小説 小説長編

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン2

投稿日:2019年1月2日 更新日:

スクロールゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン2
著:蝸牛くも
画:足立慎吾
キャラクター原案:神無月登
出版社: SBクリエイティブ GA文庫

ゴブリンスレイヤーがいつもの仕事で手に入れた、魔法の指輪。
台座の宝石の中に灯を灯す指輪の鑑定に紹介されたのは、偏屈な女魔術師でした。

本編の前日談を描く、外伝の第二弾です。

広告

冒頭部分 あらすじ

苔むした石造りの遺跡に小鬼の声と女の叫びが響く。
遺跡漁りの冒険者を捕らえ、男は食料に女は欲望のはけ口にされた。
見張りの小鬼が自分も混ざろうとした時、口をふさがれ喉の上を刃が走った。
自分の血で溺れ、見張りの小鬼は絶命した。

「一つ」
男は小鬼が死んだのを確かめ、剣を血ぶりして鞘に叩き込む。
小鬼の手槍を確認し、それを腰帯に手挟んだ。
死体を隠し、声のする方へ慎重に近づく。
小鬼どもが火で炙られた鉄棒を女の肌に押し付けている。
女をいたぶっていた小鬼の数を確認する。

四匹、うち一匹は巨体だった。田舎者と呼ばれるゴブリンだ。
悲鳴を上げる女を肴に宴を続けるゴブリンに、気づかれないように男は石壁をよじ登る。
そこから小鬼めがけて飛び降りた。鎧兜を纏った重量が小鬼の肉体を地面に倒し、隙を与えず首を踏み折る。

次いで投げられたナイフが喉を貫く。腰の手槍を抜き、背後にいた小鬼を背中から突く。
仲間を殺された田舎者が怒りに声をあげ棍棒を振りかぶった。
叩き付けられた棍棒をかわし、女に声をかける。
女の反応は鈍く、動くことは出来なさそうだ。

男は熱された鉄棒を蹴り、田舎者が熱さに怯んだ隙に懐へ飛び込んだ。
棍棒を手元で受け、勢いを逸らす。同時に右手の剣を小鬼の腹に突き立て捻る。
棍棒を取り落とした小鬼の絶叫を聞きながら、終わったかと油断した彼の頭を田舎者が殴りつけた。

揺れる視界の中で、手探りでつかんだものを叩きつけた。
何度も振り下ろし小鬼の声が途絶え、びちゃと水音が響くだけになって、ようやく男は手にしたものを見た。
そこには小鬼が焚火につかった燃えさしが握られていた。
生存者の娘たちを運び、比較的綺麗な布をかけてやる。

少し待てと言って彼は小鬼の戦利品を漁った。
以前子供の小鬼を見たことがあったからだ。
汚物の中に固い感触を感じた。取り出してみるとそれは指輪だった。
指先で汚れを落とすと、台座に据えられた石の中で灯りが燃えていた。

彼は無造作にそれを雑嚢へ押し込み、次の予定について考えた。
薄汚れた皮鎧と安っぽい鉄兜、左手に括り付けた円盾、中途半端な長さの剣。
彼は辺境ギルドでゴブリンスレイヤーと呼ばれていた。

今回の見どころ

・弧電の術士(アークメイジ)の言葉
彼女との冒険は、ゴブリンスレイヤーに大きな影響を及ぼします。
彼が口にする「無理や無茶をして勝てるなら、誰だって苦労はしない」は元は彼女の言葉でした。
彼女と共に過ごす事で、ゴブリンスレイヤーはゴブリンの思考や傾向を考えるようになります。

※見どころはあくまで私見です。

感想

今回のお話は、ゴブリンスレイヤーが魔法の指輪を手に入れた所から始まります。
鑑定を頼んだのは偏屈な女魔術師でした。
依頼を受け、ゴブリン退治を続けるゴブリンスレイヤーは、やがて彼女と共にある塔に赴くことになります。

本編で彼が使っていた巻物や指輪の由来が解るお話でした。
魔女や牛飼娘が初々しく、とても可愛いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

広告

-小説, 小説長編
-, ,

関連記事

城

十二国記 風の万里 黎明の空 上

風の万里 黎明の空 上 著:小野不由美 画:山田章博 出版社: 新潮社 新潮文庫 十二国記の第四作目、慶国(けいこく)にて登極間もない陽子、芳国(ほうこく)で国王であった父を殺された祥瓊(しょうけい) …

入道雲

これはこの世のことならず

これはこの世のことならず 著:堀川アサコ カバー挿画:こより 出版社: 新潮社 新潮文庫 盲目の娘、千歳は津軽で巫女(イタコ)を生業としている。 彼女は亡くなった夫に会いたい一心で、地元では大家として …

塔

死者は弁明せず ソード・ワールド短編集

死者は弁明せず 安田均 編 山本弘 他 イラスト 米田仁士 富士見ファンタジア文庫 テーブルトークRPG「ソード・ワールドRPG」の世界フォーセリアを舞台にした短編集、第十二作目。 今回の短編集は「マ …

夕暮れ

鵺姫真話

鵺姫真話 ソノラマ文庫 作:岩本隆雄 出版社:朝日ソノラマ プロジェクト。 そう呼ばれる宇宙計画の第一歩である人工島から、一人の少女が飛行機に乗り日本に帰国します。 川崎純、十六歳の高校二年生。 彼女 …

剣

十二国記 白銀の墟 玄の月 4

白銀の墟 玄の月 4 著:小野不由美 画:山田章博 出版社: 新潮社 新潮文庫 十二国記の第九作目、その第四巻目。 今回は読み終えての感想を書きたいと思います。 感想まとめ 感想 前作「黄昏の岸 暁の …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。