漫画

ヴィンランド・サガ5

投稿日:2019年1月30日 更新日:

スープヴィンランド・サガ5 アフタヌーンKC
作:幸村誠
出版社:講談社

11世紀のヴァイキングをモチーフに描かれる物語。

スヴェン王の支配するダーツを目指すアシェラッドたちは、冬を越すためマーシア伯領の農村を襲撃、村人を殺害し村人になりすまし村にこもります。

しかし襲撃を逃れた村の娘、アンによりアシェラッドたちの存在が敵側に漏れてしまいます。

王子を手に入れようと、トルケルも動き出しました。

広告

あらすじ

村に隠れている事が、気付かれたと察知したアシェラッドは村を捨てて行軍する事を選択。
その過程で、戦闘に見せかけラグナルを暗殺した。

アシェラッドは、ラグナルの庇護をクヌートから取り除き、彼を為政者として成長させようと考えていた。

死の間際、ラグナルからクヌートが、スヴェン王から切り捨てられたことを聞いたアシェラッドは、王子が成長する事を期待して計画を続行した。

アシェラッドは、ついてこれない者は去らせ、残ったものを引き連れ村を後にした。

行軍中、部下の反乱を感じたアシェラッドは、ビョルンとトルフィンに王子の護衛を指示し、先行させた。

アシェラッドは、反乱した部下に独り立ち向かう。

感想

今巻ではクヌートとの近習として仕えていた、ラグナルが命を落とします。
アシェラッドは、クヌートをラグナルから切り離すことで、彼を成長させようと目論んだのでした。

ラグナルとクヌートの関係は、家臣と主というよりは、父と子に近く、ラグナルという笠の下では、クヌートは何時まで経っても一人で立つことのできない、子供のままだったでしょう。

平時なら王族である彼は、それでも生きていけたでしょうが、戦乱の続く世界で、国を割るかもしれない彼の存在は、王にとって邪魔者でしかありません。

アシェラッドの行動は、自分の目的のためではありますが、クヌートが生き抜くためには、必要だったと感じます。

まとめ

漫画的表現とはいえ、トルケルは人間という枠を外れている気がします。
流石に馬を拳一撃で吹き飛ばすのは、やり過ぎだと感じました。
面白いけど。

お読みいただき、ありがとうございました。

ヴィンランドサガ・サガ(6)あらすじ・感想

広告

-漫画
-, ,

関連記事

隅田川

GIGANT ギガント 8

GIGANT ギガント 8 ビッグコミックススペシャル 著:奥浩哉 出版社:小学館 サタンの力で自ら死を選択しようとしている零。 彼を救う為、サタンを倒すべく、ちほは桃乃木少佐達の後を追い空を飛びまし …

インド

紛争でしたら八田まで 3

紛争でしたら八田まで 3 モーニングKC 著:田素弘 出版社:講談社 大学時代のルームメイト、オクサナの依頼でウクライナにやって来た八田。 民主組織内に生まれた過激派UEDトルィーズブに接触した八田の …

女性とテント

ふたりソロキャンプ 2

ふたりソロキャンプ 2 イブニングKC 著:出端祐大 出版社:講談社 厳がソロキャンプに拘る理由。 それは彼にキャンプの楽しさを教えた父親にありました。 厳の父は彼が独りで全て出来る様に、幼い厳に色々 …

たぬ、犬

雨と君と 1

雨と君と 1 KCデラックス 著:二階堂幸 出版社:講談社 ある雨の日、お姉さんはダンボールに入れ捨てられていた少し変わった犬と出会います。 その犬はフリップを捲り自己アピールした後、折り畳み傘をお姉 …

片喰と黄金 3

片喰と黄金 3 ヤングジャンプコミックス・ウルトラ 著:北野詠一 出版社:集英社 マイルス達の馬車に便乗しボルチモアに辿り着いたアメリアとコナー。 二人は移民船で出会ったダラ(偽物)からもらった手紙を …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。