旅をする少女ヤコーネ。 旅の仲間は六脚ネズミのヤゴと機械のネイ。 小人な少女のポ …

水平線

ソウナンですか? 第八巻 あらすじ・感想

ソウナンですか? 8 ヤンマガKC 原作:岡本健太郎 漫画:さがら梨々 出版社:講談社 山賊ダイアリーの岡本健太郎さん原作のサバイバル漫画。 外海でも壊れない丈夫な船を作り始めたほまれ達。 この巻では …

無花果(いちじく)

ソウナンですか? 第七巻 各話あらすじ・感想

ソウナンですか? 7 ヤンマガKC 原作:岡本健太郎 漫画:さがら梨々 出版社:講談社 山賊ダイアリーの岡本健太郎さん原作のサバイバル漫画。 船を作り全員そろって島を脱出する事を決めたほまれ達。 しか …

エイ

ソウナンですか? 第六巻 各話あらすじ・感想

ソウナンですか? 6 ヤンマガKC 原作:岡本健太郎 漫画:さがら梨々 出版社:講談社 山賊ダイアリーの岡本健太郎さん原作のサバイバル漫画。 アスカ、むつ、しおんの三人を島から脱出させる為、ほまれは一 …

カルガモ

ソウナンですか? 第五巻 各話あらすじ・感想

ソウナンですか? 5 ヤンマガKC 原作:岡本健太郎 漫画:さがら梨々 出版社:講談社 山賊ダイアリーの岡本健太郎さん原作のサバイバル漫画。 寝る場所やテーブル等、島での生活も少しづつ豊かになって来た …

猪

ソウナンですか? 第四巻 あらすじ・感想等

ソウナンですか? 4 ヤンマガKC 原作:岡本健太郎 漫画:さがら梨々 出版社:講談社 山賊ダイアリーの岡本健太郎さん原作のサバイバル漫画。 猪を罠で捕らえる事に成功した一行でしたが、ほまれが二日酔い …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。