漫画完結作品

ふたりエスケープ 第二巻 あらすじ・感想

投稿日:2021年3月25日 更新日:

入道雲
ふたりエスケープ 2 百合姫コミックス

著:田口囁一
出版社:一迅社

締め切りに追われ現実から逃げたい漫画家の後輩(黒髪ロングオタク女子)と無職で今現在、現実逃避中の先輩(ユルフワロングそばかす小っちゃい女子)による日々を描いた作品です。

広告

あらすじ

季節は夏真っ盛り、そんな中、漫画を描いていた後輩は突然、窓を開け「夏の馬鹿野郎―――!!」と憤りをぶちまけた。
馬鹿はお前だとツッコミを入れた先輩に、後輩は現在、自分が書いている漫画の季節が冬である為、感情移入が出来ないと説明した。

そんな後輩に先輩はしょうがないなぁと、冬を演出する準備を始めた。
カーテンを閉めテレビを消し視覚情報をカット、その後、冷房を全開にして部屋の温度を冬へ近づける。

肌寒さを感じた後輩に半纏を着せ、こたつも用意する。

かなり冬の気持ちになって来ました。
続けてこうなると熱燗欲しいですね。そう言った後輩の言葉にお前天才だなと返した先輩は熱燗を用意。

酒の入った二人はその後、冬を演出する事をエスカレートさせていき、ストーブを点け蟹鍋で宴会を始めてしまった。

結果として、ブレーカが落ち、二人は熱中症で病院に搬送される事となった。
そしてその回の原稿は落ちてしまったという。

感想

今回は夏を冬にする冒頭のお話の他、オタクが考える夏の幻影、深夜のドライブ、眠らない方法、小学生ルック、締め出された二人、いなくなった先輩、お告げルーレット等が収録されました。

その中でも冒頭の夏に冬を求める気持ちはとても共感出来ました。
冬の寒い時期、夏の青空と風を思い出すと、とても心地よい季節だった気がして早く夏にならないかと夢想し、夏になれば凛とした冬の朝の空気を想い、冬が恋しいなぁと感じます。

まぁ、実際、その季節になれば暑くて死ぬとか、寒くてやってらんないとか思うのですが……。

広告

まとめ

今回は小学生の男の子になった先輩が、違和感が無さ過ぎて楽しかったです。
二人の別のコスプレも色々見てみたいな。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この作品はpixivコミックにて一部無料でお読みいただけます。

作者の田口囁一さんのTwitterはこちら

※イメージはpixabayのMagnascanによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , ,

関連記事

木漏れ日

白暮のクロニクル 第十一巻 あらすじ・感想

白暮のクロニクル 11 ビックコミックス 著:ゆうきまさみ 出版社:小学館 桔梗凪人(茜丸)は捕らえられ、あかりは無事保護されました。 桔梗との戦いで、重傷を負った魁は入院を余儀なくされます。 その病 …

アーミラリ球

チ。 ―地球の運動について― 第一集 登場人物・あらすじ・感想

チ。 ―地球の運動について― 第一集 ビッグコミックス 作・画:魚豊 出版社:小学館 聖書の教えを第一とし、異端思想が弾圧されていた中世ヨーロッパ。 天才児ラファウは合理性を重視し、周囲の状況に迎合す …

菊の花

ようこそ亡霊葬儀屋さん 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

ようこそ亡霊葬儀屋さん 1 ジャンプコミックス 作:吉良いと 出版社:集英社 烏丸葬儀屋の社長、烏丸枢(からすま くるる)は所謂「視える人」 彼はその才能を活かし、亡くなった人の願いを叶え成仏を助けて …

雪山

少年の痕 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

少年の痕 1 マッグガーデンコミックス Beat’sシリーズ 作:一七八ハチ 出版社:マッグガーデン 青森の雪深い村で暮らす涼香と風助。 赤の他人である二人を繋いでいるのは、瑠璃という女性 …

射撃

トライガン・マキシマム 第六巻 あらすじ・見どころ・感想

トライガン・マキシマム 6 YKコミックス 作:内藤泰弘 出版社:少年画報社 血界戦線の内藤泰弘さんの描く、SFガンアクションです。 今回は、GUNG-HO-GUNSによるメリル誘拐も、ひと段落した後 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。