漫画

ゴールデンゴールド 第四巻 あらすじ・感想

投稿日:2019年8月11日 更新日:

寺ゴールデンゴールド 4 モーニングKC
作:堀尾省太
出版社:講談社

フクノカミの力を削ぐために、黒蓮は琉花に島を離れる事を提案します。
その為には彼女の親の協力が必要と、黒蓮は琉花の母親にフクノカミの事を全て打ち明けます。

広告

あらすじ

黒蓮から話を聞いた琉花の母は、その荒唐無稽な話を女子高生を装っている、自身のツイッターに投稿した。
ツイッターの投稿は刑事の酒巻の知る所となり、彼は琉花の母親を訪ねる。

酒巻と母の出会いは、彼女を島に向かわせた。
向かった家でフクノカミと遭遇した母親は、琉花と黒蓮の話が嘘ではなかったと知る。
その事で琉花が島を離れる話が、具体的に進む事になる。

またフクノカミは祈りを全て自分に向ける為、人々の心から神社や先祖に対する敬いの心を奪っていく。

徐々に変わっていく人々。
その中には琉花の想い人である及川も含まれていた。

及川を呼び出し、福山に帰る話をした事が切っ掛けで、琉花は及川が変化している事に気付く。
琉花は彼を放っておけず、島に残る事を母と黒蓮に告げた。

感想

今回は、寺の敷地に琉花が入った事で、酷く弱っているフクノカミの姿が描かれました。

寺に入ると琉花も及川も、フクノカミの影響下から抜けるようです。
という事はフクノカミは、妖怪なのかなと考えてしまいました。

人の心を操り、祈りを自身に集中させ肥え太る。
最終的な目標は島を発展させ、アニメイトを作り及川を島に留める事なのでしょうが、なんというかその人を操る行為が酷く醜悪で、忌避感を感じます。

広告

まとめ

フクノカミは町子を筆頭とした島民を操り、島の経済を発展させていきます。
その事自体は悪では無いように思うのですが、気味悪く感じるのは正当な努力の結果ではないからでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この作品はモーニング公式サイト「モアイ」で一部無料でお読みいただけます。

※イメージはPixabayのoffthetrackjapanによる画像です。
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

鉄格子

アルテ 第十三巻 あらすじ・感想

アルテ 13 ゼノンコミックス 著:大久保圭 出版社:徳間書店 貴族の娘アルテが画家であるレオの弟子として画家を目指す物語。 イレーネの肖像画の仕事を終えたアルテは、依頼主である枢機卿のシルヴィオから …

トランプ

妻、小学生になる。 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

妻、小学生になる。 3 芳文社コミックス 作:村田椰融 出版社:芳文社 圭介(けいすけ)の部下である守屋(もりや)。 彼女と共に出かけたバーベキューで、守屋の圭介に対する想いを聞いた貴恵(たかえ)は複 …

焼きそば

焼いてるふたり 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

焼いてるふたり 3 モーニングKC 著:ハナツカシオリ 出版社:講談社 結婚はしたものの、お互い奥手である為、未だプラトニックな二人。 そんな関係を変えようと千尋(ちひろ)は健太にハグを求めます。 で …

シャンデリア

ゴリせん ~パニックもので真っ先に死ぬタイプの体育教師~ 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

ゴリせん ~パニックもので真っ先に死ぬタイプの体育教師~ 2 ヤンマガKC 著:酒井大輔 出版社:講談社 タイトルが示す通り、フラグを立てまくりで死を予感させつつも、絶対に死なない無敵の教師の姿を描い …

夜桜

おとなりに銀河 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

おとなりに銀河 4 アフタヌーンKC 作:雨隠ギド 出版社:講談社 漫画家兼シェアタイプのアパートの大家として幼い妹と弟を養っている久我一郎(くが いちろう)。 そんな彼の下にアシスタントとしてやって …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。