漫画完結作品

テンジュの国 2

投稿日:2019年5月22日 更新日:

チベタン・マスチフテンジュの国 2 KCデラックス
著:泉一聞
出版社:講談社

カン・シバとモシ・ラティは、ラティのホームシック等もありましたが順調に想いを育んでいるようです。

広告

あらすじ

お使いの帰り、カン・シバ、ラティ、ペマの三人は行き倒れの男に出会った。

カン・シバの見立てでは、男は高山病にかかっており、命の危険はない様子。
カン・シバは男に薬を飲ませ、下山する事を勧めるが、男は事故に遭った姉に会うため、どうしても山を越えたいと言う。

カン・シバは男を助けたいと話し、馬で山を迂回するルートを提案する。
ペマが遅くなる事を村に伝え、カン・シバはラティと二人、男を馬に乗せ彼の姉の住む村へ向かった。

道中で薬を作りながら、村に辿り着くと、姉の家から出てきた村人達が気の毒にと口にしていた。

男がフラフラと家に近寄ると、彼をたくましい腕が掴んだ。
男は家の中に引きずり込まれ、悲鳴を上げた。

恐る恐るカン・シバが家を覗くと、男は屈強な女性に抱きしめられていた。

彼の姉はピンピンしており、どうやら小屋を解体していたら、瓦礫の下敷きになり、全身打撲を負ったが、もうすっかり治ったらしい。

彼女の後ろでは、目に青タンを作った男が寝台で寝ている。
後ろの人どうしたの?と男が尋ねると、姉は怪我で動けない時、浮気した夫よと迫力ある表情で答えた。

村人たちが気の毒にと言っていたのは、姉では無く夫の方だったのだ。

男はうつろな目で、姉が元気で申し訳ないとカン・シバに謝罪した。
それに良かったじゃないですかと返し、カン・シバは夫に薬をぬり、姉の家を後にした。

三人に感謝され、家を去ろうと馬に乗ったカン・シバは、ラティに手を差し伸べ彼女を馬に引き上げた。
その予想外の力強さと、命を救おうとする彼の姿を思い出し、ラティは彼の服をギュッと掴み、頬を赤らめ笑みを見せた。

感想

今回はあらすじで書いた話の他、老夫婦、二日酔い、根無し草の男、カン・シバの幼馴染等が収録されています。
どの話も、チベットの習慣が描かれており、とても興味深いです。

まとめ

巻末には、道具や習慣などの開設がイラスト付きで紹介されています。

この作品はpixivコミックにて一部無料でお読みいただけます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはpixabayのBetty Kによる画像です
広告

-漫画完結作品
-, , , ,

関連記事

採石場

トクサツガガガ1

トクサツガガガ1 作:丹波庭 出版社:小学館/ビッグコミック 中村叶、26歳、OL、特撮オタク。 彼女は重度の特撮オタクでありながら、それを隠し生活している。 趣味を隠し続ける理由、それは特撮という分 …

砂漠

WaqWaq ワークワーク 1

WaqWaq ワークワーク 1 ジャンプコミックス 著:藤崎竜 出版社:集英社 機械が人を襲う荒廃した世界。 そんな世界に現代から一人の少女が召喚されます。 少女を呼び込んだ存在は、彼女に神になっても …

根っこ

WaqWaq ワークワーク 2

WaqWaq ワークワーク 2 ジャンプコミックス 著:藤崎竜 出版社:集英社 片頭痛に悩まされている防人レオは、頭痛を治すという自身の願いの為、神としてこの世界(時代)呼ばれた女子高生(本名松田)を …

カメラ

白暮のクロニクル 7

白暮のクロニクル 7 ビックコミックス 著:ゆうきまさみ 出版社:小学館 羊殺しに酷似した殺人事件は終わり、雑誌等で報道がなされるなか、羊殺しを題材にした映画が新作発表されます。 また事件の調査の過程 …

影絵

トクサツガガガ14

トクサツガガガ14 作:丹波庭 出版社:小学館/ビッグコミック 中村叶、27歳、OL、特撮オタク。 母と対決し、怒りを爆発させた結果、距離を置くことになった叶。 またダミアンとも、社会人という立場上、 …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。