漫画完結作品

ぽんこつポン子 第十巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:2021年6月2日 更新日:

葉と花びら
ぽんこつポン子 10 ビッグコミックス

作:矢島圭太
出版社:小学館

娘のさちよと一緒に暮らし始めたゲンジ。
喧嘩しながらも仲の良さそうな二人の姿に、ポン子は自分の役目は終わったと家を出て姉と一緒にクレープのフードトラックで北海道まで旅をしました。

そして大晦日、戻ってきたポン子を迎え入れたゲンジでしたが、彼女が持ち帰った北海道土産(ジャンクパーツ)の中に爆発物が混じっていて……。

広告

登場人物

伽羅と愛染(きゃらとあいぜん)
ゲンジの孫
短髪とマッシュヘアーの兄弟。
弟の愛染は生魚が苦手。

あらすじ

ポン子が持ち帰った大量のジャンク品。
丁度、不要な物をさちよと処分していたゲンジは、そのジャンクも一緒に処分するようポン子に言いつける。

安く手に入ったのにと残念がりながら、ポン子は以前、不用品を処分した時と同様、イオン砲を使いジャンクも含め不用品を焼いた。
しかし、ジャンクの中に混じった爆発物が炎にあぶられ爆発。

幸いゲンジとさちよ、ポン子は無事だったものの家は跡形も無く吹き飛んでしまった。
彼の家は大工だったゲンジが中心となり、嫁のちあき、そしてやがて生まれる家族の為に自ら腕を振るい建てた物だった。

そんな思い出が一瞬で吹き飛び、ゲンジは見る影もない程、一気に老け込んでしまうのだった。

広告

感想

ぽんこつな家政婦ロボットポン子と口が悪く頑固な老人ゲンジ。
賑やかで穏やかな二人の生活を描いた作品、その最終巻。

今回は爆発により失われた事でポン子が作った家から始まり、家にまつわるゲンジの思い出、ゲンジによる家の再建、ゲンジの息子一郎の気持ち、ロボットリサイクル、春とポン子のやりたい事ノート、ちあきの三回忌等が描かれました。

少しズレていておっちょこちょいなポン子と、彼女に叱るという形で突っ込むゲンジ、二人のやり取りはいつも笑いと暖かさに溢れていて……そんな彼らの生活を覗き見るのはとても楽しかったです。

まとめ

出来るならもう少し読んでいたかったですが、とてもいいエンディングでした。
作者の矢寺さんの次回作もとても楽しみです。

こちらの作品はビッグコミックBROS.NETにて第1話~3話までが無料で閲覧いただけます。
作者の矢寺圭太さんのTwitterはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのA_Different_Perspectiveによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , , ,

関連記事

ハイタカ

イーハトーヴのふたりの先生 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

イーハトーヴのふたりの先生 2 BRIDGE COMICS作:山口八三出版社:KADOKAWA 幼い頃から周囲の生物と痛みを共有する体質だった星野賢仁(ほしの けんじ)が獣医として働く動物園、南部イー …

ドールハウス

果ての星通信(しょうつうしん) 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

果ての星通信(しょうつうしん) 2 PASH!COMICS 作:メノタ 出版社:主婦と生活社 マルコの自分が作った星を利用した脱走計画は失敗。 モスリに戻された彼は宙を泳ぐ奇妙な大魚に胸を通り抜けられ …

猪

ソウナンですか? 第四巻 あらすじ・感想等

ソウナンですか? 4 ヤンマガKC 原作:岡本健太郎 漫画:さがら梨々 出版社:講談社 山賊ダイアリーの岡本健太郎さん原作のサバイバル漫画。 猪を罠で捕らえる事に成功した一行でしたが、ほまれが二日酔い …

羽根

トライガン・マキシマム 第五巻 あらすじ・感想

トライガン・マキシマム 5 YKコミックス 作:内藤泰弘 出版社:少年画報社 血界戦線の内藤泰弘さんの描く、SFガンアクションです。 今回は前巻に続き、ガントレットたちとの戦いから描かれます。 #3  …

ライブ

トクサツガガガ 第十五巻 第百四十二話 あらすじ・感想

トクサツガガガ15 作:丹波庭 出版社:小学館/ビッグコミック 中村叶、27歳、OL、特撮オタク。 母に怒りに任せ絶縁状を叩きつけてしまった叶。 以前の様な関係に戻りたい訳ではないが、このままというの …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。