漫画

スーパーベイビー 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:2021年6月7日 更新日:

タブレットとスマホ、パソコン
スーパーベイビー 3
 芳文社コミックス
作:丸顔めめ
出版社:芳文社

玉緒の元カレ、央太の件で楽丸は玉緒に同棲を切り出しました。
そんな訳で早速物件探しを二人は始めたのですが……。

広告

登場人物

智充(ともみつ)父
楽丸のバイトの後輩、智充の父
白髪眼鏡で髯のおじさん。
文芸誌「文藝人間」の編集長。
スマートウォッチやタブレットをギャンギャンに使いこなす。
アナログな楽丸にアドバイスを送る。

鳩山(はとやま)
楽丸のバイト先の同期
短髪糸目の大柄な青年。
元引越し屋のバイト。
ゲーム好き。

あらすじ

玉緒との同棲を改めて正式に申し込んだ楽丸。
玉緒の返事は勿論オーケー。

そんな訳で不動産屋に希望を伝えた二人だったが、片や医者の息子で裕福な暮らしを送っていた楽丸、片や熊本の一戸建てに住んでいた玉緒。
二人はどちらもワンルームで二人で住むという事を想像出来ていなかった。

更に予算的にも二人が希望する条件、2DK以上、二口コンロ、二階、セキュリティ付き、風呂トイレ別というのは町田であっても厳しかった。

しかし不動産屋の男性は、それでも何とか二人の希望にそう物件を提示する。
内見に向かったそこは2LDKで四階オートロック、コンビニも隣で角部屋、駅も徒歩十分だが道は平坦、更には家賃も共益費込みで四万という破格の物件だった。

だが、一緒に内見していた楽丸は真っ青な顔をしていた。
二人が内見した物件、それはいわゆる事故物件だった。

広告

感想

今回は同棲の為の物件探しから始まり、智充父のアドバイス、スマホ選び、新居の契約と引っ越しの様子が描かれました。

作中、玉緒の友人佐和が感じた様に、仲睦まじく楽しそうな二人を見ていると読んでいる自分まで笑顔になります。

また、智充父のアドバイスについてはなるほどと頷けるものでした。
作中、楽丸は原稿を手書きで書いていました。
手書き原稿というと偉大な文豪を思い出し、ロマンを感じますが、編集者からすれば手間が増えるだけでしょう。

作中描かれている様に、編集部内部で読み回すにしても大変だし、採用されたとしてもデータ化しなければなりません。
その手間を考えれば同じレベルの作品であれば、データ入稿を採用するのは分かる気がします。

今回、楽丸は智充父のアドバイスのアドバイスを受け入れ、アナログからデジタルに変更しました。
キーボードで生み出された彼の小説がどうなるのか、そちらも楽しみです。

まとめ

引っ越しも何とか完了し、次巻からは二人の同棲生活が描かれる様です。
一緒に暮らして初めて分かる色々、彼らの生活がどうなるのか今から楽しみです。

こちらの作品はコミックトレイルにて一部無料で閲覧頂けます。
作者の丸顔めめさんのTwitterはこちら

お読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのFree Photosによる画像です。
広告

-漫画
-, , , ,

関連記事

煙草とコーヒー

BADON バードン 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

BADON バードン 3 ビッグガンガンコミックス 著:オノ・ナツメ 出版社:スクエアエニックス 元犯罪者、ハート、リコ、エルモ、ラズ。 四人が首都バードンで再起をかけ開いた煙草店「プリミエラ」の物語 …

コピ・ルアク

相続探偵 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

相続探偵 2 イブニングKC 原作:西萩弓枝 漫画:幾田羊 出版社:講談社 シングルマザー城丸葉月(じょうまる はづき)。 勤めていたラーメン屋がつぶれ、店の寮からも追い出された彼女は、灰江(はいえ) …

M16

白山と三田さん 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

白山と三田さん 1 少年サンデーコミックス 著:くさかべゆうへい 出版社:小学館 とある田舎にすむ男子高校生、白山辰彦(しろやま たつひこ)は東京に憧れ、その資金を稼ぐためコンビニでバイトの日々を送っ …

花火

人類を滅亡させてはいけません 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

人類を滅亡させてはいけません 2 ヤングアニマルコミックス 原作:高畑弓 作画:蒲夕二 出版社:白泉社 昼間、仕事で理(おさむ)が家を空ける為、幼稚園に通っているリリン。 その幼稚園でリリンに対し一人 …

ベルゲン

ヴィンランド・サガ 第十八巻 第百二十三話 あらすじ・感想

ヴィンランド・サガ18 アフタヌーンKC 作:幸村誠 出版社:講談社 かつてトルフィンが殺した男の娘、ヒルド。 復讐に燃える彼女は、食事に毒を入れたとトルフィン達に告げ、トルフィンとの一対一の対決を望 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。