漫画

ダンジョン飯4

投稿日:2019年1月22日 更新日:

ドラゴンダンジョン飯4 ハルタコミックス
作:久井諒子
出版社:KADOKAWA/エンターブレイン

ナマリ達に助けられ、苦戦を強いられたウンディーネもシチューにして腹に収めた一行。
カエルスーツにより、テンタクルスの繁茂する階段を抜け、ようやく地下五階、レッドドラゴンがいるとされる城下町エリアにたどり着いた。
あとはレッドドラゴンを倒し、ファリンを救い出すだけだ。

広告

第23話 炎竜1

あらすじ
城下町はそこかしこに賑やかだった頃の面影が感じられた。
オークの集落には、小麦粉や酒などが残されていた。
レッドドラゴンに襲われ、慌てて逃げ出したのだろう。

集落の外の通りには魔狼(ワーグ)の焼死体が転がっていた。
ドラゴンに焼き殺されたと思われる。
目的のドラゴンはこの辺りをうろついているようだ。

眠っているドラゴンなら今の面子でも対処できたが、起きて動き回っているのなら正攻法で勝つことは難しい。
ライオスたちは作戦を練ることにした。

ドラゴンの鱗には剣も魔法も効きにくい。
唯一致命傷を与えられるとすれば、首の下、逆鱗を狙うしかない。
ドラゴンの頭の高さは十メートルを超えるだろう。
直接逆鱗を狙う事は難しそうだ。

ライオスたちは、竜が頭をぶつけたであろう、渡り廊下を見てみた。
かなりの高さだ、ここから飛び移れば頭には届くだろうが、失敗すれば無傷ではいられまい。
それに火の息の対策も、ファリンがいない現状では困難だ。
ライオスやセンシの武器が、ドラゴンに通用するかという問題もある。

悩みながらライオスは、ドラゴンに崩された廊下に目をやる。
「竜を狙うのではなく、建物を爆破するのはどうだろう」
城下町には建物を繋ぐ渡り廊下が至る所にある。
竜が真下を通った時に、廊下を破壊すれば、瓦礫で動きを止められるかもしれない。

ライオスたちが囮になり逃げ回れば、竜を疲弊させながらおびき寄せる事も出来そうだ。
更にチルチャックがセンシの鍋が、特別性だとナマリが言っていたことを思い出す。
光が見えてきた一行は、竜から逃げるルートを確認するため、城下町のマッピングを始めた。

拠点に戻るとマッピング中にいなくなったセンシが、パンを焼いていた。
大仕事の前には腹ごしらえが必要と、センシは調理を始めた。
以前は空腹でレッドドラゴンに敗北した。
同じ轍は踏まない。

パンをおろし金で細かくし、大蛙の肉にまぶし、油で揚げる。
メニューは縁起を担いで、カツレツだった。

食事の途中、ライオスが三人に感謝の言葉をかける。
仲間の結束が固まる、良い場面だろうが、全員カツレツを頬張っていたので、しまりが悪い。

その時、床に置いていた皿が小刻みにゆれたかと思うと、振動が四人を襲った。
竜が戻って来たようだ。まだこちらに気付いた様子はない。
勝てるのか不安を口にするマルシルの肩に、ライオスは手を置いて言う。
「大丈夫、この四人でここまで来たんだ。」

準備は整っている。体調も万全だ。
いよいよレッドドラゴンとの戦いが始まった。

感想

今回はほぼ全編、ドラゴン編です。
旅の目的だったドラゴンとの戦いは、熾烈を極めます。

逃げ回りながら戦い、臨機応変に対応する彼らの戦法はPCゲームというより、テーブルトークRPGを感じさせます。
D&Dやソードワールドでは、低レベルでドラゴンに遭遇し、戦闘になれば待っているのは死だけでしょう。
やはりファンタジーにおいて、ドラゴンは最強であって欲しいと感じます。

広告

-漫画
-, , , ,

関連記事

蛙

腸よ鼻よ 2

腸よ鼻よ 2著:島袋全優出版社:KADOKAWA 美少女漫画家、島袋全優さんの闘病と漫画家デビューの日々を綴ったギャグエッセイ。 登場人物紹介あらすじ感想まとめ 登場人物紹介 編集者Mサバイブ編集部所 …

しめじ

シメジ シミュレーション 1

シメジ シミュレーション 1 MFCキューンシリーズ 著:つくみず 出版社:KADOKAWA 少しヘンテコな世界での頭にしめじの生えた少女「しじま」と、頭に目玉焼きを乗せた少女「まじめ」の高校生活を描 …

流れ星

KILLING ME KILLING YOU 1

KILLNG ME KILLING YOU 1 ドラゴンコミックスエイジ 作:成田芋虫 出版社:KADOKAWA/富士見書房 成田さんの作品「IT’S MY LIFE」にもチラッと登場した …

あんパン

東京黄昏買い食い部 1

東京黄昏買い食い部 1 角川コミック・エース著:鈴木小波出版社:KADOKAWA 二葉葵(ふたば あおい)と有馬巴(ありま ともえ)。小柄で大食漢な葵と長身だが胃袋は普通の巴が、ワンコインで東京の食を …

空

空挺ドラゴンズ 3

空挺ドラゴンズ 3 アフタヌーンKC 著:桑原太矩 出版社:講談社 空を泳ぐ龍を求め、旅をしながら龍を狩る「龍(おろち)捕り」たちのお話です。 クオン市での巨大龍騒動を解決し、船の修理をおえたクイン・ …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。