漫画完結作品

魔々ならぬ 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:2021年5月2日 更新日:

猫
魔々ならぬ 3 電撃コミックスNEXT
作:ゆーき
出版社:KADOKAWA

勇者の力を使い魔力の影響で怪物化したモノ達を狩っていた小学生のリコ。
そのリコの力が駄女神アネアの目的でした。

街で巨大化したポッピー君(ビール会社のマスコットロボ、アレに似てる)と戦って弾き飛ばされたリコとアネアは出会ってしまい……。

広告

登場人物

先輩
アネアの幼馴染で上司
黒髪ロングの姉御肌の女性。
階級は本部長。

あらすじ

目的だったリコを見つけたアネアは、神の圧を掛けながら彼女について聞き取りを始める。
リコはその圧に怯えながらも、女神アネアが纏う薄汚いオーラに女神のわけがないと拳を握った。

その握った拳が震えているのを見たクラスメイトのカナンは、リコの肩に手を置きマネージャーよろしくアネアとリコの間に割って入る。
リコは自分の助手だと話し、彼女に発言権は無いと豪語。

そんなカナンにアネアは圧を掛けるが、カナンには神の圧は通じず雇い主は私だとキッパリと跳ね除けられてしまう。
その会話の過程でカナンの背中に背負われていたタヌキに力を与えたのもアネアだという事が分かった。

一方のアネアは圧の通じないカナンに対処する為、ポッピー君に弾かれ飛ばされたリコ達と激突し気絶したヴィースを操り、実力行使に打って出るのだった。

広告

感想

今回は女神アネアに操られたヴィースとリコの戦いとか、勇者と魔王の再会とか、アネアの上司の登場とかが描かれました。

ずっと読んでいてムカついてたアネアが、アイアンクロ―とか、コブラツイストとか、ロメロスペシャルとか、ボストンクラブとか決められていたのが凄く楽しかったです。

残念ながら作品はこの巻で完結ですが、ゆーきさんの絵も作品のテンポ、ギャグに至るまで好きしか無いので次作を期待して待ちたいと思います。

個人的には後藤係長(カバー裏に掲載された察しの悪いおじさんが異世界に転移するお話)を本格的に描いて欲しい……。

まとめ

もっと続いて欲しかった、三巻は短すぎるというのが正直な感想です。
最近、ホントに面白くても終わってしまう作品や短い作品が多いので残念でなりません。

景気がよくなればなぁ……。

こちらの作品はComicWaiikerにて一部、無料でお読みいただけます。
作者のゆーきさんのTwitterはこちら

※イメージはpixabayのKriss Chenによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , , ,

関連記事

珊瑚

木珊瑚の島(庭先塩梅 第5巻) 各話あらすじ・感想

木珊瑚の島 ビームコミックス著:須藤真澄出版社:エンターブレイン 須藤真澄さんの描く、庶民的な暮らしの中に不思議を織り込んだ日常系ファンタジー。庭先案内の続編、庭先塩梅第五弾。 各話あらすじ感想まとめ …

汽車

ノケモノたちの夜 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

ノケモノたちの夜 2 少年サンデーコミックス 著:星野真 出版社:小学館 大悪魔マルバスと共に生きる事を選択し、その代償として視力を失った少女ウィステリア。 安住の地を求め今日も二人の旅は続きます。 …

射撃

トライガン・マキシマム 第六巻 あらすじ・見どころ・感想

トライガン・マキシマム 6 YKコミックス 作:内藤泰弘 出版社:少年画報社 血界戦線の内藤泰弘さんの描く、SFガンアクションです。 今回は、GUNG-HO-GUNSによるメリル誘拐も、ひと段落した後 …

フリントロックピストル

黒博物館 ゴーストアンドレディ 上 あらすじ・感想

黒博物館 ゴーストアンドレディ上 モーニングKC 作:藤田和日郎 出版社:講談社 ロンドン警視庁(スコットランドヤード)の犯罪資料館「黒博物館」。 ある日、そこに一人の老紳士が訪れる。 彼は展示物の一 …

すき焼き

バカレイドッグス Loser 第五巻 登場人物・あらすじ・感想

バカレイドッグス Loser 5 ヤンマガKC 原作:矢樹純 漫画:青木優 医療監修:茨木保 出版社:講談社 裏路地の闇医者、犬童兄弟と彼らに買われた看護師、雪野鈴の活躍を描いた作品、その続編、完結巻 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。