漫画完結作品

タイムスリップオタガール 第八巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:2022年4月4日 更新日:

ビッグサイト
タイムスリップオタガール 8 ポラリスCOMICS

作:佐々木陽子
出版社:フレックスコミックス

リュータの妹、めいを庇いトラックにひかれたはとこ。
自分ならワンチャン過去に飛ぶだけ。
そう考えていたはとこだが、痛みを感じつつ意識は薄れていき、気が付けば2013年に戻っていた。

自分が変えようとしていた中学時代は消え、全てが元に戻ってしまった。
そう考えていたはとこの前にリュータが現れ……。

広告

登場人物

トラオ
リュータの兄
娘は昔のめいにそっくり。

あらすじ

30歳のはとこの前に現れたリュータ。
彼はあの時のはとこに会いたくて待っていたと話した。

無くなってしまったと思っていた、やり直した中学時代。
リュータはそれを覚えていた。
祖母は亡くなり、描いた筈のネームノートも消え、卒業アルバムも根暗のまま。
やり直した過去は何も変わっていない筈……。

そう思い混乱するはとこに、リュータは一旦保留して出来事を纏める事を提案した。
はとこは自分が経験したタイムスリップについて話し、聞いてくれてありがとうでござると笑みを浮かべた。

そんなはとこに微笑みを返し、リュータは一冊のノートを取り出した。
それは無くなったと思っていたネームノートだった。
彼は高3の頃、そのノートを見つけタイムスリップし、過去をやり直していた方のはとこの事をゆっくりと思い出したのだという。

しかし、思い出したのはリュータだけで、友人は誰もはとこの事を覚えていなかった。
リュータ自身、この記憶が何なのか混乱し、受験や新生活の事で忘れていた。

だが去年、妹のめいが申し込んだコミュケのサークル名が、はとこのノートに絶対に買う本として書かれていた事に気付く。
コミュケに行けば、記憶の中のはとこに会えるかもしれない。

そう思ったリュータはめいのサークルの売り子として、コミュケに参加。
本を買いに来たはとこと会えたのだ。

「めちゃくちゃ大事な友達が…「はとこ」がいてくれて…本当によかった…」

リュータの言葉を聞いたはとこは、こみ上げて来た感情にポロポロと涙をこぼしながら、会いに来てくれてありがとうと号泣したのだった。

感想

今回は2013年に戻ったはとこと、何故かやり直した側のはとこの記憶を持つリュータとの再会から始まり、同窓会、再びマンガを描き始めたはとこ、挫折と復活、リュータには見せられない等が収録されました。

作中、2013年に戻ったはとこは変わらない日常に落ち込んでいました。
ですがリュータとの再会や友人のみのり達の存在で少しづつ元気を取り戻し、やがて彼女は自分がマンガを描く事が大好きなのだと気付きます。

上手く行かなくても止められない事、どうしようもなく好きな事。
それが人を前に進めていくんだな。読んでいてそんな事を思いました。

まとめ

1996年に戻ったオタクな女の子の物語もこの巻で完結。
キラキラした素敵なエンディングでした。
個人的には、リュータに意図せず想いを伝えてしまった事に気付いたはとこの顔が凄く可愛かったです。

この作品はCOMICポラリス公式サイトにて一部無料でお読みいただけます。
作者の佐々木陽子さんのTwitterはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのauntmasakoによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , , ,

関連記事

粒子加速器

アルキメデスのお風呂 1

アルキメデスのお風呂 1 MFC著:ニコ・ニコルソン出版社:KADOKAWA お弁当屋さんで働くポッチャリ系女子「原陽子」と完全理系の金髪オカッパ王子「大池学」との物理系ラブコメディー。 登場人物紹介 …

デイジー

ようこそ亡霊葬儀屋さん 2

ようこそ亡霊葬儀屋さん 2 ジャンプコミックス 作:吉良いと 出版社:集英社 霊が視え、彼らと会話する事も出来る葬儀社の社長、烏丸枢(からすま くるる)。 彼にはモデルとして活躍しながら、葬儀や介護等 …

桜

えびがわ町の妖怪カフェ 6

えびがわ町の妖怪カフェ 6 ヤングアニマルコミックス 著:上田信舟 出版社:白泉社 えびがわ町での妖怪と料理に彩られた田舎暮らしもこれでおしまい。 まなと母親の事、そして佐吉の秘密も語られる最終巻です …

横須賀

横須賀こずえ 1

横須賀こずえ 1 ビッグコミックス 著:小田扉 出版社:小学館 団地ともおの小田扉さんによる最新作。 横須賀で暮らす王島家のペット「こずえ」のお散歩と探求の日々を描いた作品です。 登場キャラクターあら …

ピザ

ロスト・ラッド・ロンドン 2

ロスト・ラッド・ロンドン 2 ビームコミックス著:シマ・シンヤ出版社:KADOKAWA ロンドン市長殺害事件。刑事のエリスは殺害現場の地下鉄で市長のそばにおり、更に殺害の凶器らしいナイフを所持していた …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。