漫画完結作品

メタモルフォーゼの縁側 5

投稿日:

縁側
メタモルフォーゼの縁側 5

著:鶴谷香央理
出版社:角川書店

コミティアに参加し自分で描き上げた漫画を販売したうらら。
結果は雪が買ってくれた一冊と、女性が買った二冊。
売り上げは三百円。
ですが、その三百円はうららにとって大切な物になりました。

広告

あらすじ

コミティアが終わり、本格的に受験勉強に取り掛かったうらら。
そんなうららに気を使い雪も彼女に連絡を取る事は控えていた。

そんな日々も過ぎていき、二人を結び付けた漫画「君のことだけ見ていたい」も最終回を迎える。
会うのを控えていたうららと雪だったが、雑誌を買ったうららはどうしても雪と会いたくなり連絡を取った。

二人は親に隠れて会うカップルの様に合流し、いつものファミレスで最終回の感想を話し合った。

その後、作品の完結と第四巻の発売を記念して、作者のコメダ優のサイン会が開かれる事になった。
サイン会は抽選だったが無事二人とも抽選に当たり、サイン会には参加できる運びとなった。

うららが幼馴染のつむっちの頼みで少し遅れる事になり、雪は一人でサインの列に並ぶ事になった。
いよいよ雪の番となり、コメダに作品の主役の一人、佑真を描いて欲しいと伝える。

イラストを描きながら、コメダは雪に五月のコミティアの事を話し始めた。
コメダはうららの本を見て、行き詰っていた時だったから元気が出たと微笑んだ。

憧れの漫画家が自分の本を読んでくれた。
それを聞いたらうららはどんなに喜ぶだろう。
雪は本を描いたのは自分では無くうららで、彼女はうしろに並んでいる筈と説明しようとした。

だがサイン待ちの人々がいる事で、スタッフは二人の話を打ち切ろうとする。
雪はそんなスタッフをちょっと待って下さいと制止し、コメダに思いの丈をぶつけた。

「今日 彼女も来てるんです。後ろの方に並んでいると思うんですけど……この漫画のおかげで私たち お友達になったんです。描いて下さってありがとうございました」

そう言った雪をコメダはポカンとした表情で見返していた。

感想

この巻で作品は完結です。
あらすじで書いた雪の言葉、その後の展開、そしてうららが言った

「今日は完ぺきな日でした」

というセリフまで、流れがとても美しくて凄く感動しました。

漫画が本来であれば出会う筈の無かった二人を結び付け、それによりうららは漫画を描き、雪は行く筈の無かったイベントに参加し作者に直接お礼を言う。

一冊の本が人を繋げ変えて行く。

それは読者であるうらら達だけでなく、作者であるコメダにも波及している様に読んでいて感じました。
人は無関係に見えても、互いに影響を与え変化しながら生きている。

最終巻を読んでそんな事を思いました。

まとめ

静かで優しくて暖かい、よく晴れた春の日の縁側の様な読んでいてずっと気持ちいい、そんな完ぺきな物語でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの作品はコミックNewtypeでも一部無料でお読みいただけます。
作者の鶴谷香央理さんのアカウントはこちら

※イメージは ぱくたそ の ぱくたそ運営事務局 の画像です。
広告

-漫画完結作品
-, ,

関連記事

珊瑚

木珊瑚の島(庭先塩梅 第5巻)

木珊瑚の島 ビームコミックス著:須藤真澄出版社:エンターブレイン 須藤真澄さんの描く、庶民的な暮らしの中に不思議を織り込んだ日常系ファンタジー。庭先案内の続編、庭先塩梅第五弾。 各話あらすじ感想まとめ …

ひよこ

ぽんこつポン子 2

ぽんこつポン子 2 ビッグコミックス 作:矢島圭太 出版社:小学館 試用期間一週間だけという約束だったポン子との生活も、気が付けば夏を迎えていました。 ポン子は町の住民たちにも、吉岡さんちのお手伝いロ …

海と貝がら

果ての星通信(しょうつうしん) 3

果ての星通信(しょうつうしん) 3 PASH!COMICS 作:メノタ 出版社:主婦と生活社 マルコの心臓を奪った怪魚、ヨルワンガの情報を求め第8銀河図書館を訪れたマルコ達。 図書館に併設された市場の …

草原と山

逃げる少女 ~ルウム復活暦1002年~ 1

逃げる少女 ~ルウム復活暦1002年~ 1 ボニータ・コミックス 著:紫堂恭子 出版社:秋田書店 元兵士のセスはグリセオの森と呼ばれる広大な森で、行き倒れていた少女と出会います。 彼女はセスが近づくと …

カメラ

白暮のクロニクル 7

白暮のクロニクル 7 ビックコミックス 著:ゆうきまさみ 出版社:小学館 羊殺しに酷似した殺人事件は終わり、雑誌等で報道がなされるなか、羊殺しを題材にした映画が新作発表されます。 また事件の調査の過程 …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。