漫画

ブランクスペース 1

投稿日:

ドーナツ
ブランクスペース 1 ヒーローズコミックス ふらっと

著:熊倉献
出版社:小学館クリエイティブ

女子高生の狛江ショーコは片思いの男子に喋り掛けるも、相手にされずその男子に彼女がいる事を知り失恋、帰り道では雨に降られその日は散々な一日となります。

しかし、近道をしようと入った私有地の森の中で、クラスメイトの片桐スイが見えない傘をさしているのを目撃してしまいます。
傘に入れてもらいスイから話を聞くと、彼女は思い描いた物を人には見えない物質として作り出せるエスパーだったのでした。

広告

登場人物

狛江ショーコ(こまえ しょーこ)
女子高生
黒髪ショートの元気な女の子。
発想が真っすぐで少しズレててなんか可愛い。
バトミントン部所属で運動神経はいいが勉強は苦手。

片桐スイ(かたぎり すい)
ショーコのクラスメイト
セミロングの髪を後ろで纏めたそばかす女子。
本好きで様々な本を読んでいる。
思い描いたものを他者から見えない形で作り出す事が出来る。
作り出す物は構造や仕組みをスイが理解すれば、複雑であっても作る事が可能。
大人しくぼっち気質。

あらすじ

スイの見えない傘に入れてもらい私有地の森を抜ける。
見えない傘は人のいる所ではスイは使いたくないらしい。

ショーコは森の出口から近い自宅に彼女を招き、傘を貸す事にした。
二人で家までダッシュし玄関を開けると、ショーコを傘に入れてくれたというスイにショーコの母は感謝し、上がってお茶でもと半ば強引にスイを家に上げた。

ショーコの部屋でお茶を飲みながら力について話す。
乞われるままに透明な鋏を作り出しスイが紙を切ると、ショーコは怯える事無く純粋に驚きを現した。

こんなに驚いたのは緑茶と紅茶が同じ葉っぱと知った時以来だ。
そう感想を述べたショーコを見て、スイは思わず可愛いと笑っていた。

力の事を周囲には秘密にしたまま、ショーコとスイは昼に校舎裏のベンチでたわいもない事をだべる友人として付き合い、季節は巡っていった。

だが進級を期にショーコとスイは別のクラスになってしまう。

それでも二人は相変わらず校舎裏のベンチで昼を共にしていた。
スイはショーコには変わらない様子を見せていた。
しかし、大人しく主張しない彼女はクラスではいじめの標的にされていた。

感想

スイの力はかなり複雑な物まで造れます。
それはトースターや拳銃、知識さえあればミサイルや生命まで。

そんな彼女はいじめによって、危険な方向へと進もうとしていました。
それを知ったショーコによってスイの作る物は別の方向へ向かうのですが……。

ストレスにより力が暴発し、自らを傷付けていたスイ。

一巻終盤のショーコとのシーンを読んでいると、スイにショーコがいて本当に良かったと感じます。
ショーコがいなければ、スイはもっと早く自分の計画を実行していた様に思いました。

まとめ

ラストのショーコの発想、やっぱり少しズレてて面白かったです。
その発想を受けてスイが作ったモノがどんな結果を引き起こすのか、次が楽しみです。

こちらは公式サイトコミプレにて一部無料で閲覧いただけます。

作者の熊倉献さんのツイッターはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのbluebudgiによる画像です。
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

ランドセル

妻、小学生になる。 1

妻、小学生になる。 1 芳文社コミックス 作:村田椰融 出版社:芳文社 十年前、妻を亡くしそれをずっと引きずっていた新島圭介。 家庭は暗く沈み、一人娘との会話もほぼ無く、夕食はコンビニ弁当二人黙って食 …

鯨 骨格

へんなものみっけ! 2

へんなものみっけ! 2 ビッグコミックス著:早良朋出版社:小学館 博物館への出向。最初は乗り気でなかった透でしたが、清棲の仕事を手伝ううち博物館の仕事に魅力を感じ始めます。余り知られていない博物館の裏 …

子猫

愛しの国玉 1

愛しの国玉 1 シルフコミックス 著:アッチあい 出版社:KADOKAWA 大学生の日野真(ひの まこと)は参考書を取りに実家に戻ったある日、言葉をしゃべる人と猫が混じった様な変なモフモフと出会います …

鹿

クマ撃ちの女 2

クマ撃ちの女 2 BUNCHコミックス 作:安島薮太 出版社:新潮社 カズキを囮にする形で熊を狩ったチアキ。 この巻では彼女が人を犠牲にしてまで熊を狙う理由が語られます。 登場人物あらすじ感想まとめ …

樽

ヴィンランド・サガ16

ヴィンランド・サガ16 アフタヌーンKC 作:幸村誠 出版社:講談社 エイナル、レイフ、ギョロと共にハーフダンのもとを訪れたトルフィン。 そこでレイフの義理の妹、グズリーズと出会う。 彼女は夫に先立た …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。