漫画完結作品

えびがわ町の妖怪カフェ 2

投稿日:2019年12月26日 更新日:

トマトえびがわ町の妖怪カフェ 2 ヤングアニマルコミックス
著:上田信舟
出版社:白泉社

一緒に暮らし始めたまなと佐吉。
まなの力がそうさせるのか、彼女は次々と妖怪と縁を結びます。
不思議な者達と触れ合いながら、結構楽しく暮らしていた二人でしたが、彼女を心配して東京からまなの叔母、佳奈が訪れます。

広告

登場人物

小袖の手
着物に残った思いが形を為した妖
今回のモノは高梨家の祖先の思いが元になっているようだ。

古川佳奈(ふるかわ かな)
まなの叔母
東京でライターをしている。
今回は親戚とはいえ、独身の佐吉とまなが一緒に暮らす事に不安を覚え、えびがわ町を訪れた模様。
ビール党。

田の神
稲の成長を見守る神様
狂言の翁の面をつけた老人。
神様らしくお酒が大好き。
彼もお供えが少ないのか飢えている。

雷様
雲に乗り雷を落とすとされる神
古くは古事記にも登場する、日本で昔から知られている神様。
この作品では親子三人で暮らしている。

あらすじ

岐阜、えびがわ町で親戚の佐吉の家で暮らし始めたまな。
豊かな自然が残るこの町には、様々な妖怪も暮らしていた。

そんな彼らと触れ合いながら、佐吉との生活にも慣れ、穏やかで優しい暮らしを楽しんでいたまなの元に、東京から叔母の佳奈が訪ねてきた。

彼女は親戚とはいえ、独身男性と一つ屋根の下でまなが暮らす事を危惧したのだ。
佳奈はその事をストレートに佐吉に尋ねる。

佐吉としてもまなとの生活を楽しんではいたが、押し付けられた形である事に変わりはなく、だったら佳奈が引き取ればいいと返す。
仕事の事を口にして言葉を濁す佳奈に、じゃあ文句を言うなと佐吉はピシャリと言った。

それに対して彼女は、佐吉がどんな人物か確認に来ただけと答えた。
佐吉はそんな佳奈に、ずけずけ言うと少し呆れを含んで返す。
そんな話を二人がしていると、まなが彼女にお水を運んで来た。
佳奈はまなにここでの生活について尋ねる。

まなは微笑みを浮かべ、楽しいと答えた。
友達が出来た事、ご飯がおいしい事等を嬉しそうに佳奈に話す。

その後、ホテルに泊まるという佳奈を佐吉は引き留めた。
彼は家に泊まってまなとゆっくり話せばいいと佳奈に告げた。
その上で、なにかあるなら連れ帰ればいいと続ける。

それを聞いたまなは、不安そうに帰らないといけないのか佳奈に尋ねた。
それに佳奈は無理強いはしないと答える。
その答えを聞き、まなは安心したのかホッとため息を吐いた。

感想

彼女が佐吉の家に留まりたい理由は、楽しいという事も有るのでしょうが、自分の存在が父母の不和の原因となっている事が大きいようです。

彼女は自分の事で言い争っている両親の姿に、心を痛めている様でした。
まなにとって存在する事が当たり前の妖怪を、両親は見る事が出来ず、親としては不安を感じるのは当然でしょう。

まなが両親のもとを離れても、優しく健気なのは両親も周りの大人も、まなに愛情を注いでいるからでは無いでしょうか。
もし彼女の事を疎んじているのなら、まなは人に対して心を閉ざしていたのではと思いました。

まとめ

今回は肉じゃが、餃子、オムライス、ナス田楽などが登場しましたが、中でもだし巻き玉子サンドがとても美味しそうでした。

この作品は白泉社公式サイトにて無料で試し読みが可能です。
作者の上田信舟さんのアカウントはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはpixabayのplanet_foxによる画像です
広告

-漫画完結作品
-, , ,

関連記事

デイジー

ようこそ亡霊葬儀屋さん 2

ようこそ亡霊葬儀屋さん 2 ジャンプコミックス 作:吉良いと 出版社:集英社 霊が視え、彼らと会話する事も出来る葬儀社の社長、烏丸枢(からすま くるる)。 彼にはモデルとして活躍しながら、葬儀や介護等 …

砂漠

逃げる少女 ~ルウム復活暦1002年~ 2

逃げる少女 ~ルウム復活暦1002年~ 2 ボニータ・コミックス 著:紫堂恭子 出版社:秋田書店 何かに追われる少女ジュスベル。 彼女が語る故郷、カルワリアのセミタ村。 元兵士で地理に明るいセスも、そ …

ハンバーガ

アルマ 1

アルマ 1 ヤングジャンプコミックス 著:三都慎司 出版社:集英社 文明が滅び人と機械が争いを続ける時代。 廃墟で暮らしている少年レイは街の周囲の地図を作りながら、平穏に暮らしていました。 空から来訪 …

チベット農村

テンジュの国 1

テンジュの国 1 KCデラックス 著:泉一聞 出版社:講談社 十八世紀、チベット。 山間の村で医師見習いと暮らす少年、カン・シバの家に客人として行商人モシ・バオルが訪れます。 彼は嫁入りする娘、モシ・ …

影絵

トクサツガガガ14

トクサツガガガ14 作:丹波庭 出版社:小学館/ビッグコミック 中村叶、27歳、OL、特撮オタク。 母と対決し、怒りを爆発させた結果、距離を置くことになった叶。 またダミアンとも、社会人という立場上、 …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。