漫画

メダリスト 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:2021年6月27日 更新日:

スケートシューズ
メダリスト 3 アフタヌーンKC

作:つるまいかだ
出版社:講談社

いのりが目標としている狼嵜光(かみさき ひかる)。
そのコーチである夜鷹純(よだか じゅん)と偶然出会ったいのりとコーチの司(つかさ)。
光を目標とし、彼女に勝つ事を口にしたいのりに夜鷹は一生かけようが、君が光に勝てる事は無いと断言します。

絶句するいのりでしたが、司は夜鷹に言葉の撤回を求め、そして自分の一生を使っていのりを勝利まで連れて行く事を宣言するのでした。

そんないのりと司は、当面の目標として京都で開かれる西日本小中学生大会での優勝を目指し特訓を続けます。

そして大会当日、いのりはスケート靴を電車内に置き忘れた事に気付き……。

広告

登場人物

獅子堂星羅(ししどう せいら)
スター広島FSC所属の小学五年生
自信家で元気一杯な少女。

小熊梨月(こぐま りつき)
岡山ティナFSC所属の小学四年生
毒舌オカッパ少女。

黒澤美豹(くろさわ みいひ)
スター広島FSC所属の小学五年生
人見知りで恥ずかしがり屋な少女。
星羅にライバル心を燃やす。

鬼虎カンナ(きとら かんな)
福岡パークFSC所属の小学二年生
ジト目お下げな少女。
怪力。

あらすじ

スケート靴は幸い十駅先で預かって貰っている事が分かった。
しかし問題は時間だ。司は絶対に間に合わせるといのりにウォーミングアップを指示し、駅に向かって走り出す。

一方のいのりは指示されたウォーミングアップをするも、やはり落ち着かない。
更に一番手の星羅が二回転サルコウを決め23.37という高得点を出した事で更に焦りを感じ再度、ウォーミングアップに向かった。

いのりは司に言われていた事を思い出し陸で一曲通してのプログラムの復習を始める。
踊りながら彼女の脳裏に夜鷹の言葉、そして勝つと言ってくれた司の姿が蘇る。

勝ちたい……勝ちたい 勝ちたい!

自分はスピードの事を褒められていたが、先ほど見た星羅の方がずっと早かった。
元気一杯じゃないと星羅には勝てない。
司が帰ってきて励ましてくれるのを待っているだけじゃ駄目だ。

司は夜鷹の言葉を否定し、自分の事を信じてくれた。
私も私ができると強く信じたい。

いのりは司が信じてくれた自分でいたいと、信じられる私でいたいと強く思った。

広告

感想

今回は京都大会の様子の他、夜鷹とぶつかり居心地が悪くなった理凰(りおう)がルクス東山へやってくるお話の始まりまでが収録されました。

今回、印象に残ったのはいのりと同じく一級の絵馬についてでした。
彼女は十歳ながらも身長が高く、成長痛と過度な練習による痛みでこれまで結果を出す事が出来ていませんでした。

ですが、そんな状況でもスケートを嫌いなる事は出来ず、コツコツとコーチの蛇崩(じゃくずれ)とトレーニングを続けてきました。
一つ一つ積み重ねる様にして得た彼女のスケートはとても優雅で美しく感じました。

まとめ

皮肉屋で毒舌で褒められる事に慣れていない理凰。
コーチの司の事でぶつかったその理凰といのり。
次巻、二人がどんな事になるのか、読むのが楽しみです。

この作品はコミックDAYSにて第一話が無料でお読み頂けます。
作者のつるまいかださんのTwitterはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのManfred Richterによる画像です。
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

プリン

スキップとローファー 第七巻 登場人物・あらすじ・感想

スキップとローファー 7 アフタヌーンKC 著:高松美咲 出版社:講談社 春休みが終わり美津未(みつみ)達は二年生になった。 クラス割りや新入生等、新たな出会いに心躍らせる美津未だったが、志摩(しま) …

チュロス

スキップとローファー 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

スキップとローファー 4 アフタヌーンKC 著:高松美咲 出版社:講談社 文化祭が近づき美津未(みつみ)は生徒会の役員として忙しい日々を送っていました。 一方、志摩(しま)もクラスでやる事になった演劇 …

ジープ

極東事変 第一巻 あらすじ・感想

極東事変 1 ハルタコミックス 作:大上明久利 出版社:KADOKAWA/エンターブレイン 終戦直後の日本、戦地から帰還した近衛勘九郎(このえ かんくろう)は砕花(さいか)と名乗る少女と出会う。 砕花 …

馬と草原

ゴブリンスレイヤー 第十五巻 あらすじ・感想

ゴブリンスレイヤー 15 著:蝸牛くも 画:神無月登 出版社: SBクリエイティブ GA文庫 ゴブリン退治しかしない変わった冒険者、ゴブリンスレイヤーの物語、第十五弾。 今回は姫を探しに来たという馬人 …

リンゴ

ヴィンランド・サガ 第六巻 あらすじ・感想

ヴィンランド・サガ6 アフタヌーンKC 作:幸村誠 出版社:講談社 11世紀のヴァイキングをモチーフに描かれる物語。 今回はアシェラッドを賭けた、トルケルとトルフィンの戦いから今回は始まります。 あら …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。