漫画完結作品

ナナシ ~ナくしたナにかのさがシかた~ 第三巻 あらすじ・感想

投稿日:2020年10月3日 更新日:

アジサイ
ナナシ ~ナくしたナにかのさがシかた~ 3 ヤングキングコミックス

漫画:片山愁
原作:藤野晴海
出版社:少年画報社

怪異を見る事ができる少年ナナシと、彼と出会った事で見える様になったハルのもう戻れない日々を綴ったお話です。

今回はナナシと会長の過去の他、段々とおかしくなっていくナナシの姿が描かれました。

広告

あらすじ

ハナオカ(会長)との出会い、それはナナシにとって楽しく愉快な日々を彼にもたらした。
しかし、家族への思いの違いが二人の道を別つ事になる。

ハナオカはナナシに自分を傷つける親を捨てる様に迫った。
それは彼もナナシ同様、親からの虐待を受けていた過去を持つからだった。
ハナオカは親を切り捨てる事で自分を保てた。

しかし、ナナシには母を責め捨てる事は出来なかった。
ナナシは母に愛されたいと願っていた。
自分が彼女に逆らわず思い続ければ、いつかは母が自分を見てくれるのではないか。

ハナオカはナナシが母親を慕い続ける事に苛立ち、直接、ナナシの母に憤りをぶつけた。

「早く死ねばいい」

最後にハナオカが言った言葉が引き金になったのか、ナナシの母は自ら命を絶った。

その事が、親友だった二人を引き裂く事になる。

感想

ナナシの母親は不倫して家を出て行った夫を思い続け、ナナシはそんな母親に愛して欲しいと願っていました。

この巻では教え子と不倫した教師にナナシが激怒する場面が描かれています。
彼の怒りは教師の不倫相手だった女子生徒にも向かいました。

その場面を読んでいて感じたのは、彼の家族は父親が不倫するまでは暖かくとても仲のいい物だったのだろうという事でした。
ナナシが激怒したのも、母親に執着しているのもその頃の幸せな記憶が忘れられないからではないか。

今回、全体を通してそういった物を感じました。

この物語は作中、冒頭で語られた様にナナシとハルの日々と別れの物語です。
これは過ぎ去った過去であり、二人が終わる事は始まった時から確定しています。

ですが、ナナシには過去を見るのではなく、未来を見て欲しかったと彼に寄り添うハルを見て思ってしまいました。

広告

まとめ

この世に同じ人は一人しかおらず、その人以外には代わりは務まらない事は理解出来ます。
ナナシが母親を強く求め、ハルにはその代わりは出来なかった。

それは分かるのですが、それでも遠く去ってしまった人でなく、近くにいる彼を思う人の事を見て欲しかった。
そんな風な気持ちをこの巻では感じました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

漫画を描かれた片山さんのTwitterはこちら
原作者の藤野さんのTwitterはこちら

※イメージはpixabayのshell_ghostcageによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , ,

関連記事

フリントロックピストル

黒博物館 ゴーストアンドレディ 上 あらすじ・感想

黒博物館 ゴーストアンドレディ上 モーニングKC 作:藤田和日郎 出版社:講談社 ロンドン警視庁(スコットランドヤード)の犯罪資料館「黒博物館」。 ある日、そこに一人の老紳士が訪れる。 彼は展示物の一 …

新宿

GIGANT ギガント 第四巻 あらすじ・感想

GIGANT ギガント 4 ビッグコミックススペシャル 著:奥浩哉 出版社:小学館 GANTZ、いぬやしきの奥浩哉さんの描くSFファンタジー。 零を救う為、破壊神と戦い辛くも勝利を収めたちほでしたが街 …

寿司

バカレイドッグス 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

バカレイドッグス 2 ヤンマガKC 原作:矢樹純 漫画:青木優 構成:津覇圭一 医療監修:茨木保 出版社:講談社 犬童兄弟が法外な治療費を請求し、病院を運営している理由。 それは意識不明になった母親の …

ドレス

ヴィーヴル洋裁店~キヌヨとハリエット~ 第二巻 あらすじ・感想

ヴィーヴル洋裁店~キヌヨとハリエット~ 2 ビッグコミックス 著:和田隆志 出版社:小学館 祖母の店「クチュリエ―ル・シラガキ」を再開させたキヌヨとハリエット。 その祖母のかつての弟子クリストフの企て …

水平線

ソウナンですか? 第八巻 あらすじ・感想

ソウナンですか? 8 ヤンマガKC 原作:岡本健太郎 漫画:さがら梨々 出版社:講談社 山賊ダイアリーの岡本健太郎さん原作のサバイバル漫画。 外海でも壊れない丈夫な船を作り始めたほまれ達。 この巻では …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。