漫画

異世界おじさん1

投稿日:2019年1月18日 更新日:

異世界おじさん1
作:殆ど死んでいる
出版社:KADOKAWA/MFC

17歳の時トラックにはねられてから17年。
ずっと昏睡状態だった叔父が目を覚ました。
彼の扱いを巡って一家は離散。
甥であるたかふみは自立支援を促すため、入院中の彼の元を訪れた。

広告

第1話

あらすじ
病院を訪れた、たかふみは叔父の病室を訪れる。
部屋には眼鏡をかけた、長髪の痩せた男がベッドにいた。
17年間の昏睡状態、その為だろうか叔父は意味不明な言葉を発していた。

日本語も喋ったが、検温に来た看護婦には先ほどの言葉で話しかけていた。
看護婦も慣れたもので、叔父の言葉を適当に流している。

検温も終わり、叔父と話した。
自分が彼の姉の息子、たかふみであること、彼の処遇を巡って、一家離散したことなどだ。
それを聞いた叔父が、ペンを眉間につけ何か言う。

「イキュラスキュオラ」

叔父は息を吐き、異世界にいた証拠を見せるという。
「ワーグレント・セルド!」
ベッドわきのラックに置かれたコップに手を向け、言葉を発する。
何度も同じ言葉を繰り返す叔父に、たかふみが自立支援を促すため書類を渡そうとしていた時だった。

風によりコップが宙を舞っていた。
「マジかよ!!」
「風よ戻せ、こっちじゃ日本語なんだな。」
コップが静かにラックに戻った。

本物だ…!!
たかふみは絶句しながら書類を破った。
なんかえぐい事言おうとしてなかったという叔父に、たかふみは言ってないと言いながら、先ほどの現象は何か尋ねる。

魔法だと言いながら叔父は指先に火を灯した。
そんな事よりと彼は言う。
叔父はゲームハード戦争はどうなったとたかふみに尋ねる。
特にSE●Aがどうなったか気になるようだ。

戸惑いながら国内のゲームハードの現状を話す、SE●Aの事をしきりに聞くので、ハードからは撤退したと答えた。

「イキュラスキュオラ」

たかふみは先ほども聞いた、その言葉について叔父に尋ねた。
彼が言うには、記憶消去の呪文らしい。
耐えがたいことがあると使うと叔父は語った。
SE●Aの件そんなに辛かったのか…そう思うたかふみに叔父が手帳を手渡す。

異世界で起きた、消した記憶を書き記しているらしい。
手帳を読んだたかふみは、叔父に読んだ記憶を消してくれと懇願した。
SE●Aのことはこれに匹敵するほど、叔父にとっては辛いことなのか…。

一週間後、退院した叔父の力を使って食って行こうとたかふみは決めた。
ユーチューブに公開した、光の剣をつくる動画は六万ほどの収入になった。
叔父さんはその金でXB○X○neを購入し、楽しんでいる。

感想

異世界に行く話、戻って来て無双する話は沢山書かれています。
そんな話の中でも、おじさんの話はかなり異色でしょう。
酷い扱いをうける話はありますが、出会う人にオークにまちがわれて狩られるのが、デフォルト設定なのは初めて読みました。

ツンデレという文化が世に受け始めたのが、2004年というのも以外でした。
確かにアスカを初めて観た時、気の強い女という以外の印象は受けませんでした。

セガ党という訳ではありませんが、ガーディアンヒーローズ、ダイナマイト刑事、サイバーボッツ等サターンで出ていたソフトは大好きでよく遊びました。

こちらの作品はコミックウォーカーでも一部無料で閲覧できます。

広告

-漫画
-, , ,

関連記事

馬房

野良猫と便利屋 2

野良猫と便利屋 2 ブリッジコミックス 著:乙津きみ子 出版社:KADOKAWA 自殺未遂が切っ掛けで便利屋ネコノテで働き始めた柴。 今回はその柴の過去が描かれます。 登場人物あらすじ感想まとめ 登場 …

釣り人とかもめ

放課後ていぼう日誌 4

放課後ていぼう日誌 4 ヤングチャンピオン・コミックス 著:小坂泰之 出版社:秋田書店 今回は夏休みの少し前のていぼう部の様子が描かれました。 まだ虫系の餌は苦手な陽渚ですが、自ら釣る魚を提案し釣り方 …

赤ちゃん

アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 5

アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 5 ゼノンコミックス 著:荒井ママレ 医療原案:富野浩充 出版社:徳間書店 今回は薬の譲渡、七夕、葵の未来予想図、ドーピング、産婦人科前編の五つが収録されて …

雪山

少年の痕 1

少年の痕 1 マッグガーデンコミックス Beat’sシリーズ 作:一七八ハチ 出版社:マッグガーデン 青森の雪深い村で暮らす涼香と風助。 赤の他人である二人を繋いでいるのは、瑠璃という女性 …

鶴

あをによし、それもよし 3

あをによし、それもよし 3 ヤングジャンプコミックス 著:石川ローズ 出版社:集英社 中納言、粟田真人(あわたのまひと)と出会った事で山上は貴族である山於億良/山上憶良(やまのうえのおくら)として生き …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。