漫画

太陽と月の鋼 1

投稿日:

水泡太陽と月の鋼 1 ビッグコミック
著:松浦だるま
出版社:小学館

時は天保、下級武士竜土鋼之助(りゅうど こうのすけ)はある理由から役につけず、脳裏には死がちらついていました。

広告

登場人物

竜土鋼之助(りゅうど こうのすけ)
下級武士、無役(役職が無く、最低限の禄しか貰えない)
月代も剃らず無精ひげを生やした白眉の痩せた男。
荒れ放題の屋敷で年老いた下男乙吉(おときち)に世話され暮らしている。

幼少期に母親を暴漢から守れなかった事がトラウマになっている。

乙吉(おときち)

竜土家の下男
白髪の老人。
鋼之助の食事の用意等、見の周りの世話を行っている。

月(つき)
鋼之助の下に嫁いできた美女
無役の貧乏武士、鋼之助に百両の持参金付きで嫁にきた。
以前から鋼之助を知っているようだが詳細は不明。
鋼之助を想い、後ろ向きな彼を時に優しく慈しみ、時に厳しく叱咤する。

卜竹(ぼくたけ)
編み笠の占い師が連れた鬼の面を着けた少年
騒ぎを起こした鋼之助たちを助ける。

夜刀川瞠介(やつがわ どうすけ)
陰陽師
破れ傘を被った長髪の男。
月を連れ帰る為、鋼之助の屋敷に呪を掛ける。

あらすじ

下級武士、竜土鋼之助。
彼は刀を持つ事が出来ず、それ故、役目を解かれ荒れ放題の屋敷で下男の乙吉に世話され暮らしていた。

その日も役を貰う為、城に出向くが刀の事を揶揄われ、身だしなみを指摘された後、結局何の役も貰えず帰途に就く。

彼が刀を持てない理由。
それは鋼之助が触れようとすると、金属は全て彼から逃れようとするかのように折れ曲がりひしゃげてしまうからだ。

それにより月代も整えられず、髯を剃る事さえままならない。

乙吉を先に帰し、一人、川面を見つめため息を吐く。
石を抱えて飛び込めば死ねるだろうか……。

そんな考えを鋼之助は首を振り振り払う。
彼の父親は立派な武士として生きろと今際の際に言い残した。
更にさもなくば……。

父の事を思い出していた鋼之助の耳に、先ほど城で出会った侍の声が聞こえる。
鋼之助は父の最後の言葉「さもなくば、今度こそ刀で死ね」を実践する為、その侍の前に立ち腰の竹光を抜いた。

感想

今も昔も金属は身の周りに溢れています。
それは建材であったり、道具であったり様々です。
その全てが触れようとしただけで捻じ曲がり、逃げる様に跳ねたら。

この物語は二本差しが基本の武士がそんな呪い?を受けて生まれ、それでも亡くなった父母の願いで立派な武士として生きようとする竜土鋼之助の下に、突然縁談が持ち込まれ美女が嫁に来る所から始まります。

なぜ鋼之助が金属に触れられないのか、以前から鋼之助を知っているらしい月は何者なのか。

第一巻では様々な謎が散りばめられたままお話は進み、鋼之助はうだつの上がらない自分の下へ嫁いできた月を訝しみながらも、献身的で自分を慕ってくれる月に守れなかった母の面影を重ね、彼女を受け入れます。

作中には陰陽師も登場し、どうも式神や怪異といったオカルト的な要素も含まれている様です。

剣術、呪詛、陰陽道、妖怪といった物はテーマとして大好物なので読んでいてとても楽しいです。

まとめ

秘密を抱えている月ですが、言えない事はあっても彼女が鋼之助を慕っている事に嘘は無く、鋼之助も彼女を愛している様でした。
彼らがどういう風になるのか、先が楽しみです。

この作品は、pixivコミックにて一部無料でお読みいただけます。
松浦だるまさんのTwitterはこちら。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのTobiasDによる画像です。
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

夜の街

よふかしのうた 2

よふかしのうた 2 少年サンデーコミックス 著:コトヤマ 出版社:小学館 吸血鬼になる事を目指す夜守コウは、吸血鬼の七草ナズナの事を好きになろうと努力しています。 好きという感情が分からない中二男子と …

月と街灯

ブルージャイアントシュプリーム 8

ブルージャイアントシュプリーム 8 ビッグコミックススペシャル 作:石塚真一 出版社:小学館 ジャズプレイヤー、宮本大の軌跡を追った作品です。 大が一時バンドを離れた為、イベンター、アーサーがNUMB …

鶴

あをによし、それもよし 3

あをによし、それもよし 3 ヤングジャンプコミックス 著:石川ローズ 出版社:集英社 中納言、粟田真人(あわたのまひと)と出会った事で山上は貴族である山於億良/山上憶良(やまのうえのおくら)として生き …

ラーメン

はぐちさん

はぐちさん フィールコミックス著:くらっぺ出版社:祥伝社 日々の生活にお疲れ気味な女性「八千代」と無理すれば、なんにでもなれる不思議な生き物「はぐち」の生活の記録。日常の中にある、見落としがちな喜びを …

葬送のフリーレン 1

葬送のフリーレン 1 少年サンデーコミックス 原作:山田鐘人 作画:アベツカサ 出版社:小学館 魔王を倒した勇者一行。 その中の一人、エルフの魔法使いフリーレン。 長い寿命を持つ彼女は平和になった世界 …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。