漫画

騎士譚は城壁の中に花ひらく 2

投稿日:

プレートメイル
騎士譚は城壁の中に花ひらく 2 ガルドコミックス

著:ゆづか正成
出版社:オーバーラップ

故郷の梯子の城(スカーラエ)を戦火で失い、騎士ヒルンドーに救われ錠の城(クラウストラ)へとやって来た騎士見習いのロサ=スカーラエ。
今回は穏やかな城の暮らしだけでなく、騎士達の留守を狙った野党の襲撃も収録されました。

リアルな中世の騎士達の生活を描いた作品です。

広告

登場人物

アンセル=オムニア
騎士で吟遊詩人
長髪にリュートのイケメン。
ロサにヒルンドーの過去を語る。

グルース
錠の城(クラウストラ)のパン焼き職人
もじゃもじゃ髯の陽気な老人。
騎士達にも評判の白パンを焼いている。
パンを焼き上げる時には踊りを踊る。
元はクラウストラの騎士を束ねた騎士長だった。

ガルデニア
染色師
妙齢の女性。
職業上、城から離れた場所に一人暮らしている。

城代
錠の城の城代
口顎鬚のおじさん。
城主が留守の間、城の運営を担う。

あらすじ

馬上槍試合、トーナメント後の宴会でしたたかに酔っぱらったヒルンドー。
彼のお守りをしていたロサの耳に吟遊詩人の歌が聞こえて来る。

詩人であり騎士だというその男が歌っていたのは、騎士達の冒険を歌った騎士物語。

色んな騎士のお話があるんですねぇ。
そう言ったロサにヒルンドーは騎士の数だけ騎士の生き様って奴があっていいと語った。

そんな彼の言葉にロサはヒルンドーが右腕を失い戦えなくなったのは、梯子の城(スカーラエ)を救うため駆け付けてくれた事が原因と考えていた。
それを伝えようと振り返った時には、ヒルンドーは再び壁にもたれ眠っていた。

再び部屋で寝る様、彼を起こしにかかったロサに先ほどの吟遊詩人が声を掛ける。
詩人のお目当てはヒルンドー、彼は苛烈の二つ名を持つ荒々しく勇猛な騎士だった。

感想

今回は吟遊詩人アンセルとの出会いで、かつてロサを救ったヒルンドーの過去を知り、自分のなりたい騎士の姿を考えたロサのエピソードから始まり、パン職人グルース、城の修繕をする石工、森での一夜、染色師ガルデニア、夜の見廻り、野党の襲来と騎士の忠誠等が描かれました。

今回はその中でも冒頭のロサの目指す騎士の話が印象に残りました。
ロサの目的は失った錠の城(スカーラエ)を取り戻す事、その為に強い騎士になろうとしています。
また、城を襲った者達への復讐も望んでいます。

しかし、奪われた痛みを知るロサは復讐によって同じ思いを持つ者を生み出す事も危惧しています。

その重さを全部自分で背負える様になってから、もう一度考える。

作中、アンセルにそう答えたロサがどんな騎士になるのか、先が楽しみです。

まとめ

この巻のラスト、二年の月日が流れ従騎士(スクワイヤ)となったロサ。
見習いが取れたロサの前にどんな事が起きるのか、次巻も読むのが楽しみです。

この作品はコミックガルドにて一部無料でお読みいただけます。
作者のゆづか正成さんのアカウントはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのHenryk Niestrójによる画像です。
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

リンゴ

錬金無人島サヴァイブ 1

錬金無人島サヴァイブ 1 アフタヌーンKC 原作:伊口紺 漫画:保志レンジ 出版社:講談社 アビシル連邦とモルト共和国、現在戦争中の二国。 そんな状況の中、アビシル連邦軍大型輸送機は敵の補給路を断つ為 …

ラムチョップ

ダンジョン飯 7

ダンジョン飯 7 ハルタコミックス 作:久井諒子 出版社:KADOKAWA/エンターブレイン 呪いにより猫と魂が混ざり合ってしまった忍者、イツヅミを加え一行はファリンを取り戻すため、狂乱の魔術師を探し …

お絵かき

幼女社長

幼女社長 作:藤井おでこ 出版社:KADOKAWA 五歳の幼女、六科なじむが社長を務めるむじなカンパニー。 彼女の幼いがゆえの感性が、周りの大人を右往左往させる会社系ギャグコメディです。 登場人物感想 …

おにぎり

ダンジョン飯 6

ダンジョン飯 6 ハルタコミックス 作:久井諒子 出版社:KADOKAWA/エンターブレイン 狂乱の魔術師から逃れたライオスたちはオークの助けを借り、帰還するため上層を目指す一行だったが、魔術師が警戒 …

蕎麦

こはぜ町ポトガラヒー ~ヒト月三百文晦日払~ 1

こはぜ町ポトガラヒー ~ヒト月三百文晦日払~ 1 ビッグコミックス 作:昌原光一 出版社:小学館/ビッグコミック 幕末、明治維新も間近に迫った江戸の町。 その江戸のこはぜ町の長屋で暮らす人々の悲喜こも …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。