漫画完結作品

トクサツガガガ2

投稿日:2019年1月5日 更新日:

山頂トクサツガガガ2
作:丹波庭
出版社:小学館/ビッグコミック

中村叶、26歳、OL、特撮オタク。
職場で趣味を隠しながら生きる叶であったが、プライベートでは吉田さん、ダミアン、任侠さん等のオタク仲間も少しずつ増え、彼女の特撮ライフは充実したものに変わっていった。

しかし、母の来訪で彼女の心は敗北感に打ちのめされるのであった。

広告

第10話 理想の男性

あらすじ
母が来訪し、押しの強さから合鍵を渡してしまった叶は、敗北感で心が弱っていた。
普段なら断る登山の誘いを受けてしまったのも、それが原因だろう。
躓いた叶をガイドの男性が手を取って支える。
「大丈夫?」と問いかける彼の顔を見て、叶はときめいた顔を見せる。

その表情を見た同僚は、叶とガイドの男性をくっつけようと画策する。
叶に憧れている小野田は気が気ではないが、計画は進んでしまう。
叶自身、彼の顔をよく見たいと思っていた。
山頂で二人きりになった叶は彼の顔を見て、やっぱり間違ってなかったと確信する。

出会いは一期一会、これっきりと思って、大胆になった方がいいよ。
同僚の言葉に押され、叶は彼にお願いした。

吠えてもらっていいですか…」
顔を赤らめて頼む叶に、ガイドの男性は戸惑いながら応えた。
山にこだまする雄たけびを聞きながら、叶は思う。
やっぱりこの人、シシレオー役の大地君に似てる。
叶の目には雪山で吠える獣将王のオープニングが映し出されていた。

特撮は約五十話、今はまだ登りの時間。
この時期の大敗退は、パワーアップやクライマックスへの、華々しい布石。
めげる事なんてないんだ。叶は彼にお礼を言って、晴れ晴れとした顔で山の空気を楽しむのだった。

感想

今回の見どころとしては、叶の心の叫び。
本を読みたい!テレビを見たい!帰って寝たい!は何故「用事」として認められないのか!でしょうか。
上記のセリフは土曜出勤で駆り出された、叶が合同イベント後の飲み会の誘いを、断れなかった時の気持ちを表したものでした。

皆でわいわい飲み会で騒ぐのが好きな人もいれば、一人でゆっくりする時間が至上の喜びの人もいると思います。
私も後者なので、強制参加の飲み会などは大変苦手です。

広告

-漫画完結作品
-, ,

関連記事

白鳥

着たい服がある 4

着たい服がある 4 モーニングKC 作:常喜寝太郎 出版社:講談社 バイトを辞めショップで働き始めた小澤。 忘れ物を渡すという事を口実に、マミはニューヨークへ買い付けに行く小澤と空港で会う事が出来まし …

雪

猫又まんま 2

猫又まんま 2 モーニングKC 作:保松侘助 出版社:講談社 猫又の五目が書いた(環はペンを持てないので、彼女の筆跡を真似て五目が代筆している)環のレシピで、佐分太の食生活は随分と彩を増してきました。 …

水蓮

水蜻蛉の庭(庭先塩梅 第1巻・庭先案内 第7巻)

水蜻蛉の庭 ビームコミックス著:須藤真澄出版社:エンターブレイン 須藤真澄さんの描く、庶民的な暮らしの中に不思議を織り込んだ日常系ファンタジー。庭先案内の続編第一弾。名前は変わりましたが、内容的には庭 …

トクサツガガガ 19

トクサツガガガ 19 ビッグコミックス 作:丹波庭 出版社:小学館/ビッグコミック 中村叶(なかむら かの)、27歳、OL、特撮オタク。 兄に便乗し東京に来た母。 友人として彼女と接していこうと決めた …

浴衣

えびがわ町の妖怪カフェ 5

えびがわ町の妖怪カフェ 5 ヤングアニマルコミックス 著:上田信舟 出版社:白泉社 様々な経験をしながら過ごす夏の日々。 まなにとって初めての事ばかりだったその夏休みの日々も、残り少なくなり、まな自身 …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。