漫画

ヴィンランド・サガ1

投稿日:2019年1月26日 更新日:

兜ヴィンランド・サガ1 アフタヌーンKC
作:幸村誠
出版社:講談社

プラネテスの作者、幸村誠さんが11世紀のヴァイキングたちの戦いを描いた物語です。
巻末には当時の地図や設定資料もあり、物語を補足してくれます。

広告

冒頭部分あらすじ

11世紀、フランク王国の小競り合いが起こっていた。
攻め手は湖を背後にした砦を攻めあぐねているようだ。

攻め手の軍勢にすさんだ目をした少年が、傭兵の軍使として現れる。

軍勢を率いる将軍は、相手方に付かれても面倒だと、戦利品の半分という条件を飲み、彼らと契約を交わす。

少年は合図を放ち、翌朝戦闘が始まると、船を担いだ男たちが森から現れた。

男たちは、目標である砦の背後にある湖に船をこぎ出し、背後から襲撃。
同時に少年も、砦に取りつき守備隊長を撃破した。
隊長を失った砦を瞬く間に落とし、彼らは戦利品をかっさらった。

少年トルフィンは、傭兵の頭目であるアシェラッドに、隊長の首を差し出し、決闘を挑む。

アシェラッドは、将軍の追撃をさけるため、決闘を保留し海に逃走した。

これは後に、ヴァイキングと呼ばれる人々の物語である。

感想

11世紀のヨーロッパ、フランク王国領から物語はスタートします。

豪族の小競り合いから始まったトルフィンのお話は、彼がいかにしてアシェラッドの下で戦う事になったのかを語るため、幼いころまで遡ります。

アイスランドで、平和に暮らしていたトルフィンたちの元にフローキーという男が訪れたことで、トルフィンの平和な暮らしは終わりを告げます。

攻め手の将軍、ジャバが笑うシーンは、ジャバ・ザ・ハットというよりトトロを思わせます。

まとめ

後の巻で書かれますが、ノルド人は名誉を重んじ、復讐は義務という文化が存在します。

序盤、少年時代のトルフィンは、父の仇を討つ事だけを考えて行動しています。

戦争に明け暮れた少年時代、生きる気力を失っていた奴隷時代を経て、彼は平和な国を目指し船出する事になります。

暗い目をした少年が、どう変わっていくのかを見るのも、面白いと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

ヴィンランドサガ・サガ(2)あらすじ・感想

広告

-漫画
-, ,

関連記事

積乱雲

夜光雲のサリッサ 4

夜光雲のサリッサ 4 リュウコミックススペシャル 原作:松田未来 作画:※Kome 出版社:徳間書店 サリッサのテストの最中天翔体に襲われた忍とダンク。 二人の援護に現れたのはIOSSフランスのパイロ …

ドラゴン

ダンジョン飯4

ダンジョン飯4 ハルタコミックス 作:久井諒子 出版社:KADOKAWA/エンターブレイン ナマリ達に助けられ、苦戦を強いられたウンディーネもシチューにして腹に収めた一行。 カエルスーツにより、テンタ …

朝顔

ふしぎの国のバード 4

ふしぎの国のバード 4 ビームコミックス 作:佐々大河 出版社:KADOKAWA/エンターブレイン 実在したイギリス人女流旅行家、イザベラ・バードの旅の様子を描いた冒険旅行記、第4弾 第15話 伊藤の …

カート

天国大魔境 2

天国大魔境 2 アフタヌーンKC 作:石黒正数 出版社:講談社 キルコと二人旅を続ける内、気の合う彼女に好意を持ち告白したマル。 強引に迫るマルを落ち着かせ、彼の告白に返答するキルコ。 彼女の答えは予 …

水族館

青野くんに触りたいから死にたい 3

青野くんに触りたいから死にたい 3 アフタヌーンKC 著:椎名うみ 出版社:講談社 優里に憑りついた黒青野は、彼女から髪の色を奪いました。 青野はこれ以上彼女を傷付ける事が無いよう、優里の前から姿を消 …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。