小説 小説長編

ゴブリンスレイヤー3

投稿日:2018年12月25日 更新日:

麦ゴブリンスレイヤー3
著:蝸牛くも
画:神無月登
出版社: SBクリエイティブ GA文庫

ゴブリンスレイヤーが活動する辺境の街も秋を迎え、街は収穫祭を控えにわかに盛り上がっています。
今回は収穫祭の様子と、そんな祭の影で暗躍する者達との戦いが描かれます。

広告

冒頭部分 あらすじ

牧場のはずれにある小さなレンガ造りの小屋。
そこで一人の少女が汗を掻きつつ、作業にいそしんでいる。

小屋の中には大量の豚肉が吊られている。
煙に燻され油を滲ませて、それが何とも食欲をそそる香りを発していた。

この時期ベーコンを作るのは毎年の事だ。
いつもは手伝ってくれる男は今日は仕事で不在だった。
強張った体をほぐし、実って黄金色になった麦畑に目をやる。

夜明けの光を受けて麦畑が輝く。
渡る風が麦の穂をなびかせ、まるで黄金の海のようだ。

日差しを受けて一番鶏が鳴く。
街から炊事の煙が上がった。
不意に吹き抜けた風に冷たさを感じて、牛飼娘は身震いをした。
夏が過ぎ、季節は秋へと移り変わっていた。

彼が帰ってきたら、出来立てのベーコンで、シチューを作ろう。
彼女も心が浮かれているようだ。
仕方がない、秋は祭の季節なのだから。

ゴブリンスレイヤーは平素と変わらず、ゴブリンを狩っていた。
村の鉱山を占拠したゴブリンの排除が今回の依頼だ。

占拠されて半月ほど経っている。女も攫われているが、子をなすほどの時間はないだろう。
しかし、囚われたものが生きている可能性もあるので、毒や水攻めは使えない。

今回は、ゴブリンスレイヤーと女神官の二人で、依頼に当たっていた。
彼はゴブリンどもを屠りながら、その装備がやけに整っている事に気が付いた。

ゴブリンから装備を奪い、襲い掛かって来た敵をしとめた。
女神官は周囲を確認する。
後続はない、入り口側も敵影はなかった。

移動するぞと女神官に声かける。
手にした鶴橋に真新しい土が、こびり付いているのを女神官に見せ、彼は言った。

「俺ならば横穴を掘って奇襲をかける。」

今回の見どころ

・魅力的なヒロインたち
やはり今回は、ゴブリンスレイヤーと彼の周りの女性たちが注目どころでしょうか。
牛飼娘と受付嬢とのデートシーンや、女神官の神楽等、これぞ祭といったシーンが多く描かれます。
イラストの神無月さんの口絵も素晴らしいです。

※上記はあくまで私見です。

感想

今回は秋の収穫祭のお話です。

彼は常は「そうか」と「ああ」いがいは殆ど口にしないのですが、妖精射手に祭の時はそれを禁止されてしまいます。
その甲斐あってか、彼にしては饒舌でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

広告

-小説, 小説長編
-, ,

関連記事

桜

春の魔術

春の魔術 著:田中芳樹 イラスト:ふくやまけいこ 講談社文庫 大学生の能登耕平と小学生の来夢が活躍する長編ゴシック・ホラー シリーズ完結作。 冒頭部分あらすじ1あらすじ2感想まとめ 冒頭部分あらすじ1 …

亀

未来放浪ガルディーン外伝(1) 大出世。

未来放浪ガルディーン外伝(1) 大出世。 著:火浦功 画:出渕裕・ゆうきまさみ 出版社: 角川書店 角川スニーカー文庫 本編第一巻の一話目で、父の仇であるジョージ<無謀王>ヴァルマーを打ち取ったフレイ …

ホーンテッド・キャンパス

ホーンテッド・キャンパス 著:櫛木理宇 画:ヤマウチシズ 出版社: 角川書店 角川ホラー文庫 八神森司は幽霊が視えてしまう心霊体質です。 彼は視えてしまうことを疎ましく思っています。 なぜならただ視え …

人魚

妖怪解析官・神代宇路子の追跡 人魚は嘘を云うものだ

妖怪解析官・神代宇路子の追跡 人魚は嘘を云うものだ 著:峰守ひろかず 画:七原しえ 出版社:KDOKAWA/メディアワークス 暴走気味な新米刑事(作中早々と刑事を辞職)「御堂陸」と謎多き美人解析官(私 …

柴犬

十二国記 風の海 迷宮の岸

風の海 迷宮の岸 著:小野不由美 画:山田章博 出版社: 新潮社 新潮文庫 十二国記の第二作目、幼い麒麟が迷いながら、王を選ぶまでの物語。 冒頭部分 あらすじ感想 冒頭部分 あらすじ 雪が舞う冬の庭で …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。