漫画

よふかしのうた 7

投稿日:

もやしマシマシラーメン
よふかしのうた 7 少年サンデーコミックス

著:コトヤマ
出版社:小学館

吸血鬼を悪と決めつけ殺害する事を目的としている探偵、鶯アンコ。
彼女から身を守る為、ナズナとコウは吸血鬼の弱点である人間だった時の過去に関わるモノを探す為、吸血鬼カブラの勤務する病院へ潜入しました。

その病院で入るなとカブラに言われた無人の病室で、ナズナは自分とカブラの写った写真を見つけます。

広告

登場人物

七草ハル(ななくさ はる)
カブラの親吸血鬼
ナズナに瓜二つの女性。
人間だった頃、病弱だったカブラが入院していた病院の看護婦。

LoveGreen(ラブグリーン、愛称はエルジー)
吸血鬼ミドリの眷属
バンダナ眼鏡の小太りな男性。
ポタク(オタク)と言われて一般的に思い浮かべるイメージを体現している。
一本、筋の通ったオタク。
なんかカッコイイ。

あらすじ

病院を探索中、用を足す為、トイレに入ったコウは事を終え手を洗っている際、カブラに連れ去られる。

その後、病室でカブラと二人きりになったコウは、彼女がナズナに向ける優しさに満ちた視線からカブラがナズナの親なのではと、感じていた事をシリアスな感じでカッコよくカブラに尋ねた。

だがコウの推測をカブラは全然違うと呆れながら否定した。
自分の予想に確信めいた物を持っていたコウは恥ずかしさで顔を覆う。
どうしてそんな結論になったのかとため息を吐いたカブラに、ありえねぇなと言いながらドアをすり抜けナズナが現れる。

ナズナはコウを勝手に連れて行くなとカブラに苦情を言いつつ、おかげでかわったよと続け、入るなと言われた病室で見つけた写真を彼女に投げ渡した。

写真には看護婦姿のナズナと入院中らしいカブラが写っている。
ナズナはその写真から推測した事、カブラが自分の眷属であるという説をこれまた自信満々にカッコよく言い放った。

しかし、カブラはナズナの話も速攻で違うと否定した。

自信があった自説を否定されたナズナはコウ同様、顔を真っ赤に染めるのだった。

感想

今回はカブラの過去とナズナのルーツ、ミドリの眷属、そしてナズナの自分探しの為に潜入する事となった定時制高校のエピソードの始まりが描かれました。

今回も意外な吸血鬼の設定や秘密が明かされましたが、印象に残ったのはポタクのエルジー君でした。
彼は見た目だけでなく、喋り方も人の名前に氏をつけ喋る生粋のオタクですが、ミドリが吸血鬼の事を冗談めかして話した際、すぐさま今すぐ眷属にして下さいと答えました。

彼はコウ同様、学校に馴染めず不登校でした。
そんな話を否定する事無く聞いてくれたミドリに、彼は心から感謝し吸血鬼でも人間でも共に生きれるなら何にでもなれると話します。

作中、コウもその潔さに思わずかっこいいと思ってしまった様でした。
また、ミドリも他人の好みや主張を否定しないエルジーが自慢みたいでした。

何というか、恥じる事無く自分の想いに真っすぐにオタクをやっているエルジー君は上手く言えないですが、とてもかっこよかったです。

まとめ

今回は番外編として「だがしかし」の面々による夜更かしの模様も収録されていました。
作中、ココノツが語った夜と朝の狭間の青、私もとても好きです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この作品はサンデーうぇぶりにて一話二話が無料で閲覧いただけます。
作者のコトヤマさんのアカウントはこちら

※イメージは ぱくたそ の すしぱくさん による画像です。
広告

-漫画
-, , , , , ,

関連記事

ルアー

放課後ていぼう日誌 6

放課後ていぼう日誌 6 ヤングチャンピオン・コミックス 著:小坂泰之 出版社:秋田書店 伍島列島での夏合宿。 今回はその夏合宿の為の準備(バイト等)の様子が描かれました。 あらすじ感想まとめ あらすじ …

塩焼き

カワセミさんの釣りごはん 1

カワセミさんの釣りごはん 1 アクションコミックス 著:匡乃下キヨマサ 出版社:双葉社 東京から田舎の高校へ転向した白梨翡翠(やまなし かわせみ)は話下手な性格が災いしてクラスに馴染めずにいました。 …

迷彩

腸よ鼻よ 4

腸よ鼻よ 4著:島袋全優出版社:KADOKAWA 美少女漫画家、島袋全優(しまぶくろ ぜんゆう)さんの闘病と漫画家としての日々を綴ったギャグエッセイ第四弾。漫画家デビューを果たし単行本もめでたく発刊さ …

花火

妻、小学生になる。 2

妻、小学生になる。 2 芳文社コミックス 作:村田椰融 出版社:芳文社 前世の記憶が蘇り自分が圭介と夫婦として親子三人仲良く暮らしていた事を思い出した「白石万理華(新島貴恵)」。 現在の彼女は、両親が …

喫煙

Op 夜明至の色のない日々 1

Op 夜明至の色のない日々 1 イブニングKC 著:ヨネダコウ 出版社:講談社 フリーの保険調査員 夜明至(よあけ いたる)は友人の行政(ゆきまさ)から高比良玄(たかひら くろ)という少年を預けられま …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。