小説 小説長編

十二国記 風の万里 黎明の空 上

投稿日:2018年12月17日 更新日:

城風の万里 黎明の空 上
著:小野不由美
画:山田章博
出版社: 新潮社 新潮文庫

十二国記の第四作目、慶国(けいこく)にて登極間もない陽子、芳国(ほうこく)で国王であった父を殺された祥瓊(しょうけい)、蓬莱から流され才国(さいこく)で下女として働く鈴(すず)。

三人の物語はやがて慶国の内乱でつながっていく。

広告

冒頭部分 あらすじ

大木鈴(おおき すず)は東京に年季奉公に出されることになった。
家は小作農で土地を借りて米を作っている。
上りのほとんどは小作料として、地主に持っていかれる。
さらに今年は凶作だった。

五人兄弟の中で、数えで十四の鈴が売られることになった。
人買いの男に連れられ歩く山道で、にわか雨に振られた。
雨宿りをしようと大楠の下に駆け込んだ鈴は、根に足を取られそのまま崖下の川に飲み込まれた。

気が付いた場所は小舟の上だった。
鈴を数人の男たちが除きこんでいる。
声をかけられたが、彼らが何を言っているのか、鈴には理解できなかった。

それから長い時が過ぎた。
芳国は峯王仲韃(ちゅうたつ)の御世だった。
仲韃は法治国家である柳(りゅう)を手本に、法を布いた。
しかし、清廉な国を目指すあまり、法は苛酷に罰は苛烈になっていった。

税が少しでも足らなければ死罪、病で夫役を休んだら死罪、飢えのあまり餅を盗んだ子供も死罪。
その圧政に耐えかねた州候、州師が蜂起した。

芳国の宮城である鷹隼宮(ようしゅんきゅう)には十万の兵が押し寄せた。

仲韃の娘であった公主祥瓊は、蜂起の中心人物であった恵州候月渓(げっけい)に父仲韃と母佳花(かか)を殺された。
月渓は二代にわたって、暗君を選んだ芳麟の首も刎ねた。

その後、祥瓊は仙籍をはく奪され、里家に預けられた。

その三年後、慶国の空に瑞雲が伸びた。
先王が斃れ、その後新たな王が立ったが、天災は止まなかった。
そのうち立った王は偽王だと噂され、戦がおこった。

戦の顛末など、王都から離れて暮らす者には知るすべはなかった。
民は瑞雲を見上げ、新王に幸せを与えてくれるよう、願うだけだった。

慶国の首都、堯天(ぎょうてん)、その堯天にある山、凌雲山(りょううんざん)に王の宮城、金波宮(きんぱきゅう)がある。
その金波宮に蓬山から巨大な亀が着いた。
玄武と呼ばれるその亀から王が降り立つ。
冢宰に迎え入れられる、その姿を盗み見た幾人かがため息を漏らす。

女王。慶国はここ三代女王が続いていた。
その全てが短命で、討たれた偽王も女だった。

懐達(かいたつ)という言葉が慶にはある。
昔いた達王という賢帝がいた。その時代が懐かしいという意味だ。

その言葉の裏には、短命な女王はもういいという意味が込められていた。

感想

陽子、祥瓊、鈴の三人の物語が並行して進んでいきます。
彼女らはそれぞれ、苦しみの渦中にあります。

陽子は、女王として登極したものの、常識や国の仕組みを知らず、官に侮られています。

祥瓊は父である仲韃の行いを恨まれ、里家の閭胥(ちょうろう)に責められ続けます。
里家で正体がばれた祥瓊は、住民に殺されそうになりますが、月渓に救われ、供王に預けられます。

鈴は翠微君(すいびくん)とよばれる仙女の下女として拾われますが、そこで九十年近く翠微君に虐められています。

陽子は王宮を抜け市井に降り、祥瓊は恭国を、鈴は才国をそれぞれ抜けて、慶を目指します。

三人は陽子は遠甫(えんほ)という老人、祥瓊は楽俊、鈴は清秀(せいしゅう)という少年に出会い、少しずつ変わっていきます。

上巻は辛く苦しい場面が多いですが、ぜひ読み終えて下巻を手にして欲しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

広告

-小説, 小説長編
-,

関連記事

編み物

ゴブリンスレイヤー12

ゴブリンスレイヤー12 著:蝸牛くも 画:神無月登 出版社: SBクリエイティブ GA文庫 ゴブリン退治しかしない変わった冒険者、ゴブリンスレイヤーの物語、第十二弾。 今回は第四巻と同じくゴブリンスレ …

ヘルクレス

プロジェクトぴあの 上巻

プロジェクトぴあの 上巻 ハヤカワ文庫JA 著:山本弘 カバーイラスト:つくぐ 出版社:早川書房 従来の燃料に頼った推進装置では無く、物理の常識を超越し生み出された「ピアノ・ドライブ」 それを生み出し …

失踪HOLIDAY

失踪HOLYDAY 乙一 角川スニーカー文庫 短編の名手、乙一さんの初期の短編集。 この短編集には二作収録されています。 各話のあらすじや感想など  しあわせは子猫のかたち失踪HOLIDAYまとめ し …

刀

隣り合わせの灰と青春

隣り合わせの灰と青春 幻想迷宮ノベル 作:ベニー松山 出版社:幻想迷宮書店 狂王トレボーの支配する城塞都市、その地下には広大な迷宮が広がっていた。 地下迷宮にはトレボーから、力の源である護符を奪った魔 …

万年筆

六道先生の原稿は順調に遅れています 1

六道先生の原稿は順調に遅れています 1 著:峰守ひろかず 画:榊空也 出版社:KDOKAWA/富士見L文庫 中堅出版社に勤める滝川詠見(たきがわ えみ)は、ベテラン作家六道琮馬(ろくどう そうま)の担 …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。