漫画

ブルージャイアントシュプリーム 第十一巻 あらすじ・感想

投稿日:2020年11月3日 更新日:

サックス
ブルージャイアントシュプリーム 11 ビッグコミックススペシャル

作:石塚真一
出版社:小学館

後に世界的なサックスプレイヤーとして名を馳せる宮本大の軌跡を描いた作品。
そのヨーロッパ編の完結巻。

イギリスでのロックフェス、そして休暇を終えた大達はドイツへと戻っていました。

広告

あらすじ

ロックフェスでの成功は大達をオランダで行われる「ノースシー・ジャズフェスティバル」のメガステージへと導いた。
かつて辛酸を舐めたドイツでもNUMBER FIVEの名は知られ、新進気鋭のカルテットとして注目を集めている。

しかし、大の心には「解散」の文字が浮かんでいた。
そんな彼の心の迷いは演奏となってメンバー達にも伝わる。

ライブの後、街を歩きながら初めてヨーロッパに来た頃を大は思い出す。
最初は駅がどれなのかも分からなかった。
その駅舎の高い屋根を見上げながら彼は思う。

もっともっと新しい世界を見たい。

そんな事を思い、今後の事を考え街を歩いていた大の前に、ハンナ、ブルーノ、ラファ達、メンバー三人の乗ったタクシーが止まった。

タクシーから降りた三人は大の前に並んだ。
真ん中に立ったブルーノは彼らに気付いた大に言う。

「話そうぜ、D」

タクシーで街中を走り周り自分を探していたらしい彼らに、大は覚悟を決め胸の内を打ち明けた。

感想

この巻でヨーロッパにおける大の活動は終わり、彼は新天地へと向かう事になります。

作品の主人公、宮本大は仙台から飛び出し東京へ、その次は日本を飛び出し単身ヨーロッパへと渡りました。

以前、大とバンドを組んでいた雪祈が言っていた様に彼は一日も立ち止まってはいられない、立ち止まっては駄目な人間なのだと今回読んでいて強く感じました。

変化を求め続け、新たな場所を探し続ける。
それはまさにアドリブで日々、演奏が変化するジャズその物の様に思いました。

広告

まとめ

この巻でBLUE GIANT SUPRIEME(ブルージャイアントシュプリーム)という名を冠した物語は終わり、次巻からBLUE GIANT EXPLORER(ブルージャイアントエクスプローラー)という名で舞台をアメリカへと移し物語は続いて行きます。

SUPRIEMEは最高、至高、最大等の意味を持つ言葉です。
作品はその最高を超えて、新たな高みへEXPLORER、探検家として足を踏み入れるようです。

これからの大の旅がどうなるのか、先が楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのBruno /Germanyによる画像です。
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

ファンタジー街並み

異世界ありがとう 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

異世界ありがとう 2 裏少年サンデーコミックス 原作:荒井小豆 作画:ジアナズ 出版社:小学館 同窓会で再会しその趣味から意気投合した二人の中年男性。 千葉ユウサク(ちば ゆうさく)と椎名シイオ(しい …

ドーベルマン

DOG SIGNAL ドッグシグナル 第八巻 登場人物・あらすじ・感想

DOG SIGNAL ドッグシグナル 8 ブリッジコミックス 著:みやうち沙矢 出版社:KADOKAWA 熟年離婚し今まで妻に任せきりだった老犬、リボン(オールドイングリッシュシープドッグ)と共に生き …

梟

風都探偵 第七巻 あらすじ・感想

風都探偵 7 ビックコミックス 脚本:三条陸 作画:佐藤まさき 原作:石ノ森章太郎 監修:塚田英明 クリーチャーデザイン:寺田克也 出版社:小学館 仮面ライダーWの正統続編。 テレビシリーズのその後を …

古い地図

白地図のライゼンデ 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

白地図のライゼンデ 1 ヤンマガKC 著:パミラ 出版社:講談社 闇に覆われた世界。 人々はその闇の世界を探索し、地図に起こす事で闇を払拭。 生存出来る場所を少しずつ闇の世界から取り戻していた。 そん …

伐採

ヴィンランド・サガ 第十一巻 第七十三話 あらすじ・感想

ヴィンランド・サガ11 アフタヌーンKC 作:幸村誠 出版社:講談社 ケティルの農場で奴隷として働きながら、生まれ変わり本当の戦士として生きる道を模索し始めたトルフィン。 一方クヌートは、イングランド …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。