漫画

ヴィンランド・サガ 第三巻 あらすじ・感想

投稿日:2019年1月28日 更新日:

斧
ヴィンランド・サガ3 アフタヌーンKC

作:幸村誠
出版社:講談社

11世紀のヴァイキングをモチーフに描かれる物語。

今回はトールズを失い、アシェラッドの命を狙うトルフィンが、彼の下で戦い初めて六年後の、西暦1008年から始まります。

広告

あらすじ

アシェラッドの下で、戦闘に参加するうち、トルフィンの心は次第にすさんでいった。

西暦1013年、デンマークとイングランドの戦争に傭兵として参加したアシェラッド達は、ヨーム戦士団の英雄、のっぽのトルケルが守備するロンドン橋の攻略に参加する。

フローキーは、かつての同胞ということで、彼を懐柔しようとするが、戦争そのものに価値を置くトルケルに一蹴されてしまう。

トルフィンは、アシェラッドとの決闘を条件に、トルケルとの戦に臨む。

トルケルに手キズを負わせることは出来たものの、彼の力は凄まじく、ズタボロになったトルフィンは、軍が引くのに合わせて、橋から川に飛び込み、這う這うの体で逃げ延びた。

デンマーク王、スヴェンはロンドンを王子クヌートに任せ、本隊を西に移動させた。

その後、本隊は北に戻ったが、ロンドンの西、パース近郊に残っていたアシェラッド達は、本隊に向かう伝令からクヌートがトルケルに捕らえられた事を聞く。

アシェラッドは、クヌートを奪還し褒賞を手に入れるべく、作戦を開始した。

感想

戦い大好きっ子のトルケルが登場しました。
彼の強さは異常で、まともに戦えば勝てる者は殆どいないでしょう。

私は自分の思いに忠実で、真っすぐなトルケルが大好きです。
彼は今後も長く登場しますので、活躍を期待しています。

特別編でトルフィンの姉、ユルヴァのお話が掲載されています。
この物語で一番強いのは彼女かもしれません。

広告

まとめ

この時代、イギリスは、デンマーク占領地、イングランド、ウェールズの小王国群等に分かれていました。
トルフィン達は、デンマーク王の下でイングランドと戦っています。

トルケル達はイングランド軍が歯ごたえがないとの理由で、ヨーム戦士団がいるデンマーク軍と戦うため、イングランドについたようです。

戦いに重きを置く、ノルマン戦士の信仰についても、作中で語られます。
彼らは、戦いの中で死ぬことで、ヴァルキリーにより天界の戦士の館、ヴァルハラに住む事を許されると考えていました。

勇者としてヴァルハラに招かれる事は、戦士としての誉れだったようです。

お読みいただき、ありがとうございました。

ヴィンランドサガ・サガ 第四巻 あらすじ・感想

こちらの作品はコミックDAYSにて一部無料でお読み頂けます。
作者の幸村誠さんのTwitterアカウントはこちら

広告

-漫画
-, ,

関連記事

白い犬

クマ撃ちの女 第五巻 登場人物・あらすじ・感想

クマ撃ちの女 5 BUNCHコミックス 作:安島薮太 出版社:新潮社 牧場に熊が出た。 カズキの祖父、矢木経由でその情報を知り、熊狩りに参加したチアキとカズキ。 その牧場を荒していた熊はチアキと彼女の …

紅茶

外科医エリーゼ 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

外科医エリーゼ 1 フロースコミック 漫画:mini 原作:yuin 出版社:KADOKAWA 天才外科医として名を馳せていた高本葵(たかもと あおい)は飛行機事故で命を失い、気が付くと金髪の少女にな …

鍬

ヴィンランド・サガ 第九巻 あらすじ・感想

ヴィンランド・サガ9 アフタヌーンKC 作:幸村誠 出版社:講談社 11世紀のヴァイキングをモチーフに描かれる物語。 イングランドで農民として暮らしていたエイナルは、捕らえられ奴隷となります。 デンマ …

森

波よ聞いてくれ 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

波よ聞いてくれ 3 アフタヌーンKC 作:沙村広明 出版社:講談社 光雄(みつお)に別れを告げたミナレ。 ディレクターの麻籐(まとう)は彼女の別れをラジオドラマにする事で、光雄への想いを埋葬しろと彼女 …

鴨

雨と君と 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

雨と君と 3 KCデラックス 著:二階堂幸 出版社:講談社 のんびりとした犬(たぬ、ゲフンゲフン)とお姉さんの日々を描いた作品、第三巻。 登場人物あらすじ感想まとめ 登場人物 ティッシュ配りのお姉さん …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。