小説 小説長編

十二国記 月の影 影の海 上

投稿日:2018年12月13日 更新日:

月月の影 影の海 上
著:小野不由美
画:山田章博
出版社: 新潮社 新潮文庫

十二国記の第一作目、女子高生の中嶋陽子が王として、人として踏み出すまでを描いた物語。

広告

冒頭部分 あらすじ

中嶋陽子は女子校に通う高校生だ。
彼女は親や教師、同級生の目に怯え、周囲の期待を裏切らないよう自分の意志を押し殺して生きてきた。

彼女はこの一か月、同じ夢を見続けていた。
闇の中、紅蓮の明かりを背後に、巨大な獣が駆けてくる。
遠かった獣の姿も、日を追うごとに近くなりあと二日もすれば八つ裂きにされるだろう。

初めは闇の中に水滴の音が聞こえるだけだった。
しかし三日目の紅蓮の明かりが現れ、それからその光の中、シミのように影が見えた。
何日かたって、それが異形の獣だと分かった。

悪夢にうなされ、寝不足が続いていた陽子は、授業中にうたた寝をしてしまう。
眠りの中であの夢をみる。起きなければと焦る陽子を引き戻したのは、英語教師の叱責の声だった。
教師は陽子の生来の色素の薄い、赤い髪を染めているのでないかと疑い、彼女を攻め立てた。

放課後、担任に呼び出され、居眠りの件と髪の事を注意される。
もう帰って良いという担任に頭を下げた時、背後から声をかけられた。

「……見つけた」

声をかけてきたのは奇妙な風体の男だった。
年の頃は二十代後半、裾の長い着物の様な服を着ている。
淡い金髪は腰のあたりまで伸びていた。
担任の誰だという問いには答えず、男は陽子を急かした。

間近で声が響いた。
何処からするか分からない声は、タイホ、追手が。と話した。
その声を聞き、男が陽子の手首をつかんだ。

ここは危険です。敵が来ます。と彼は陽子に言う。
陽子が敵?と問い返した時。
来ましたと声が告げる。

見廻したがやはり姿は見えない、教師たちがなにか言いかけた時、裏庭側の窓ガラスが割れた。

男は窓ガラスから陽子を庇ってくれたようだった。
危険ですと言い、腕をつかみどこかへ連れて行こうとする。
担任の制止を退け、男は陽子を引っ張った。

嫌だという陽子に、男は顔をしかめ、頑迷なと吐き捨てるように言ってから、膝をついた。

陽子の足を掴み早口で言う。

「ゴゼンヲハナレズチュウセイヲチカウトセイヤクスル」

その後許すと言えと、語気を荒げて迫る。
男の勢いに押され、陽子は許すと頷いていた。

男は頭を垂れ、陽子の足の甲に額を当てた。
立ちくらみがして、何かが陽子の中を駆け抜けた。

感想

陽子はケイキに誘われ、海に映る月の影を抜けて、異界にわたります。
そこでケイキたちとはぐれ、様々な人からの迫害や裏切りにあい、妖魔と呼ばれる怪物に襲われ、心を惑わす蒼い猿に付きまとわれます。

剣が見せる、家族や友人たちが語る優等生だった自分。
有りとあらゆるものが、陽子に絶望を突き付けます。

この上巻だけを読んで読むのを止めた方は、ぜひ下巻をお読みいただきたいです。
この巻で心に溜まったモノが全て吹き飛ぶと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

広告

-小説, 小説長編
-,

関連記事

マネキン

ホーンテッド・キャンパス 夜を視る、星を撒く

ホーンテッド・キャンパス 夜を視る、星を撒く 著:櫛木理宇 画:ヤマウチシズ 出版社: 角川書店 角川ホラー文庫 大学を舞台にしたオカルトミステリー第十六弾。 文化祭で遂に部屋に手料理を食べに来ないか …

城

十二国記 風の万里 黎明の空 上

風の万里 黎明の空 上 著:小野不由美 画:山田章博 出版社: 新潮社 新潮文庫 十二国記の第四作目、慶国(けいこく)にて登極間もない陽子、芳国(ほうこく)で国王であった父を殺された祥瓊(しょうけい) …

館

マンドレイクの館 ソード・ワールド短編集

マンドレイクの館 安田均 編 山本弘 他 イラスト 米田仁士 富士見ファンタジア文庫 テーブルトークRPG「ソード・ワールドRPG」の世界フォーセリアを舞台にした短編集、第四作目。 四作目も三作目と同 …

鵲

十二国記 丕緒の鳥

丕緒の鳥 著:小野不由美 画:山田章博 出版社: 新潮社 新潮文庫 十二国記の第五作目、王や麒麟のような国の中枢ではなく、自分の職務を果たそうと奔走する人々を描いた短編集。 各話 あらすじと感想 丕緒 …

剣

十二国記 白銀の墟 玄の月 4

白銀の墟 玄の月 4 著:小野不由美 画:山田章博 出版社: 新潮社 新潮文庫 十二国記の第九作目、その第四巻目。 今回は読み終えての感想を書きたいと思います。 感想まとめ 感想 前作「黄昏の岸 暁の …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。