小説 小説長編

ゴブリンスレイヤー 第十巻 冒頭部分あらすじ・感想・印象に残ったもの

投稿日:2019年3月16日 更新日:

葡萄
ゴブリンスレイヤー10

著:蝸牛くも
画:神無月登
出版社: SBクリエイティブ GA文庫

ゴブリン退治しかしない変わった冒険者、ゴブリンスレイヤーの物語、第十弾。
今回は不名誉な噂を流された女神官の先輩、葡萄尼僧とその陰で暗躍する混沌の勢力のお話です。

ゴブリンスレイヤーは、いつも通りゴブリン退治をします。

広告

冒頭部分 あらすじ

女神官と二人、ゴブリン退治に赴いていたゴブリンスレイヤーは、女神官から地母神の寺院で行われる、ぶどう酒作りについて話しを聞く。

仕事を終え、受付嬢に報告をする。
今回は少し規模が大きく、魔狼を飼っていた事を女神官が受付嬢に話している。

報告を終え、報酬を山分けし、ギルドに来ていた牛飼娘に注意され、女神官に着替えて来るように促し仲間の下へ向かう。
仲間の下で着替えを終えた女神官と共に、今回のゴブリン退治について説明した。

今回仲間の三人には、地母神の寺院の葡萄園の警備に当たってもらった。
ゴブリン退治の依頼と重なったため、女神官はゴブリンスレイヤーに同行したという訳だ。

話題は葡萄園からぶどう酒へと変わっていた。
鉱人道士は酒には目がないようで、出来た酒をぜひ呑ませてほしいと口にした。
女神官は照れながら私達が作ったものでよければとそれに答えた。

ぶどう酒づくりは毎年行っているらしく、収穫祭で振舞われる酒も寺院で作っているそうだ。
酒宴は進み皆かなり出来上がった頃、チーズを獣人女給に注文した蜥蜴僧侶が、葡萄園のはずれに小さな足跡があったと告げる。

即座にゴブリンだとゴブリンスレイヤーは答えた。
葡萄園にむかい、足跡を確認する旨を蜥蜴僧侶に伝える。
話しのキリが良い所で、獣人女給がチーズが盛られた皿をテーブルに置いていく。

巾着状に誂えられたチーズを一つ、丸呑みするように食べ蜥蜴僧侶は叫んだ。

「おお、甘露!」

印象に残ったもの

・水の街でのランナーの話
水の街での仕事の様子はまるで、文体や雰囲気がシャドウランを読んでいるような感覚になりました。
昔大好きでリプレイや漫画を読んでいたので、懐かしい気持ちになりました。

広告

感想

今回は混沌勢力の暗躍で、様々な場所が舞台になっています。
その中でも水の街での一幕はシャドウラン*を思わせるものでした。

他にも古の名剣のルビがカシナートだったり、様々な個所で過去の作品へのオマージュが見られます。
この作品は物語としても大変面白いですが、元ネタを知っているとより一層楽しめると思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

*シャドウラン
近未来を舞台にしたTRPG。
魔法や神話生物が復活し普通の人間からエルフやドワーフ等の亜人が生まれた。

銃と魔法、サイボーグ(生身の肉体にサイバーウェアを組み込んで反射速度、筋力などを強化している。極限までサイバーウェアを組み込み戦闘マシーンと化した者はストリート・サムライと呼ばれる)ハッカーなどが混在する世界で、ランと呼ばれる非合法な仕事を請け負うランナーたちの活躍を描いた作品。

亜人たちは人から排斥され、暴動を起こした過去があったりと社会問題も組み込んでいる。

Jill WellingtonによるPixabayからの画像です。
広告

-小説, 小説長編
-, , ,

関連記事

月

十二国記 月の影 影の海 上 冒頭部分あらすじ・感想

月の影 影の海 上 著:小野不由美 画:山田章博 出版社: 新潮社 新潮文庫 十二国記の第一作目、女子高生の中嶋陽子が王として、人として踏み出すまでを描いた物語。 冒頭部分 あらすじ 中嶋陽子は女子校 …

翼

十二国記 図南の翼 冒頭部分あらすじ・感想

図南の翼 著:小野不由美 画:山田章博 出版社: 新潮社 新潮文庫 十二国記の第六作目、恭国に住む十二歳の少女、珠晶(しゅしょう)は王の不在により困窮していく国を憂う。 まわりの大人が誰一人昇山しない …

月

道士リジィオ 第二巻 夢みる佳人 各話あらすじ・感想

道士リジィオ 夢みる佳人 著:冴木忍 イラスト:鶴田謙二 富士見ファンタジア文庫 類稀なる美貌と強力な道士の力、そして莫大な借金を背負った男。リジィオの冒険譚。   各話のあらすじと感想 夢 …

失踪HOLIDAY

失踪HOLYDAY 乙一 角川スニーカー文庫 短編の名手、乙一さんの初期の短編集。 この短編集には二作収録されています。 各話のあらすじや感想など  しあわせは子猫のかたち あらすじ 主人公の大学生、 …

猫

新宿もののけ図書館利用案内 第二巻 登場人物・各話あらすじ・感想

新宿もののけ図書館利用案内 2 メゾン文庫 著:峰守ひろかず 画:Laruha(ラルハ) 出版社:一迅社 新宿・舟町の住宅街、そこにある本姫図書館は人ならざる者、所謂妖怪が利用する図書館でした。 登場 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。