漫画完結作品

トクサツガガガ 第六巻 第五十話 あらすじ・感想

投稿日:2019年1月9日 更新日:

VHSトクサツガガガ6
作:丹波庭
出版社:小学館/ビッグコミック

中村叶、26歳→27歳、OL、特撮オタク。
結婚式の二次会への移動中。閉店したレンタルビデオ店を見て、叶は高校時代を思い出す。
特撮から離れ普通の女子高生として生活していた叶。
卒業を間近に控えた彼女は、閉店間際のレンタルビデオ店で昔、夢中で見たエマ―ジェイソンと再会する。

母の特撮嫌いを思い、一旦は店を後にした叶だったが、エマ―ジェイソンが最後に何と言ったかが気になり、再度店を訪れたのだった。

広告

第50話 たとえ忘れてしまっても

あらすじ
再度、店を訪れた叶にじいばあ(ビデオ店店主、あだ名、性別不明な老人)は、観ていない(覚えていない)のに嫌いと言われるのが嫌いと語り、無理やりビデオを渡す。

家には母がいるため、観る事が出来ない。
叶は早朝の学校。部室(美術準備室)のテレビデオでエマ―ジェイソンを再生する。

全てが終わった後、子供たちに別れを告げるエマ―ジェイソン。
迷惑をかけた自分たちを恨んでいる人も多く、修理できる博士もいない今、身を隠しひっそりと消えることを選んだのだ。

そんな彼に子供たちは言った。
エマ―ジェイソンは自分の事が言えるまで待っていて欲しいと、自分たちに言った。
自分たちは待ったのだから、エマ―ジェイソンも待っていて欲しい。
必ず修理方法を見つけ、ロボットを虐めないように伝えるからと。

同じく博士に作られたネッケシタスは言う。
何年後になるか分からないし、子供の記憶にはバグや消失が多い。
現実的ではない。

それを聞いて、エマ―ジェイソンは言った。

「僕らだって完璧とは言えない。忘れてしまうかもしれない。
でも忘れても、みんなを好きな気持ちは、なくなるわけじゃないんだよ。

叶の心にエマ―ジェイソンとの思いでが蘇る。
どんなに起こられて、取りあげられて、ずっと離れて、忘れてしまっても…忘れていただけで、あの頃から好きな気持ちは、ずーっと変わらない。

また、会えて良かった。

味をしめた叶は、卒業まで早朝に部室で、ディフェンダーの再放送を視聴し、順調に特オタへと返り咲いたのだ。
きっかけを与えてくれたじいばあに、一言お礼がいいたいな。そう叶は思うのだった。

二次会への移動中、早く着いた一行はDVDショップで時間を潰すことにする。
DVDショップ「心機一転」店長はじいばあだった。

感想

今回は叶が特撮に返り咲いた、切っ掛けとなったお話からのスタートでした。
エマ―ジェイソンの言葉が素晴らしく、叶の思い出として断片しか知らない筈なのに、涙腺が緩んでしまいました。

他にもフィギュアのポージング、ミニチュアの撮影テクニック、友人の推してくる作品がつまらない、叶のお誕生日会(26歳から27歳になりました。)など見どころ一杯です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

広告

-漫画完結作品
-, ,

関連記事

新宿

GIGANT ギガント 第四巻 あらすじ・感想

GIGANT ギガント 4 ビッグコミックススペシャル 著:奥浩哉 出版社:小学館 GANTZ、いぬやしきの奥浩哉さんの描くSFファンタジー。 零を救う為、破壊神と戦い辛くも勝利を収めたちほでしたが街 …

稲

漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件 1 イブニングKC 原作:クマガエ 漫画:宮澤ひしを 出版社:講談社 漫画誌の編集者だった佐熊陽平は入社以来、ずっと担当していた漫画誌が休刊と …

桜

えびがわ町の妖怪カフェ 第六巻 登場人物・あらすじ・感想

えびがわ町の妖怪カフェ 6 ヤングアニマルコミックス 著:上田信舟 出版社:白泉社 えびがわ町での妖怪と料理に彩られた田舎暮らしもこれでおしまい。 まなと母親の事、そして佐吉の秘密も語られる最終巻です …

桜

着たい服がある 第五巻 登場人物・あらすじ・感想

着たい服がある 5 モーニングKC 作:常喜寝太郎 出版社:講談社 KERAの近藤経由で依頼された中国ブランドのモデル。 その事はロリータ服を着たいと思った事、そして小澤と出会い勇気を貰い、実際に着て …

髪の長い女

トシサン ~都市伝説特殊捜査本部第三課~ 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

トシサン ~都市伝説特殊捜査本部第三課~ 2 イブニングKC 著:木村大介 出版社:講談社 都市伝説による被害を捜査・検証・解明する警察内の部署、都市伝説特殊捜査本部第三課の活躍をコミカルに描いた作品 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。