漫画完結作品

テンジュの国 第二巻 あらすじ・感想

投稿日:2019年5月22日 更新日:

チベタン・マスチフ
テンジュの国 2 KCデラックス

著:泉一聞
出版社:講談社

カン・シバとモシ・ラティは、ラティのホームシック等もありましたが順調に想いを育んでいるようです。

広告

あらすじ

お使いの帰り、カン・シバ、ラティ、ペマの三人は行き倒れの男に出会った。

カン・シバの見立てでは、男は高山病にかかっており、命の危険はない様子。
カン・シバは男に薬を飲ませ、下山する事を勧めるが、男は事故に遭った姉に会うため、どうしても山を越えたいと言う。

カン・シバは男を助けたいと話し、馬で山を迂回するルートを提案する。
ペマが遅くなる事を村に伝え、カン・シバはラティと二人、男を馬に乗せ彼の姉の住む村へ向かった。

道中で薬を作りながら、村に辿り着くと、姉の家から出てきた村人達が気の毒にと口にしていた。

男がフラフラと家に近寄ると、彼をたくましい腕が掴んだ。
男は家の中に引きずり込まれ、悲鳴を上げた。

恐る恐るカン・シバが家を覗くと、男は屈強な女性に抱きしめられていた。

彼の姉はピンピンしており、どうやら小屋を解体していたら、瓦礫の下敷きになり、全身打撲を負ったが、もうすっかり治ったらしい。

彼女の後ろでは、目に青タンを作った男が寝台で寝ている。
後ろの人どうしたの?と男が尋ねると、姉は怪我で動けない時、浮気した夫よと迫力ある表情で答えた。

村人たちが気の毒にと言っていたのは、姉では無く夫の方だったのだ。

男はうつろな目で、姉が元気で申し訳ないとカン・シバに謝罪した。
それに良かったじゃないですかと返し、カン・シバは夫に薬をぬり、姉の家を後にした。

三人に感謝され、家を去ろうと馬に乗ったカン・シバは、ラティに手を差し伸べ彼女を馬に引き上げた。
その予想外の力強さと、命を救おうとする彼の姿を思い出し、ラティは彼の服をギュッと掴み、頬を赤らめ笑みを見せた。

感想

今回はあらすじで書いた話の他、老夫婦、二日酔い、根無し草の男、カン・シバの幼馴染等が収録されています。
どの話も、チベットの習慣が描かれており、とても興味深いです。

広告

まとめ

巻末には、道具や習慣などの開設がイラスト付きで紹介されています。

この作品はpixivコミックにて一部無料でお読みいただけます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはpixabayのBetty Kによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , , ,

関連記事

海と貝がら

果ての星通信(しょうつうしん) 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

果ての星通信(しょうつうしん) 3 PASH!COMICS 作:メノタ 出版社:主婦と生活社 マルコの心臓を奪った怪魚、ヨルワンガの情報を求め第8銀河図書館を訪れたマルコ達。 図書館に併設された市場の …

桜

えびがわ町の妖怪カフェ 第六巻 登場人物・あらすじ・感想

えびがわ町の妖怪カフェ 6 ヤングアニマルコミックス 著:上田信舟 出版社:白泉社 えびがわ町での妖怪と料理に彩られた田舎暮らしもこれでおしまい。 まなと母親の事、そして佐吉の秘密も語られる最終巻です …

蕎麦

こはぜ町ポトガラヒー ~ヒト月三百文晦日払~ 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

こはぜ町ポトガラヒー ~ヒト月三百文晦日払~ 1 ビッグコミックス 作:昌原光一 出版社:小学館/ビッグコミック 幕末、明治維新も間近に迫った江戸の町。 その江戸のこはぜ町の長屋で暮らす人々の悲喜こも …

お姫様

虚妄の女王 ~辺境警備外伝~ 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

虚妄の女王 ~辺境警備外伝~ 1 ボニータ・コミックス 著:紫堂恭子 出版社:秋田書店 ルウム復活暦1005年、北方辺境国のエアドロム王国。 その王国で代々王族の護衛を務めて来たバンブラス一族の少女フ …

星空

チ。 ―地球の運動について― 第五集 登場人物・あらすじ・感想

チ。 ―地球の運動について― 第五集 ビッグコミックス 作・画:魚豊 出版社:小学館 異端審問官ノヴァクに研究室でネックレスを見られたオグジー達。 オグジーからネックレスが元は異端者が身に着けていた物 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。