漫画完結作品

夢喰いバクと悪夢の子 3

投稿日:

繋ぐ夢喰いバクと悪夢の子 3 ガンガンコミックスJOKER
著:日下幹之
出版社:スクエアエニックス

幼馴染であり街を牛耳る商会のトップであるナナキの下で働き始めたシグレ。
そのシグレと一緒にナナキの屋敷に移り住んだメアに、シグレに執着するナナキは激しい嫉妬を抱きます。

広告

登場人物

ムム(中村夢々)
ナオキの屋敷のメイド
長い角とモコモコした髪の少女。
口は悪いが面倒見はいい。
一人称は僕。

シデン
ナナキの商会の取引先
せっかちな男。
カタツムリのモノノケ
顔に見える部分は多分擬態。

あらすじ

借金を背負った事でナナキの下で働く事になったシグレ。
家を焼かれた為、ナナキの屋敷に住む事になったシグレとメアだったが、シグレに執着するナナキは彼に特別扱いされるメアに激しく嫉妬する。

そんな中、シグレに当てた手紙を無駄だと言ってシグレ自身に破られたメアは、追い打ちでナナキに足を引っかけられ転ばさせる。
精神的なダメージと悪意による肉体的なダメージ、その二つが合わさった時、メアの肉体は一瞬で成長していた。

それを見たナナキはシグレがメアを早く食べる様、メアの精神を追い詰め成長させる事を思い付く。
ナナキはワザとメアに高価な壺を割らせ、シグレとメアを引き離すのだった。

感想

作品はこの巻で一応完結となっていますが、物語は終わってはいないようです。

出版社も商売ですから、余り売れない物は終わらせるしかないという事情も分からなくはないですが、一読者としては最後まで読みたいという気持ちが強いです。

作品的には禁忌を犯し一人ぼっちになったシグレの元に食料という形で来たメアが、だんだんと家族になっていくというストーリで、今回はドライで感情の起伏の少ないシグレが、メアに対する自身の気持ちに気付いた所までが描かれていました。

商業的に芳しくなったのかもですが、個人的には凄く続きが読みたい作品でした。

まとめ

商業作品としてはこの巻で完結ですが、作者の日下さんがkindleで続きを描くかもと仰っていたので、そちらを待ちたいと思います。

出来ればシグレとメアがどんな形でもいいので幸せになってほしいな。

この作品はpixivコミックにて一部無料でお読み頂けます。
作者の日下さんのアカウントはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはpixabayのbingngu93による画像です。
広告

-漫画完結作品
-, ,

関連記事

軍艦島

しょうあんと日々。 3

しょうあんと日々。 3 MFコミックス キューンシリーズ著:桑佳あさ出版社:KADOKAWA 廃墟の島、軍艦島で暮らす硝安ダイナマイトのしょうあん。かつて沢山の人が暮らした炭鉱の島で生きる、人に憧れる …

ゴールデン・レトリバー

アルマ 3

アルマ 3 ヤングジャンプコミックス 著:三都慎司 出版社:集英社 ギジンから攻撃を受けず彼らを無力化出来るゼロ。 そのゼロであるレイを手に入れたモスクワに拠点を置くEUは、レイと因縁の深いシンイェン …

縁側

メタモルフォーゼの縁側 5

メタモルフォーゼの縁側 5 著:鶴谷香央理 出版社:角川書店 コミティアに参加し自分で描き上げた漫画を販売したうらら。 結果は雪が買ってくれた一冊と、女性が買った二冊。 売り上げは三百円。 ですが、そ …

花火

えびがわ町の妖怪カフェ 3

えびがわ町の妖怪カフェ 3 ヤングアニマルコミックス 著:上田信舟 出版社:白泉社 佐吉がずっと探していた人物。 それは死神ではないか。 横蔵寺で出会った僧侶にそう言われたまなは、佐吉の為に何か出来な …

金魚

金魚草の池(庭先塩梅 第2巻)

金魚草の池 ビームコミックス著:須藤真澄出版社:エンターブレイン 須藤真澄さんの描く、庶民的な暮らしの中に不思議を織り込んだ日常系ファンタジー。庭先案内の続編、庭先塩梅第二弾。 各話あらすじ感想まとめ …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。