漫画

愛しの国玉 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:2021年5月25日 更新日:

猫
愛しの国玉 3 シルフコミックス

著:アッチあい
出版社:KADOKAWA

元猫の国玉(くにたま:顔は人に近いがそれ以外はほぼ猫)との結婚生活を続ける大学生の日野真(ひの まこと)。
大晦日、お正月も実家には戻らず部屋で国玉と二人過ごすと決めた彼は実家に電話を掛けその事を母親に告げたのですが……。

広告

登場人物

石神幸子(いしがみ さちこ)
真のバイト先のレストランのオーナー
明るく良く喋る女性。
国玉の事でバイトを休んでいた真の事を心配していた。

石神瑠璃(いしがみ るり)
幸子の娘
黒髪ロングの女の子。
真とはバイト仲間として軽口を言い合う仲。
真の事が気になっているが、自分では相手にされないと想いは伏せている。

石神崇史(いしがみ たかし)
幸子の夫、レストランシェフ
黒髪短髪の男性。
娘が想いを寄せる真が、実は女性のタイプが変なのではと推察する。

あらすじ

連絡がギリギリになった事で、おせちを真の分も用意していた母は不満そうだった。
彼女はその後、帰れない理由を真に問い質す。

口ごもる真にもしかして彼女?と母は問い掛ける。
真がはっきりした事を口にしないにも関わらず、母親の中では彼女が出来た事は確定した様だった。
母は今度紹介しなさいよと捲し立て、紅白に贔屓の歌手が出た事を機に彼女によろしくと電話を切った。

彼女では無く結婚しちゃったんだよなぁ。
そんな事を思いつつ、真は着ていたパーカーの中で眠っている国玉にベッドで寝ようと声を掛けた。

眠そうな国玉と真が寝室へ向かうと、除夜の鐘が聞こえて来た。
その音に反応した国玉に真は除夜の鐘である事を説明し、参拝や振舞われるお汁粉の事も付け加える。

そのお汁粉に国玉が強い関心を持った事で、寝ようとしていた真は国玉と二人、寒空の下、参拝に出かける事になってしまった。

広告

感想

今回はお正月の初詣から始まり、おみくじ、国玉とお風呂、チョコと国玉、兄進(すすむ)と真、大学の友人と国玉、国玉とハンバーグ、真との思い出と今等が収録されました。

その中でも大学の友人安藤が今回も、いちゃつく真と国玉を目撃してしまったのが面白かったです。
安藤、国玉が猫な事も真の結婚相手が国玉な事も知っているのに、それを他の二人に言う事無く、脇の甘い国玉のフォローまでしていて、凄くいい奴だなぁと感じました。

安藤、いつも決定的な場面を見ちゃってムンクの絵みたくなってるけど、あれはどういう感情なんだろうか……。

まとめ

次回、国玉は誘拐されるみたいです。
犯人は誰なのか、そもそも何で誘拐されたのか、色々気になります。

この作品はComicWalkerにて一部無料でお読みいただけます。
作者のアッチあいさんのTwitterはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのJackieLou DLによる画像です。
広告

-漫画
-, , , , ,

関連記事

チーズケーキ

海が走るエンドロール 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

海が走るエンドロール 2 ボニータ・コミックス 著:たらちねジョン 出版社:秋田書店 夫と死別し独り身となった女性、茅野うみ子(ちの うみこ)。 彼女は美大生、海(かい)の作る側の人間という言葉に触発 …

パピヨン

DOG SIGNAL ドッグシグナル 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

DOG SIGNAL ドッグシグナル 4 ブリッジコミックス 著:みやうち沙矢 出版社:KADOKAWA 元カノの優子(ゆうこ)と再会した未祐(みゆ)。 彼女は新たに飼い始めたティアラ(マイクロティー …

エリンギ

怪獣8号 第六巻 登場人物・あらすじ・感想

怪獣8号 6 ジャンプコミックス 作:松本直也 出版社:集英社 怪獣である事がバレた日比野カフカ(ひびの かふか)。 防衛隊長官の四ノ宮功(しのみや いさお)と戦い、怪獣に乗っ取られた体を押さえ込んだ …

ハムスター

セクシー田中さん 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

セクシー田中さん 2 フラワーコミックスアルファ 著:芦原妃名子 出版社:小学館 人と少し違う事で孤独に生きて来た田中さん。 彼女は胸を張り生きる為、ジムに通いベリーダンスを始めました。 そしてペルシ …

温室

先生、今月どうですか 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

あ 先生、今月どうですか 3 ハルタコミックス 作:高江洲弥 出版社:KADOKAWA/エンターブレイン デビュー作である「夕立」を超える作品が書けない事に悩む小説家、四十万万里(しじま ばんり)。 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。