漫画

青野くんに触りたいから死にたい 第八巻 あらすじ・感想

投稿日:2021年5月29日 更新日:

映画館
青野くんに触りたいから死にたい 8
 アフタヌーンKC
著:椎名うみ
出版社:講談社

四つ首様、小学生達が行ったおまじないから始まった一連の出来事は、優里(ゆうり)達と当事者である小学生達の決断によって事無きを得ました。

この巻ではそんな怪異に満ちた夏休みも終わり、二学期が始まります。

広告

あらすじ

四つ首様の一件も終わり、夏休みも終わりに近づいた頃、優里たちは藤本(ふじもと)と結菜(ゆいな)の合同誕生日会の為、美桜(みお)の家へと集まっていた。

その会で美桜は今回の一件及び幽霊という状態について、自分の考えをみんなに語っていた。

四つ首様については、昔行われていた雨乞いの再現というのが美桜の説だった。
滝つぼに生贄の首を投げ入れ、命を捧げる事で幽霊が現れる。
幽霊(龍神)は生贄の血の穢れを清めようと雨を降らせる。

一連の流れを語る美桜に藤本は幽霊について、彼女が気付いた事を尋ねる。

あの時は自身の閃きでテンションが上がっていたからと赤面しつつも、美桜は幽霊についての自身の考察を語った。

彼女の閃きでは人はそれぞれ個別の世界を持っていて、生きている間はその個別の世界が透明な下敷きの様に重なっている。
しかし死んで幽霊になるとその重なりから切り離され、一人の世界になるという物だった。

優里は美桜の説を聞いて、青野に以前死んだら彼に会えるのか聞いた事を思い出す。
青野の答えは「二度と会えない」という物だった。
美桜の説が正しいとすれば、優里が死ねば、すでに幽霊となり優里を介して生きている世界に関わっている青野とは完全に切り離され、優里だけの世界に行ってしまう。
そう考えれば青野の言葉ともつじつまがあう。

そんな話をしていると結菜が「意味分かんなーい」と声を上げた。
小学生の結菜には優里たちの話は難しかったようだ。
その後、結菜に促され彼らは誕生日の近い藤本と結菜の誕生会を始めるのだった。

感想

今回は誕生日会での四つ首様、幽霊についての美桜の総括から始まり、二学期の始まり、藤本の恋心、新たな霊等が描かれました。

今回はその中でも優里への想いに気付いた藤本が印象に残りました。
彼は優里の気持ちが幽霊の青野にしか向いていない事を知っている為、自分の想いを悪い物として伏せておくつもりの様です。

しかしそういった気持ちは簡単にコントロール出来る物でもなく、また青野も藤本の気持ちに気付き、友人である彼の事を考えつつも優里を独占したい想いもあり……。

そんな中、新たに青野の母親だろう幽霊(見た目は女子高生)が現れた他、青野に恨みを持つ内田もなんか画策してるし、もう、次から次に問題が起きて、読者としては面白いのですが少し不安になります。

広告

まとめ

物語の着地点がどうなるのか、青野、優里、藤本の未来は。
三人とも問題はあってもいい子なので、なんとか幸せになって欲しいです。(青野はもう死んでるけど……)

この作品はpixivコミックにて一部無料で読む事が可能です。
作者の椎名うみさんのアカウントはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのDeedee86による画像です。
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

猫肉球

野良猫と便利屋 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

野良猫と便利屋 1 ブリッジコミックス 著:乙津きみ子 出版社:KADOKAWA 自殺しようとビルの手すりにぶら下がっていた柴は、突然現れた青年に命を救われます。 助かった事に感謝した柴に青年は三千円 …

ウサギ

ゴリせん ~パニックもので真っ先に死ぬタイプの体育教師~ 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

ゴリせん ~パニックもので真っ先に死ぬタイプの体育教師~ 3 ヤンマガKC 著:酒井大輔 出版社:講談社 タイトルが示す通り、フラグを立てまくりで死を予感させつつも、絶対に死なない無敵の教師の姿を描い …

パンナコッタ

空挺ドラゴンズ 第四巻 あらすじ・感想等

空挺ドラゴンズ 4 アフタヌーンKC 著:桑原太矩 出版社:講談社 空を泳ぐ龍を求め、旅をしながら龍を狩る「龍(おろち)捕り」たちのお話です。 船から落ちたタキタを回収し、数年に一度みられるかという龍 …

あさり

放課後ていぼう日誌 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

放課後ていぼう日誌 2 ヤングチャンピオン・コミックス 著:小坂泰之 出版社:秋田書店 ていぼう部に入部した陽渚(ひな)は釣り上げた魚や餌は苦手なものの、料理された魚の美味しさに感動し、この巻では自ら …

マイク

波よ聞いてくれ 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

波よ聞いてくれ 1 アフタヌーンKC 作:沙村広明 出版社:講談社 札幌市のカレーショップに勤める鼓田ミナレ(こだ みなれ)が、持ち前の活舌の良さ、ボキャブラリーの多さ、ほら話の多様性で深夜ラジオのパ …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。