漫画完結作品

ナナシ ~ナくしたナにかのさがシかた~ 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:2021年6月4日 更新日:

勿忘草
ナナシ ~ナくしたナにかのさがシかた~ 4 ヤングキングコミックス

漫画:片山愁
原作:藤野晴海
出版社:少年画報社

怪異を見る事ができる少年ナナシと、彼と出会った事で見える様になったハルのもう戻れない日々を綴ったお話です。

母親を恐れつつも求めるナナシ、そんな彼とハルの距離はどうしようもなく離れていき……。

広告

登場人物

サクライレイジ
ナナシの叔父
ナナシによく似た青年。
家が燃え行き場を無くしたナナシを引き取り、一緒に暮らしていた。

あらすじ

ハルがいくら寄り添ってもナナシは母親の呪縛から逃れられず、彼はハルの記憶に残る為、ハルの腕を折る等、危険な物にエスカレートしていった。

その折れた腕に手をやりゴメンと言いながら泣くナナシを、ハルは責める事無く受け入れていた。

彼を守るにはどうすればいいだろう。
答えの出ないまま時は過ぎ、ナナシも学校を休みがちになった。

そんなある日、ハルは担任からナナシに渡して欲しいと進路希望調査票を受け取る。
調査票を受け取りナナシの家へ向かう途中、ハルは公園にいたナナシと偶然出会う。
声を掛け調査票を渡したナナシは目に見えてやつれ憔悴していた。

目の下のクマを指摘したハルに、以前と同じようにナナシは笑ってごまかす。
そんなナナシの襟首を締め上げ、ハルは笑ってごまかすな、ちゃんと答えろと激高した。

お前一体なにやってんの!?

そう問い詰めたハルにナナシは暗い目で

……成功したと思ったんだ。
うまくいったって――
でも……だけどだめなんだ。
戻ってくる――

何が?

問い掛けたハルに「大丈夫、今夜、全部終わらせるから――」と告げ、ナナシはハルを置いて公園から立ち去った。

広告

感想

今回はナナシが行っていた何かと、それの終わり、ハルとナナシの別れ等が描かれました。

人は大切なモノを無くした時、あの時こうしていれば、違う道を選べたのではないかと誰しも考えるのではないでしょうか。
この巻ではそんなハルの想いが強く出ていた様に読んでいて感じました。

ただ、ハルはずっとナナシに寄り添い続けていて、そんなハルの気持ちに応えなかったのはナナシである様にも感じました。

人の心はその人の物で、他者がどうにかしようとしても簡単に変わるものではない。
それでもハルはナナシに生きていて欲しかったし、だからこそ、その気持ちを裏切ったナナシに激怒したのだと、今回のエピソードを読んでいて思いました。

まとめ

この作品は次巻で完結です。
ナナシが残した日記に何が書かれているのか、それを読んだハルはどう思うのか。
ラストまで見届けたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

漫画を描かれた片山さんのTwitterはこちら
原作者の藤野さんのTwitterはこちら

※イメージはpixabayのftanukiによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , ,

関連記事

サボテン

PSYCHO+ サイコプラス DRIVE A あらすじ・感想

PSYCHO+ サイコプラス DRIVE A ジャンプコミックス 著:藤崎竜 出版社:集英社 藤崎竜さんの初の連載作品。 超能力を扱えるゲーム「PSYCHO+」それを手に入れた緑の髪と瞳を持つミュータ …

卓球 ラケット

りこさんブッチギリです! 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

りこさんブッチギリです! 1 ヤンマガKC 著:大田均 出版社:講談社 超進学校である山口県の私立白鳥高校。 通称“スワコー” スワコーはスポーツにも力を入れており、卓球部は全国大会でも常連となってい …

クッキー

台所のドラゴン 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

台所のドラゴン 2 MFCジーンピクシブシリーズ 漫画:みよしふるまち 原作:縞田理理 出版社:KADOKAWA ののとドラゴンの生活は概ね問題なく穏やかに進んでいました。 そんなある日、ののは突然腹 …

プール

子供はわかってあげない 上 登場人物・あらすじ・感想

子供はわかってあげない 上 モーニングKC 作:田島列島 出版社:講談社 高校二年生の朔田美波は水泳部の練習中、屋上に人影を見つけます。 気になった朔田は練習後、屋上に向かいました。 其処では男子生徒 …

貨物船

キャンディ&シガレッツ 第七巻 あらすじ・感想

キャンディ&シガレッツ 7 ヤンマガKC 著:井上智徳 出版社:講談社 COPPELIONの作者の描く、元SPの老人と暗殺者の少女の物語。 あらすじ感想まとめ あらすじ 新世界秩序(ニューワールドオー …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。