漫画

ミステリと言う勿れ 1

投稿日:2020年10月1日 更新日:

手錠ミステリと言う勿れ 1 フラワーコミックスアルファ
著:田村由美
出版社:小学館

理屈っぽい大学生、久能整(くのう ととのう)が観察眼と記憶力、そして薀蓄で他者の心を解きほぐし読み解きながら事件を解決に導く、新感覚のミステリー作品です。

広告

登場人物

久能整(くのう ととのう)
大学生
モジャモジャの天然パーマが特徴の青年。
観察眼が鋭く見聞きした僅かな情報でその人間の悩みを言い当て、様々な薀蓄でその悩みに答えを与える。
カレー好き。
直毛に憧れている。

寒河江(さがえ)
殺人事件の被害者
整とは同じ大学の生徒で高校も同じだった。
お金持ちのボンボン。
整は明るくクラスでも人気者の彼の事を苦手に感じ、避けていたようだ。

青砥成昭(あおと なりあき)
巡査部長
眼鏡をかけた鋭い目つきの男性。
過去に冤罪事件でマスコミからの追及を受けた。

薮鑑造(やぶ かんぞう)
警部補
年配のベテラン刑事。
刑事の勘で整を犯人と断定する。

乙部克憲(おとべ かつのり)
巡査
スキンヘッドの刑事
最近、年頃の娘から嫌われている。

風呂光聖子(ふろみつ せいこ)
巡査
新人の女性刑事。
男性社会の警察で自分の立ち位置に悩んでいる。

池本優人(いけもと ゆうと)
巡査
軽くフレンドリーな若手刑事
妊娠五か月の奥さんと最近ギクシャクしている。
追い込まれると舌を出す癖がある。

淡路一平(あわじ いっぺい)
バスジャックに遭った乗客
気弱そうな眼鏡の青年。

坂本正雄(さかもと まさお)
バスジャックに遭った乗客
大柄でがっちりとした体の男性。

柏めぐみ(かしわ めぐみ)
バスジャックに遭った乗客
つねにビクビクしている主婦。

露木リラ(つゆき りら)
バスジャックに遭った乗客
キリっとした芯の強そうな女性。

奈良崎幸仁(ならざき ゆきひと)
バスジャックに遭った乗客
年配の偉そうな男性。

小林大輔(こばやし だいすけ)
バスジャックに遭った乗客
マスクと眼鏡の太った男。

熊田翔(くまだ しょう)
バスジャックに遭った乗客
全身黒で固めたイケメン。

犬堂オトヤ(いぬどう おとや)
バスジャック犯
ギョロリとした目の無精ひげの男。

運転手
バスの運転手

あらすじ

冬のある朝、大学生の久能整は上機嫌で昨晩仕込んだカレーを煮込んでいた。
そんな彼の部屋のインターホンが鳴る。
ドアを開けるとそこにいたのは大家さんと二人の刑事。

刑事の話では一応、顔と名前、それにひととなりは知っている同じ大学の寒河江が殺されたらしい。
刑事は整に話を聞きたいと警察署まで任意同行を求める。

それを渋々承諾し取り調べを受ける事になった。
刑事の薮と青砥は目撃証言から整を犯人と断定しているようだ。

その目撃証言の内容を聞いた整は、理路整然と反証を始めた。
彼は言う。

「皆さんはその目撃者の人をよく知っているのですか?」

青砥はそれを否定し、善意の第三者だと答えた。
整はそれでは自分と同じ立場だと二人に返す。

それなのに、何故その人物が本当の事を言っていて、自分が嘘をついていると判断できるのか?

青砥はわざわざ名乗り出て来て嘘を証言するメリットはないと言うが、整はあるかもしれないと青砥の言葉を否定した。
落ち着いているなと言う青砥に、整は何もしていないのに自分を冤罪に落とし込む程バカじゃないと思っていると冷静に答えた。

感想

もじゃもじゃ天パの大学生、久能整が事件に関わった人全てを丸裸にする、そんな感じのミステリー作品です。
第一話でも登場人物(刑事たち)は事件に関係ないプライベートな悩みを整に言い当てられ、それを分析されて見事に悩みを昇華させられます。

彼らの悩みは何処かで聞いた事はあるけど、明確な解決法はパッと浮かばない物ばかり。
例えば、年頃の娘に嫌われる父親であったり、妊娠している奥さんとの関係であったり、おじさんの新人女性に対する扱いであったり。

父親が娘が成長したら嫌われるのは当たり前で止まってしまう思考を、整は更に踏み込んで分析、解説して行きます。

それは直接事件とは関係ないですが、彼の分析及び解説は的確で悩む刑事たちの心を明るい方向へと導いていきます。(そういう方向へ向かう説を彼はワザと選択している気がします)

人間の行動や選択には本人も気づいていない理由が必ず存在する。
なんというか、目から鱗が落ちる感覚がとても楽しいです。

まとめ

田村由美さんの作品はBASARAと7SEEDSは読みましたが、これは未読でした。
整のもじゃもじゃが気になって嫌厭してたんですよね。

自分が天パで嫌な思いをした為か(雨の日にグチャグチャになる。思い通りにセット出来ない等)、天パキャラが余り好きになれないというのが大きい気がします。

多分、天パで困った記憶がキャラを見ると深層心理で喚起されるからだと思います。

(同じ理由でガンダムのアムロもキャラデザ的に最初は苦手でした。逆にストレートヘアのキャラクターは無条件で好きになる傾向があります)

あ、読んだ後は整の事が凄く好きになりました。

この作品は月刊fiowers公式サイトにて第一話が無料でお読みいただけます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのArek Sochaによる画像です。
広告

-漫画
-, ,

関連記事

ロンドンの夜

ノケモノたちの夜 1

ノケモノたちの夜 1 少年サンデーコミックス 著:星野真 出版社:小学館 永遠を生き全てに退屈している悪魔マルバスと、教会で鎖に繋がれ物乞いをする事を強要されている少女ウィステリア。 霧の町ロンドンで …

クマ

雪女と蟹を食う 5

雪女と蟹を食う 5 ヤンマガKC 著:Gino0808 出版社:講談社 北海道の書店で見つけた彩女の夫が書いたと思われる小説。 北は彩女の事が知りたくて彼女を一人ホテルに残し、小説を買う為夜の札幌に飛 …

土星

異世界おじさん1

異世界おじさん1 作:殆ど死んでいる 出版社:KADOKAWA/MFC 17歳の時トラックにはねられてから17年。 ずっと昏睡状態だった叔父が目を覚ました。 彼の扱いを巡って一家は離散。 甥であるたか …

紅茶

外科医エリーゼ 1

外科医エリーゼ 1 フロースコミック 漫画:mini 原作:yuin 出版社:KADOKAWA 天才外科医として名を馳せていた高本葵(たかもと あおい)は飛行機事故で命を失い、気が付くと金髪の少女にな …

ミサイル

夜光雲のサリッサ 2

夜光雲のサリッサ 2 リュウコミックススペシャル 原作:松田未来 作画:※Kome 出版社:徳間書店 天翔体「極超音速の天使(シレイラ)」を母の仇として追っているロシアの少女、ヴェラ・シュベツォフ。 …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。