漫画

異世界おじさん 5

投稿日:

卓球異世界おじさん 5 MFC
作:殆ど死んでいる
出版社:KADOKAWA/MFC

王国軍と教会の汚職に使われそうになった勇者一行。
彼らを救う為、乗り込んだおじさんは最強生物“田淵先生”の力を借り、軍の総司令官リカルドを説得(ビンタと罵声と勢い)。

最終的に魔炎竜に変身し王都の司令部から飛び去りました。
しかし、魔炎竜の思考パターンに支配されたおじさんは、竜のまま戻れなくなっていました。
そんなおじさんの前に現れたのは、ツンデレエルフさん、その人でした。

広告

登場人物

ハーゲン=レグファルゲン
レグファルゲン商会頭取
狐目の青年。
精霊の力による「闇の盟約呪符」を使い、エルフの王族であるツンデレさんに婚姻を要求する。
盟約の内容は借金を完済か、滞納してハーゲンのものになるか。
ちなみにツンデレさんの借金の理由は、おじさんが売り飛ばした指輪を買い戻す為。

ドルドール=レクスドル
巨獣狩人(ギガントハンター)の異名を持つ巨漢
おじさんの変化した竜を狩る為、ハーゲンに雇われた。

さわ
藤宮(ふじみや)の大学の友人
糸目、八重歯、黒髪ロングの女子大生。
あやしい男(おじさん)と関りをもった藤宮を心配し、おじさん宅までやって来た。

ムラヤマショウジロウ
温泉旅館「煉獄の湯」を作った日本からの転移者
おじさんの記憶から更に20年前(1982年)に88歳で転移し転移後十日程で亡くなった。

グランツ=ル=レヴィンツ
煉獄の湯の支配人
妻と娘と共に家族三人でムラヤマから旅館を引き継ぎ、管理運営している。
煉獄の湯は日本人であるムラヤマが作った為、浴衣や卓球等もあり、部屋の作りも日本の様式を模して作られている。

あらすじ

魔炎竜となり竜の意識に支配されたおじさんに、ツンデレさんは果敢に戦いを挑む。
剣と鎧の力を解放し、おじさんの脳天を一撃、ツンデレさんは見事おじさんを竜から人へ戻す事に成功した。

そんな二人の下へ完全武装の兵を引き連れた男が現れる。
男の名はハーゲン=レグファルゲン。
レグファルゲン商会の頭取だった。

彼はツンデレさんが負った借金を記した闇の盟約呪符の力で、エルフの王族である彼女に無理やり婚姻関係を求める。
ハーゲンの狙いは彼女と結婚し、エルフの王族とのコネクションを得て、商会の力を世界規模へと押し上げる事だった。

感想

今回は冒頭の借金取りとエルフとおじさんの他、温泉旅館「煉獄の湯」での一幕が描かれました。
温泉ではツンデレさんの他、アリシア達勇者一行も合流し結構大変な事になりました。

感想としては、毎回、悪い顔した人は何だかひどい目に遇うなぁというのと、邪●炎殺煉獄焦がすごく懐かしかったです。

話は変わるのですが、幽☆●☆白書の格闘ゲームの動画を少し前見る機会がありました。
死闘!暗黒武術会の戸愚●、アレ、ちょっと酷くないですかねぇ。
(攻撃力が高すぎるうえ、技の性能も高く、体力も自動回復する)

あっ、作中、話題に出た魔強統一戦はバランスが良くていいゲームみたいです。

まとめ

今回は温泉で起きた事件も解決し、次回はアリシアとの混浴シーンから始まるようです。
おじさん、ツンデレさん、アリシアがどう絡むのか、今から楽しみです。

こちらの作品はコミックウォーカーでも一部無料で閲覧できます。
作者の殆ど死んでいるさんのTwitterはこちら

お読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのRGY23による画像です。
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

うさぎ

ソウナンですか? 2

ソウナンですか? 2 ヤンマガKC 原作:岡本健太郎 漫画:さがら梨々 出版社:講談社 山賊ダイアリーの岡本健太郎さん原作のサバイバル漫画。 一巻では水の確保、シェルターの制作、火おこし、海水からの塩 …

寿司

ノー・ガンズ・ライフ 8

ノー・ガンズ・ライフ 8 ヤングジャンプコミックス 著:カラスマタスク 出版社:集英社 大戦中の相棒を探す十三の前に、鉄郎を兄弟だと呼ぶ男、荒吐硫黄と名乗る男が現れます。 彼は複数の拡張体を操り、十三 …

海と町

アルテ 6

アルテ 6 ゼノンコミックス 著:大久保圭 出版社:徳間書店 貴族の娘アルテが画家であるレオの弟子として画家を目指す物語。 ヴェネツィアでユーリの姪、カタリーナの家庭教師を続けるアルテは、彼女が心を閉 …

ドラゴン

葬送のフリーレン 2

葬送のフリーレン 2 少年サンデーコミックス 原作:山田鐘人 作画:アベツカサ 出版社:小学館 かつての仲間、ドワーフの戦士アイゼンから北の地エンデに向かい、魂の眠る地(オレオール)を探し勇者ヒンメル …

へんなものみっけ! 4

へんなものみっけ! 4 ビッグコミックス著:早良朋出版社:小学館 前回は市役所から出向してきた透の気持ちの変化が描かれました。今回は、博物館と動物園との関係、北海道における猛禽類の保護について描かれま …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。