漫画

ブルージャイアントシュプリーム 11

投稿日:

サックスブルージャイアントシュプリーム 11 ビッグコミックススペシャル
作:石塚真一
出版社:小学館

後に世界的なサックスプレイヤーとして名を馳せる宮本大の軌跡を描いた作品。
そのヨーロッパ編の完結巻。

イギリスでのロックフェス、そして休暇を終えた大達はドイツへと戻っていました。

広告

あらすじ

ロックフェスでの成功は大達をオランダで行われる「ノースシー・ジャズフェスティバル」のメガステージへと導いた。
かつて辛酸を舐めたドイツでもNUMBER FIVEの名は知られ、新進気鋭のカルテットとして注目を集めている。

しかし、大の心には「解散」の文字が浮かんでいた。
そんな彼の心の迷いは演奏となってメンバー達にも伝わる。

ライブの後、街を歩きながら初めてヨーロッパに来た頃を大は思い出す。
最初は駅がどれなのかも分からなかった。
その駅舎の高い屋根を見上げながら彼は思う。

もっともっと新しい世界を見たい。

そんな事を思い、今後の事を考え街を歩いていた大の前に、ハンナ、ブルーノ、ラファ達、メンバー三人の乗ったタクシーが止まった。

タクシーから降りた三人は大の前に並んだ。
真ん中に立ったブルーノは彼らに気付いた大に言う。

「話そうぜ、D」

タクシーで街中を走り周り自分を探していたらしい彼らに、大は覚悟を決め胸の内を打ち明けた。

感想

この巻でヨーロッパにおける大の活動は終わり、彼は新天地へと向かう事になります。

作品の主人公、宮本大は仙台から飛び出し東京へ、その次は日本を飛び出し単身ヨーロッパへと渡りました。

以前、大とバンドを組んでいた雪祈が言っていた様に彼は一日も立ち止まってはいられない、立ち止まっては駄目な人間なのだと今回読んでいて強く感じました。

変化を求め続け、新たな場所を探し続ける。
それはまさにアドリブで日々、演奏が変化するジャズその物の様に思いました。

まとめ

この巻でBLUE GIANT SUPRIEME(ブルージャイアントシュプリーム)という名を冠した物語は終わり、次巻からBLUE GIANT EXPLORER(ブルージャイアントエクスプローラー)という名で舞台をアメリカへと移し物語は続いて行きます。

SUPRIEMEは最高、至高、最大等の意味を持つ言葉です。
作品はその最高を超えて、新たな高みへEXPLORER、探検家として足を踏み入れるようです。

これからの大の旅がどうなるのか、先が楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのBruno /Germanyによる画像です。
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

床屋

ノー・ガンズ・ライフ 5

ノー・ガンズ・ライフ 5 ヤングジャンプコミックス 著:カラスマタスク 出版社:集英社 反拡張主義を掲げるスピッツベルゲンの実行部隊として、活動しているとされるメアリーの兄ヴィクター。 彼の真意を知る …

トマト

みどり晴ればれ 1

みどり晴ればれ 1 BUNCHコミックス 作:大内優 出版社:新潮社 やりたい事が見つけられず、人の為に働く事に終始していたOLの根本緑(ねもと みどり)はストレスをため込みながら、恋人や会社の同僚の …

茸

ダンジョン飯1

ダンジョン飯1 BEAMCOMIX 作:久井諒子 出版社:KADOKAWA/エンターブレイン 小さな村、地下墓地の底が抜け一人の男が現れたことから、この物語は始まった。 男は一千年前に滅びた、黄金の国 …

ダックスフント

DOG SIGNAL ドッグシグナル 2

DOG SIGNAL ドッグシグナル 2 ブリッジコミックス 著:みやうち沙矢 出版社:KADOKAWA 眞一郎の店で働き始めた未祐ですが、彼の飼っているサンジュは相変わらず未祐の言う事は聞いてくれま …

たわしと針鼠

異世界おじさん 3

異世界おじさん 3 MFC 作:殆ど死んでいる 出版社:KADOKAWA/MFC 凍神剣の守り手、メイベルに襲われたおじさん。 気を失った彼女を宿に連れ帰り、話を聞いていたのですが、いい感じになった所 …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。