漫画

違国日記 第七巻 あらすじ・感想

投稿日:2021年2月15日 更新日:

コーヒー
違国日記 7 フィールコミックス

著:ヤマシタトモコ
出版社:祥伝社

叔母であり小説家である槙生(まきお)との生活は、朝(あさ)にとって分からない言葉のオンパレードでした。
そんな彼女の呟きを書き止め意味を調べていた朝は、槙生がドラマを見て言った空虚という言葉から父親を連想します。

広告

あらすじ

道を示し朝を導いていた母親の実里(みのり)とは真逆に、父のはじめはおよそ自己を主張する事の無い人だった。
ずっと本を読み、何か聞いてもしたい様にすればいいとしか父は言わなかった。

その事で父親の事が分からなくなった朝は、父とも親交があった友人のえみりの父母にはじめについて尋ねる。
だがえみりの父母もはじめについては良くわからず、結局、朝には真面目、もの静かなどの当たり障りのない言葉しか言えなかった。

あの人って誰?だったのかなって。

そう返した朝にえみりの母は衝撃を受けた。
ずっと自分が思っていた疑問。
主張の強かった実里が何故はじめの様な人を選んだのか、彼女には疑問だった。

何故、こんなに社会とかかわろうとしない人と?
朝の言葉はそれを端的に言い表しているように思えたからだ。

結局、朝の知りたい事は知れないまま、時間は流れていく。
そうしている間に医学部の不正入試に憤ったクラスメイトが登校拒否になったりなどありながら、朝は自分で選び成長していく。

感想

朝の父親、はじめはえみりの母曰く、閉じている人という感じの人でした。
なんでしょうか、他人にまるで興味が無く(それは自分の子供であっても)ただ静かに無言のまま時が過ぎるのを待っている。

そんな印象を読んでいて受けました。
勿論、作中の表現として朝の記憶やえみりの父母が思い出したはじめなので、彼には彼の思いはあったのでしょうが、描かれた部分を読んだ限りはそんな感じに思いました。

また、今回は作中で槙生が語った、人の心を動かすという事についてが印象に残りました。

「誰のために何をしたって、人の心も行動も決して動かせるものではないと思っておくといい」

他者の行動を決めるのはその人自身であり、どんなに頑張っても人の意思は操れません。
結局出来るのは自分自身の行動を決める事だけ。

その行動で結果として他者が気持ちを変えたとしても、そうしたのは別の人生を生きるその人の決定です。

コントロール出来るのが自分だけなら、自分の出来る事を精一杯やろう。

槙生の言葉を読んでいてそんな事を思いました。

広告

まとめ

人が人に与える影響はカリスマ性のある指導者や、人気のある有名人を除けば本当に僅かな様に思います。
それでも生きていれば、人は交差し少なからず影響を受け合い変わっていく。

この巻を読んで改めてそう思いました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの作品はpixivコミックにて一部無料でお読みいただけます。
作者のヤマシタトコモさんのTwitterはこちら

※イメージはPixabayのrolfvandewalによる画像です。
広告

-漫画
-, ,

関連記事

ビスケット

片喰と黄金 第五巻 登場人物・あらすじ・感想

片喰と黄金 5 ヤングジャンプコミックス・ウルトラ 著:北野詠一 出版社:集英社 モラレスの農場から逃げ出した黒人奴隷ロス。 彼に見つかり連れ去られてしまったアメリアは、ロスと共に月明かりの下、森の中 …

キノコの家

シャンピニオンの魔女 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

シャンピニオンの魔女 1 花とゆめCOMICS 著:樋口橘 出版社:白泉社 黒魔女ルーナ。 彼女の触れた場所には毒キノコが生え、その吐息さえも毒を含む為、ルーナに近づく者はいませんでした。 それでも彼 …

海

ヴィンランド・サガ 第二巻 あらすじ・感想

ヴィンランド・サガ2 アフタヌーンKC 作:幸村誠 出版社:講談社 11世紀のヴァイキングをモチーフに描かれる物語。 アイスランドで平和に暮らしていたトルフィン達の下に、ヨーム戦士団のフローキーが訪れ …

花冠

赤ずきんの狼弟子 第二巻 あらすじ・感想等

赤ずきんの狼弟子 2 講談社コミックス 著:茂木清香 出版社:講談社 獣人、人間、狩人、三種の人が住む世界で、本来狩る側と狩られる側の二人が師弟になる物語。 買い出しの為、人間の街を訪れたウルとマニ。 …

掛け湯

しあわせは食べて寝て待て 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

しあわせは食べて寝て待て 2 秋田レディースコミックスデラックス 著:水凪トリ 出版社:秋田書店 マンションから団地に引っ越したデザイン事務所の事務、麦巻さとこ(むぎまき さとこ)。 彼女は大家の美山 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。