漫画

八月九日 僕は君に喰われる。 2

投稿日:

幽霊
八月九日 僕は君に喰われる。 2 バンブー・コミックス

著:tomomi
出版社:竹書房

幼少期からストーカー被害に遭っている少年、櫻井青(さくらい あお)。
彼には幼い頃、憧れ恋をした女性がいました。
その背の高い女性、八重が青の前に現れ……。

広告

登場人物

八重(やえ)
背の高い帽子をかぶったロングスカートの女性
幼い頃、怪異に付きまとわれ、居場所の無かった青と一緒にいてくれた。
怖いけど大好き。ぽぽ、ぽぽっぽ。

調査員たち
死んだ目の愛煙家とマスク巨乳の二人組
怪異を監視し、管理しようとしているようだ。

使人(しじん)
不死の呪いを掛け怪異を生み出した男
何者か(多分、神?)の使い。
青が怪異に付きまとわれるのも彼が作った物が原因。

あらすじ

青は遠い昔の夢を見た。
その頃、彼は背の高い白い帽子の女性とよく一緒にいた。
だがその町を出てから彼女とは会っていない。

彼女は別れの時、言っていた。

「私は寂しくてたまらない。だから、何年かかっても、いつかこの道を辿って……必ず逢いに行く。そうしたら……」

数年前の思い出を夢に見たようだ。
起き出した青は昨夜は静かだったからと窓に目をやる。

そこには窓際で座って寝ている送り狼のミヤコがいた。
ボロボロの彼女の服と、自分の名を寝言で呟くミヤコに赤面しつつ青が台所に行くと、テーブルの上には千円札と昼ご飯代と書かれたメモが置かれていた。

母さんだって忙しいんだ。
そう心の中で自分を納得させ、昼間だしと彼はコンビニへ向かう事にした。
ミヤコを自分の布団に寝かせて、大丈夫と自分に言い聞かせながらコンビニへの道を歩く。

そんな風に怪異に怯えながら辿り着いたコンビニには、青のクラスメイト達が先客としていた。
今は丁度下校時間だった。

やっぱり出歩くんじゃ無かった。
そんな後悔をしつつ、少し遠いコンビニへ足を延ばそう。
そう思い裏路地に入った青に誰かが声を掛ける。

振り返った青が見たのは巨大な顔の女達だった。
昼間なのに!?

驚き尻もちを突いた青は思わずミヤコに助けを求める。
そんな青にもう大丈夫と髪の長い女が声を掛けた。
女は自分の帽子を青に被せ、少しの間、目を瞑っていてくれというと、怪異達を引き裂いた。

もういいよ。
その言葉を聞いた青が瞼を開くと、今日見た夢の女性、八重が少し痩せたか? と腰を屈め青に優しい笑みを向けていた。

感想

今回は青に執着する怪異の一人、八重が登場した他、怪異を見張る調査員の二人、そして怪異を作り出し、青が怪異に付きまとわれる原因を作った男、使人等の姿が描かれました。

この作品では様々な怪異、都市伝説等が美女の姿で登場するのですが、今回、作中で語られた使人の話で彼女達も元は人だったのでは、等と想像してしまいました。

使人の話によると怪異達は不死の呪いを掛けられており、一度死んでも何度でも蘇るみたいです。
その過程で段々と正気を失っていき、最終的には自らの死を求め彷徨うモノになる様でした。

ミヤコが送り狼なのも、自我が薄れその本性がむき出しになった結果なのかな? と今回、読んでいて不意に思いました。

まとめ

今回は八重という主人公、青を幼い頃から知っている怪異が登場しました。
青を巡って争うミヤコと八重。
昔の彼女と今の彼女、青がどちらを選ぶのか先が気になります。(そういう話では無い)

こちらの作品はWEBコミックガンマぷらすにて一部無料でお読みいただけます。
作者のtomomiさんのTwitterはこちら

お読みいただき、ありがとうございました。

※イメージは ぱくたそ の カズキヒロさん による画像です。
広告

-漫画
-, , , ,

関連記事

樽

ヴィンランド・サガ16

ヴィンランド・サガ16 アフタヌーンKC 作:幸村誠 出版社:講談社 エイナル、レイフ、ギョロと共にハーフダンのもとを訪れたトルフィン。 そこでレイフの義理の妹、グズリーズと出会う。 彼女は夫に先立た …

カラオケ

よふかしのうた 3

よふかしのうた 3 少年サンデーコミックス 著:コトヤマ 出版社:小学館 仕事に疲れたOL、白河キヨスミとの出会いを経て、コウは相変わらず夜更かしを続けています。 登場人物あらすじ感想まとめ 登場人物 …

イルカ

灼熱のニライカナイ 1

灼熱のニライカナイ 1 ジャンプコミックス 作:田村隆平 出版社:集英社 新宿署の刑事、鮫島灼熱(さめじま ぼいる)はハードボイルドなはみ出し刑事。 その日も屋上での立てこもり事件をスタンドプレーで解 …

サボテンと夜

違国日記 6

違国日記 6 フィールコミックス 著:ヤマシタトモコ 出版社:祥伝社 槙生がいつ渡そうか迷いしまい込んでいた母、実里の日記を読んだ朝はその事で改めて自分が何を失ったのか気付きます。 それは彼女に自分と …

カツレツ

空挺ドラゴンズ 2

空挺ドラゴンズ 2 アフタヌーンKC 著:桑原太矩 出版社:講談社 空を泳ぐ龍を求め、旅をしながら龍を狩る「龍(おろち)捕り」たちのお話です。 捕龍船クイン・ザザ号は、嵐の中光る龍に遭遇したり、空中海 …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。