漫画

ダンジョン飯5

投稿日:2019年1月23日 更新日:

ポタージュダンジョン飯5 ハルタコミックス
作:久井諒子
出版社:KADOKAWA/エンターブレイン

レッドドラゴンを倒し、マルシルの魔術によりファリンを蘇生させたライオスたち、ファリンの生還を喜びレッドドラゴンの肉で祝杯を上げる一行。

しかし狂乱の魔術師の襲来により、ファリンと引き離されてしまう。
迷宮に飲み込まれ、壁に潰されるまいと逃げ込んだ穴の先は、城下町の一室だった。
その部屋でゴーストに囲まれた彼らの命運は…。

広告

第30話 良薬

あらすじ
ゴーストに囲まれた一行だったが、彼らは何かを呟くと消えてしまった。
周辺を調査しようとドアをあけたチルチャックは、オーク達と鉢合わせしてしまう。
取り押さえられた一行だったが、センシの説明により事無きを得た。

ドラゴンの件について、オークと協力関係と分かった、隊を率いていたゾン族長の妹は、ライオスたちのために調合薬を用意する。
彼女は出来上がった調合薬を、気を失っていたライオスに口移しで飲ませた。
激しく痙攣するライオス、そのさまを見てマルシルは拒絶するが、隊長は有無を言わせず、薬を流し込んだ。

その後隊長との会話で、襲ってきたエルフの魔術師が迷宮の支配者、狂乱の魔術師だとチルチャックは知る。
魔術師は使役している魔物を殺した者を許さないようだ。
ライオスとマルシルが目を覚ませば、ファリンを探そうとするだろう。

これ以上進めば、確実に殺される。
チルチャックは、巻き添えになって死ぬのはごめんだと二人を欺いてでも地上に帰るべきだと主張する。
チルチャックは隊長に荷物の回収のため、案内を頼むが腐った根性の匂いがうつりそうという理由で拒絶されてしまう。

センシの執り成しで、なんとか案内を了承してもらい、彼女の案内で回収に向かった。
道中、チルチャックは隊長とこれまでの事を話す。

竜の燃料袋に引火した時、咄嗟にファリンが防御魔法で守ってくれたこと。
レッドドラゴンをチルチャックとセンシで引きつけ、ライオスが懐に飛び込み急所を突いたこと。
ファリンもライオスも一歩間違えば死んでいた。
こんな判断をする奴がこの先どうなるのか。

チルチャックは意地を張らず、ナマリ達がパーティを抜けた時に一緒に抜ければ良かったと隊長に言った。
彼女はそれで仲間を失っても良かったのかと怒りを見せた。
それに対してチルチャックは、自分がついていくと言った所為でライオスも後に引けなくなったのではと語った。

その後、治療を行い部屋で竜の肉を食べたことを隊長に話した。
魔術師に襲われた時はマルシルが攻撃を凌いでくれた。
そのことを聞いた隊長は、あんな間抜けそうな顔をしていたのにと驚いた様子だった。

チルチャックは、実際間抜けだと続ける。
禁忌とされている魔術まで使って、迷宮から出てもまともな人生が送れるとは思えないと話した。
どいつもこいつもアホでバカで大間抜けだ。
無理をすれば報われると思い込んでいる。

そんな奴らまとも説得できないというチルチャックに、だから騙すのか、もっといいやり方があると隊長は言う。
それにチルチャックは、嘘を吐くぐらいで帰れるなら上等だ。
俺は自分の命が一番大事だと声を荒げた。

隊長はそうではないと言葉を続けた。
「素直に死なせたくないと言えばいいのに。」
一瞬、虚をつかれた気がしたチルチャックだった。

荷物を回収し部屋に戻ると、ライオスが意識を取り戻していた。
すぐさまファリン救出に向かおうとするライオスを押しとどめ、チルチャックは話を切り出す。
彼は探索はこれ以上無理だと切り出し、建前を取り払い本音を語った。
仲間を失いたくない事を熱く語り、ライオスを説得した。

センシは食材を補充しファリンに美味いものを食わせたいと話し、隊長も準備をして戻ってくればオークも協力すると約束してくれた。
三人の言葉をうけて、ライオスは帰還することを了承した。

感想

帰還を決めたライオスたちでしたが、迷宮はなかなかそれを許してはくれないようです。
カブルーやシュロー達のパーティも登場し、賑やかになってきました。
ライオスが治癒魔法を学ぶという事は、彼はウィザードリィにおけるロードの様な形になるのでしょうか。
ケン助の存在感があり過ぎるので、難しいでしょうがカシナートの剣の様な強力な武器等も登場して欲しいです。

今回の見どころはやはり、
「学校はじまって以来の才女、マルシル!!」(ナパーム爆破)
が良かったです。
その後彼女は、野菜を貼られたり、漬物石にされたりと散々でしたが…。

広告

-漫画
-, , , ,

関連記事

冬の森

ヴィンランド・サガ17

ヴィンランド・サガ17 アフタヌーンKC 作:幸村誠 出版社:講談社 トルフィン達はグズリーズ、諍いにより家族を無くしたカルリ、彼と母親を守っていた犬を旅の仲間に加え、グズリーズを取り戻そうと追跡をつ …

投石器

ヴィンランド・サガ20

ヴィンランド・サガ20 アフタヌーンKC 作:幸村誠 出版社:講談社 団長の座をめぐって分裂した、ヨーム戦士団の諍いに巻き込まれたトルフィン。 仲間が危険にさらされるのを避けるため、彼らと別れヒルドと …

夕陽

バカレイドッグス 3

バカレイドッグス 3 ヤンマガKC 原作:矢樹純 漫画:青木優 構成:津覇圭一 医療監修:茨木保 出版社:講談社 世間では「ドクター」と呼ばれる連続殺人鬼が話題になっていた。 そんな時右腕を負傷した男 …

夜の街

よふかしのうた 2

よふかしのうた 2 少年サンデーコミックス 著:コトヤマ 出版社:小学館 吸血鬼になる事を目指す夜守コウは、吸血鬼の七草ナズナの事を好きになろうと努力しています。 好きという感情が分からない中二男子と …

フェザースティック

ふたりソロキャンプ 3

ふたりソロキャンプ 3 イブニングKC 著:出端祐大 出版社:講談社 ずっと一人でキャンプをしていた厳でしたが、亡き父の言葉が切っ掛けで雫とのふたりソロキャンプを受け入れました。 そんな感じで海沿いで …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。