小説 小説短編

死んでもいい

投稿日:

ナイフと不審者死んでもいい
著:櫛木理宇
出版社:早川書房

ホーンテッド・キャンパスの櫛木理宇さんのミステリー短編集。
書き下ろし二本を含む計六篇が収録されています。

広告

各話あらすじ

死んでもいい
河石要(かわいし かなめ)は同じクラスの樋田真俊(ひだ まさとし)が殺された事で警察に任意同行を求められる。
彼は樋田から日常的に暴力を受けていた。
更にナイフを購入していた事も分かっている。

虐めから逃れる為、要が樋田を殺害したと警察は考えたのだろう。
しかし要は、こんな事になるなら僕が殺しておけばよかったと思った。

ママがこわい
梨央(りお)は娘の通う幼稚園に新たに入園してきた親子について、両親に不満を吐き出していた。
その傍若無人な母親と双子の息子たちは、彼女の平穏な暮らしを破壊した。

からたねおがたま
叔父の死をきっかけに悟郎(ごろう)は数十年ぶりに生まれ育った町に戻った。
そこでの元義姉の祥子(しょうこ)との再会が、彼の記憶を呼び覚ます。

その一言を
刑事の守屋は目の前の被疑者に厄介だとため息をついた。
麻生直美(あそう なおみ)と名乗ったその女は、被害者の夫を自分の夫だと言って笑みを浮かべたからだ。
彼女は被害者の夫、麻生正弘(あそう まさひろ)のストーカーだった。

彼女は死んだ
東京で士業に従事している金矢は、三十年の時を経てかつて暮らしていた与里浜町を訪れた。
彼はその町で自分が茫漠としていた少年時代の記憶を思い起こす。
かつてこの田舎町で起こった一つの殺人事件を。

タイトル未定
作家の櫛木理宇はある時、担当者からファンレターを転送される。
其処には自分の熱烈なファンである事と共に、脳内のアイデアを盗作したという訴えが記されていた。

感想

今回収録された作品は、物語的に後味の悪いバッドエンド的な物が多かった様に思いました。
勿論、それが悪いとかでは無く、小説や映画等でも数多く存在する後味悪い系だったというだけです。

ただ、そういう作品が好きではない方には、余りお勧めできないかなと思います。

しかし、逆に言えば後味の悪さの大きさはそれだけ作品にのめり込んでいた証とも思えます。
登場人物に自分を投影していたからこそ強くそう感じた訳ですし、文章や構成の巧みさがそれを生んだのだと感じます。

まとめ

後味が悪いと感想には書きましたが、作品自体はとても面白く読む事が出来ました。
絵の無い小説だから出来る展開がとても楽しかったです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

作者の櫛木理宇さんのTwitterはこちら

※イメージはpixabayのTumisuによる画像です
広告

-小説, 小説短編
-,

関連記事

刀

隣り合わせの灰と青春

隣り合わせの灰と青春 幻想迷宮ノベル 作:ベニー松山 出版社:幻想迷宮書店 狂王トレボーの支配する城塞都市、その地下には広大な迷宮が広がっていた。 地下迷宮にはトレボーから、力の源である護符を奪った魔 …

雪山

ゴブリンスレイヤー5

ゴブリンスレイヤー5 著:蝸牛くも 画:神無月登 出版社: SBクリエイティブ GA文庫 ゴブリン退治しかしない冒険者、ゴブリンスレイヤーの物語。 今回の舞台は雪山です。 冬のある日、ゴブリンスレイヤ …

雨

後宮の烏 3

後宮の烏 3 著:白川紺子 画:香魚子 出版社: 集英社 集英社オレンジ文庫 後宮の最奥、夜明宮(やめいきゅう)と呼ばれる殿舎に住む烏妃(うひ)寿雪(じゅせつ)の物語。 烏漣娘娘、それを奉ずる烏妃。 …

競技場

ホーンテッド・キャンパス 最後の七不思議

ホーンテッド・キャンパス 最後の七不思議 著:櫛木理宇 画:ヤマウチシズ 出版社: 角川書店 角川ホラー文庫 大学を舞台にしたオカルトミステリー第十七弾。 十二月、世間はクリスマスムード一色に染まって …

海

スチャラカ冒険隊、南へ ソード・ワールド短編集

スチャラカ冒険隊、南へ 安田均 編 山本弘/清松みゆき 他 イラスト 草なぎ琢仁 富士見ファンタジア文庫 テーブルトークRPG「ソード・ワールドRPG」の世界フォーセリアを舞台にした短編集、第六作目。 …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。