漫画完結作品

レディ&オールドマン 6

投稿日:2019年10月7日 更新日:

ラスベガス看板レディ&オールドマン 6 ヤングジャンプコミックス・ウルトラ
著:オノ・ナツメ
出版社:集英社

ナットを倉庫から連れ出したロブとシェリーは、彼に促され以前運んだ少女、レベッカからの連絡で居場所の分かった、シェリーの母親の元に向かいます。

広告

登場人物

エマ
シェリーの母
サムとの意見の違いから、彼と別れ家を出た。

マシュー
エマの現夫
店の経営が上手く行かずギャンブルに手を染めた。
しかしその事で借金が膨らみ、酒に溺れるようになる。

ジョージ
エマの住む町の老人
世話焼きで流れてきたエマやレベッカの父親に職を斡旋した。

あらすじ

ナットの勧めもあり、彼を街に連れ出したその足で二人はシェリーの母親の暮らす町に向かう。

シェリーの母エマは、マシューという男と夫婦として新しい生活を始めていた。
だがマシューは店の経営が上手く行っていない事で、ギャンブルに手を出し、ラスベガスで莫大な借金を作ってしまう。

揉める二人を見かけたシェリーは、母を助けると決めた。

一方ロブは、酔って店から出てきたマシューに、ラスベガスに連れて行って欲しいと懇願される。
ロブは彼をジョージのもとに連れて行った。

彼はエマに迷惑を掛けたくないと、金を借りた連中に話をつけに行こうとしていたようだ。
ジョージはマシューを説得し、エマと話し合うよう忠告する。

マシューはそれを聞き入れ、二人は遅くまで話をしていたようだ。
翌朝、エマはマシュー、それにジョージと三人で借金について話しに行く事をシェリーに伝える。
マシューが借金をしたのはどうも質の悪い連中のようで、金を返せば関係を断ち切れるというモノでは無さそうだった。

関係を切る事も問題だが、お金の事もある。
お金の事を考えていたシェリーの脳裏に、以前ビッグアイから渡された大金の入った鞄が浮かぶ。

どうせ使い道のないお金だ。
取りに戻ろうと口にしたシェリーを、エマが叱ろうとした時、家の前に一台のバイクが止まる。

乗っていたのはサムで、彼は話していた鞄を差し出した。
レベッカの手紙には、マシューの借金の事も詳しくはないが書かれていた。
それをシェリーから聞いたサムは、シェリーならこうするだろうと考え鞄を運んで来たのだ。

鞄はサムからシェリーへ、そしてシェリーからエマへと手渡された。

感想

シェリーが心に抱えていた、家を出た母親エマの存在。
今回、シェリーはエマと話す事で、ずっと感じていた不安を解消する事が出来た様に思います。

エマは店にサムを頼ってくる人たちが、シェリーに与える影響を危惧したのでしょう。
ですがサムはそんな人たちを見放す事が出来ず、二人の意見は対立し結局エマは家を出る事を決意します。

シェリーをエマが連れて行かなかったのは、家を出たエマがシェリーを負担に思う事をサムが慮ったからでした。
女性の社会進出が今ほどでは無かった時代、女性が一人で子供を育てるのは難しかった筈です。

なんとなくですが、自分の考え方や生き方を曲げられないサム自身も、自分のそういった部分を厄介だなと思っている様に感じました。

まとめ

ナットの事、シェリーの母親、エマの事が終わり、物語はロブとラス、不老不死の兄弟の件、一本に絞られていきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはpixabayのskeezeによる画像です
広告

-漫画完結作品
-, ,

関連記事

猫

猫又まんま 1

猫又まんま 1 モーニングKC 作:保松侘助 出版社:講談社 古道具屋を営む縁田佐分太(えにしだ さぶんた)は最愛の妻、環(たまき)を病で亡くし陰鬱とした日々を送っていた。 そんな彼の元に野良猫の五目 …

クッキー

台所のドラゴン 2

台所のドラゴン 2 MFCジーンピクシブシリーズ 漫画:みよしふるまち 原作:縞田理理 出版社:KADOKAWA ののとドラゴンの生活は概ね問題なく穏やかに進んでいました。 そんなある日、ののは突然腹 …

カメラ

白暮のクロニクル 7

白暮のクロニクル 7 ビックコミックス 著:ゆうきまさみ 出版社:小学館 羊殺しに酷似した殺人事件は終わり、雑誌等で報道がなされるなか、羊殺しを題材にした映画が新作発表されます。 また事件の調査の過程 …

軍艦島

しょうあんと日々。 2

しょうあんと日々。 2 MFコミックス キューンシリーズ著:桑佳あさ出版社:KADOKAWA 廃墟の島、軍艦島で暮らす硝安ダイナマイトのしょうあん。かつて沢山の人が暮らした炭鉱の島で生きる、人に憧れる …

手をつなぐ

HANDS ハンズ 1

HANDS ハンズ 1 ヤングジャンプコミックス 著:中野ユウスケ 出版社:集英社 元警視庁捜査一課の刑事だった鮫島正春(さめじま まさはる)は妻子を亡くした事で刑事を辞め、無為な日々を過ごしていまし …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。