漫画完結作品

しょうあんと日々。 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:2021年3月13日 更新日:

軍艦島
しょうあんと日々。 3
MFコミックス キューンシリーズ
著:桑佳あさ
出版社:KADOKAWA

廃墟の島、軍艦島で暮らす硝安ダイナマイトのしょうあん。
かつて沢山の人が暮らした炭鉱の島で生きる、人に憧れる彼女の日々を綴った作品、その完結巻。

広告

登場人物紹介

みーちゃん
灰色と白の毛並みの猫
しょうあんを仲間だと思ったのか、食事(ねずみ)を分けてくれたりした。
可愛い。

あらすじ

好奇心旺盛なうめは観光客と共に島を去った。
再び一人となったしょうあんは、今日も元気に島を探索し石炭を掘る。
そんなしょうあんの前に巨大な獣が現れる。

獣に怯え、吹き抜けの手すりの裏に隠れたしょうあんだったが、足を滑らせ落下してしまった。
この高さではいくら炭鉱爆薬でも助からない。

さくらの様に爆発も出来ず、うめの様に島の外に出る事も出来なかった。
こんな事なら、獣に食べられた方がマシだった。

そんな事を考えていたしょうあんを獣は空中でキャッチし、軽やかに着地。
彼女を地面に横たえるとその頬をペロペロと舐めた。

味見ではと怯えたしょうあんだったが、獣は彼女の体を優しく抱いて丸まり枕の様になって目を瞑った。
コロコロ喉を鳴らす様子に、これはいつか絵日記で見たペットという奴ではと気付く。

しょうあんが恐る恐る「みーちゃん……?」と話しかけると、獣は「ニャ」と短く鳴いた。

広告

感想

炭鉱爆薬の精? しょうあんの日々を綴った作品もこの巻で完結。
今回は猫との出会い、一人と一匹の毎日、そして別れ等が描かれました。

人の去った廃墟の島で一人暮らすしょうあん。
物語、冒頭は寂しいという感情を理解していなかった様子でしたが、この巻ではさみしいと声を上げて泣いていました。

猫が島を去り、また独りぼっちになってしまった彼女。
石炭の需要が無くなり、誰もいなくなった島。
そこで彼女はこれからも、ひっそりのんびり暮らしてゆくのでしょう。

個人的にはうめの様に島を出て、ひっそりこっそり、人間と暮らしている姿も見てみたかった気がします。

まとめ

廃墟には昔から何とも言えない寂しさを感じます。
かつては賑わっていただろう遊園地、緑に飲まれたホテル、展示物の無くなった美術館等。
そんなかつて多くの人が訪れただろう豪華な建築物達。

今は訪れる人も無く、ただ朽ちていくだけの物達。
やがてそれは倒壊し、自然に飲まれて消えていく。

そんな場所の写真を見たり、実際に行ってみたりすると、寂しさと同時に懐かしさや愛おしさの様なモノを感じます。

この作品はそんな寂しさと懐かしさ、そして愛おしさを感じる物語でした。

こちらの作品はComicWallkerにて一部無料で閲覧いただけます。
作者の桑佳あささんのアカウントはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのCassty1による画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , ,

関連記事

アーミラリ球

チ。 ―地球の運動について― 第一集 登場人物・あらすじ・感想

チ。 ―地球の運動について― 第一集 ビッグコミックス 作・画:魚豊 出版社:小学館 聖書の教えを第一とし、異端思想が弾圧されていた中世ヨーロッパ。 天才児ラファウは合理性を重視し、周囲の状況に迎合す …

カチンコ・レンズ

シネマこんぷれっくす! 第六巻 登場人物・各話あらすじ・感想

シネマこんぷれっくす! 6 ドラゴンコミックスエイジ 作:ビリー 出版社:富士見書房 春になり鰐人(がくと)も二年となり、新入生も入って来ました。 新たな部員も加わり、鰐人は映画製作を提案するのですが …

海と女性

最果てから徒歩5分 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

最果てから徒歩5分 1 BUNCHコミックス 作:糸井のぞ 出版社:新潮社 自殺の名所、死出ノ岬(志手ノ岬)。 どこかのサイトでランキング四位になった事で、更に死を求める者が集まる様になったその岬から …

蟹

ノー・ガンズ・ライフ 第二巻 あらすじ・感想

ノー・ガンズ・ライフ 2 ヤングジャンプコミックス 著:カラスマタスク 出版社:集英社 ベリューレン社が作り出した拡張者の二人の少女、アンとエンデ。 その一人、アンの願いを受けて、鉄郎は暴走するもう一 …

ペンと紙

カイニスの金の鳥 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

カイニスの金の鳥 2 著:秦和生 出版社:イーストプレス ロンドンに出て小説家マイルズの隣の部屋で暮らし始めたリア(アラン)は人気作家カール・ダンヒルに会う為出掛けたスラムからの帰り、雨に降られ風邪を …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。