漫画完結作品

ロスト・ラッド・ロンドン 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:2021年6月15日 更新日:

鉢植え
ロスト・ラッド・ロンドン 3
 ビームコミックス
著:シマ・シンヤ
出版社:KADOKAWA

市長殺人事件の捜査を主導しているグラントの方針から、警察の家宅捜索を受けたアル。
刑事のエリスからそのままにしておけと言われたナイフの件で、気が気では無いアルだったが、捜索の結果、彼の家からは何も出なかった。

真犯人が家に入り込みナイフを持ち去ったのでは?
家宅捜索で神経をすり減らしたアルは別の事で気を揉む事になる。
その後、アルのアパートに来たエリスにナイフの件を告げたが、エリスは問題無いと笑う。

ジャケットのポケットに入れたままにしておいたナイフ、それは既にエリスが証拠として回収していたのだった。

広告

登場人物

サファ
警察官
ムスリムの女性警官。
所内で情報の整理等を担当している。
性別や人種で出世が望めない事から別の道を考えている。

チャウ
アルがバイトしている店の店長
中華系の中年男性。
以前、アジア人という事で容疑者として疑われた過去を持つ。
その経験から警察に呼び出されたアルを気遣う。

あらすじ

グラント主導の家宅捜索が空振りに終わり、ひとまずアルが犯人として追及される事は回避できた。
エリスは未だに標的をアルに決めているグラントに逆らい、捜査線上に浮上した市長の息子、ロイスに当たりを付ける。

少しずつ事件が進展を見せるなか、アルの下に知らない番号から電話が掛かって来て……。

広告

感想

地下鉄に乗っていた現役市長が刺殺される。
そんなショッキングな場面から始まったこの物語も、この巻で完結。

物語は淡々と進み、今回は真犯人の動機等も描かれました。
作品を通して印象に残ったのは、有色人種に対する差別や性別による扱いの違いでした。

それはあからさまな物ではありませんでしたが、確かな壁として存在していると読んでいて感じました。
本人は意識していなくても、深層心理に刷り込まれた差別意識、それは差別という感覚では無く、常識として社会に根付いているようにこの作品を通して思いました。

執拗にアルを犯人と決めつけるグラント。
アルの存在を認められず、彼の死を望んだ真犯人。

二人にはなんというか、揺らぎや余裕を感じられず、こうであるべきだという様な頑なな物を感じました。

逆にエリスは自由で柔軟で、彼の考え方はとても心地良かったです。

まとめ

とても静かでハリウッド映画的な派手な物は無いですが、アルとエリスの関係性がとても気持ちいい作品でした。
作者のシマさんは新連載も決まっているようですので、そちらも楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この作品はComicWalkerにて、一部無料で閲覧可能です。

※イメージはpixabayのboknam2による画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , ,

関連記事

おはぎ

白蛇様の花嫁 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

白蛇様の花嫁 3 ガンガンコミックスONLINE 著:佐保里 出版社:スクエアエニックス あの世とこの世の境にある島。 そこであの世へ渡る渡し舟の事務所兼めしやで働く、女将の依子(よりこ)とその料理指 …

指輪

妻、小学生になる。 第十三巻 あらすじ・感想

妻、小学生になる。 13 芳文社コミックス 作:村田椰融 出版社:芳文社 妻、貴恵(たかえ)が生まれ変わりではなく、小学生、万理華(まりか)の体に憑依しこの世に存在していると気づいた圭介(けいすけ)。 …

睡蓮

相続探偵 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

相続探偵 3 イブニングKC 原作:西萩弓枝 漫画:幾田羊 出版社:講談社 保険金目的の殺人の疑いが濃厚な女、島村紗流(しまむら さりゅう)。 その夫であった実業家の島村武三の娘、恵蒜真琴(えびる ま …

針葉樹林

虚妄の女王 ~辺境警備外伝~ 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

虚妄の女王 ~辺境警備外伝~ 2 ボニータ・コミックス 著:紫堂恭子 出版社:秋田書店 ルウム復活暦1005年、北方辺境国のエアドロム王国。 その王国で代々王族の護衛を務めて来たバンブラス一族の少女フ …

狐

978-4 キューナナハチヨン 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

978-4 キューナナハチヨン 4 ヤングキングコミックス 著:ヤマモトマナブ 出版社:少年画報社 北海道のとある神社の敷地内にある書店。 朝日河神社書店。その本屋では神様の導きで必要な本と巡り合う奇 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。