漫画完結作品

ロスト・ラッド・ロンドン 2

投稿日:2021年1月19日 更新日:

ピザ
ロスト・ラッド・ロンドン 2
 ビームコミックス
著:シマ・シンヤ
出版社:KADOKAWA

ロンドン市長殺害事件。
刑事のエリスは殺害現場の地下鉄で市長のそばにおり、更に殺害の凶器らしいナイフを所持していた大学生アルを白だと踏み、彼と二人真犯人を探し始めました。

アルが犯人では無いなら、ナイフを仕込めたのは同居人のカラムが可能性が高い。
そう考えたエリスは彼に話を聞こうとしますが、カラムは既に地下鉄の線路へ飛び込み亡くなった後でした。

広告

登場人物

グラント
刑事
赤毛の若い刑事。
恐らくキャリアで事件を主導し早期解決に躍起になっている。
アルを犯人と決めつけ、それを基準に捜査を行っている。

ロイス・キング
殺された市長の息子
黒髪のハンサムな青年。16歳
事件にショックを受けた家族を気遣う。

エマ・キング
市長の妻
金髪の白人女性。
夫の死にストレスを感じ頭痛薬を常用している。
市長との夫婦仲は子供達によって保たれていたようだ。

リリー・キング
市長の娘
金髪の少女。12歳
父の死にショックを受け塞ぎこんでいる。

あらすじ

何か知っていたかもしれないカラムの死。
エリスははカラムの携帯が現場から消えている事を突き止め、犯人がカラムを突き飛ばし、携帯を持ち去った可能性を考える。

一方、アルはエリスに言われ、自分を生んだ実母との接触を図る。
アルが事件の犯人にされた理由、エリスはそれを彼自身に求めたのだ。
それによって辿り着いた真実。
それは亡くなったアルの母親アヴァニ・バトラーはかつてキングとかなり親密な関係だったという事だ。

叔母から貰った母とキングが一緒に映った写真でアルがその事を知った直後、彼の部屋に同じ写真が届けられる。
写真にはキングの顔がマジックで丸く囲まれていた。

事件とアルを結びつける物、それはアルが市長の息子ではないかという物だった。
写真を届けたのは恐らく真犯人だろう。

エリスはアルに部屋から出て実家に戻る様に促すが、アルは家族を危険に晒す事を考えそれを拒否。
エリスは仕方なく自分の家で身を隠す事をアルに提案した。

感想

あらすじは一巻のダイジェストになってしまいました。
なので少し追記を、エリスの家に身を潜めたアルは捜査を主導するグラントによって取り調べを受ける事になります。

グラントは早期解決を得たいが為、南アジア系のアルを犯人にしたい様でした。

この作品ではアルの他、エリス、ユキなど人種や性別に対する白人からの差別が描かれています。
それはあからさまな物では無いですが、肌の色や性別、貧富の差によって意見を聞かれなかったり、聴取もされなかったりと様々です。

この巻では作中、エリスとユキの過去でそんなシーンが描かれました。
他の刑事が着任したユキをミス・ゲイシャと呼んだ事にエリスが憤る場面、そしてその後の二人の会話。

白人社会の中で、そして男性優位の警察の中でエリスとユキは仲間として戦ってきたのだろうと感じました。

今回、そのエリスとユキの会話が印象に残りました。

エリス:今日の天気は君だな。
ユキ:冷たくて厳しい?
エリス:名前、日本語で雪って意味だろう。
ユキ:調べたの?
エリス:俺も刑事だからな

文化、言葉を知る事、未知は恐怖であり知らない事は認識を歪める。
エリスはそんな状況を打破する為、常に知る努力をしている様に感じました。

まとめ

犯人の姿は見えず、味方は少ない。
そんな状況の中、アルとエリスは警察の追及を逃れ話し合いながら独自の捜査をしていきます。

次巻も楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この作品はComicWalkerにて、一部無料で閲覧可能です。

※イメージはpixabayのjamesoladujoyeによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , ,

関連記事

ケーキ

逃げる少女 ~ルウム復活暦1002年~ 3

逃げる少女 ~ルウム復活暦1002年~ 3 ボニータ・コミックス 著:紫堂恭子 出版社:秋田書店 黒呪術師カイルの導きで忌地、旧魔国「イドラグール」に向かっていたセスとジュスベル。 そのカイルは夢見の …

手書き原稿

カイニスの金の鳥 4

カイニスの金の鳥 4 著:秦和生 出版社:イーストプレス アランがリアである事をマイルズに知られたリア。 好きだとマイルズから告白されたアラン(リア)は、女性である事で認められなかった過去からマイルズ …

爆発

トクサツガガガ5

トクサツガガガ5 作:丹波庭 出版社:小学館/ビッグコミック 中村叶、26歳、OL、特撮オタク。 同僚の北代さんと絆を深めた叶。吉田さんや任侠さん、みやびさんとのカラオケナイトも開催し、少しずつ仲間も …

ヘラジカ

狩猟のユメカ 3

狩猟のユメカ 3 イブニングKC 著:古部亮 出版社:講談社 オリックスのシュージャーとタッグを組み、異変の起こった世界でサバイバルをしていた猟師のユメカ。その道中で出会った少年、チナツ。 彼を同じく …

ワイン

白暮のクロニクル 8

白暮のクロニクル 8 ビックコミックス 著:ゆうきまさみ 出版社:小学館 羊殺しを題材にした映画は、主演俳優が毒殺されお蔵入り、更に追い詰められた犯人の自殺によって、謎を残したまま終わります。 あらす …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。