小説 小説短編

家守奇譚

投稿日:2018年12月12日 更新日:

湖家守奇譚
著:梨木香歩
出版社: 新潮社 新潮文庫

庭付き池付きの二階屋、かつての友人高堂の実家の家守を頼まれた私、綿貫征四郎が出会う様々な不思議を描いた短編集。

広告

冒頭部分 あらすじ

私、綿貫征四郎は学生時代の友人、高堂の実家に家守として住んでいる。
和風の庭に様々な植物が繫茂している。

高堂はボート部に所属しており、湖でボートを漕いでいる最中に行方不明となった。
売れない物書きをしている私は、彼の父親からの「嫁に行った娘の近くに隠居する。毎月些少ながらも幾らかお支払いするので家の守を頼みたい」という話に一も二も無く飛びついた。

庭の手入れなどはせずとも良いとのことだったので、植木屋を入れることなく放っておいた。
それが良かったのか庭の植物たちは栄耀栄華を極めている。

庭に一本のサルスベリが立っている。
花をつけているが本来なら花などつくはずもない。
この木は裏に大きな洞が開いているのだ。

文章に躓いた時は庭に出てこの木を撫でていた。
つるつるとした手触りが心地よく、手を伸ばし頭の上ぐらいから足元まで撫でてやるのが日課となった。

夕方から風雨が激しくなった。
雨戸を立てねばならないが横着して寝床に潜り込んだ。
キイキイという音で目を覚ました。
音はだんだん激しくなり、たまらず起き上がってランプを点けガラス戸を見る。

風に吹かれて、サルスベリの花々が窓に体当たりをするように枝ごと押し付けている。
波のように、いったん引いて押し付けるという事を繰り返していた。
その音が声のように聞こえてくる。

イレテオクレヨウ

今更雨戸を立てることも出来ず座敷に戻り布団をかぶる。
次第に風は収まり、またキイキイという音が聞こえてきた。
ガラス戸から聞こえてくると思っていた音は掛け軸から聞こえてきていた。
水辺の葦の風景で白鷲が魚を狙っている図だ。

布団から頭を出して掛け軸を見やる。
鷺が逃げ出し掛け軸の中は雨。ボートが一艘近づいてくる。
乗っている男は高堂だった。

感想

時代的には今から百年以上前、主人公の綿貫は様々なものに遭遇します。
行方不明になった友人をはじめ、動物、植物、妖や竜など。
四季がめぐり、庭の植物の移り変わりを感じながら、ゆったりと不思議を楽しむ。

そんな感じの物語でした。

まとめ

綿貫が出会う様々な怪異。
それは昔は当たり前にあったモノなのかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

広告

-小説, 小説短編
-

関連記事

館

マンドレイクの館 ソード・ワールド短編集

マンドレイクの館 安田均 編 山本弘 他 イラスト 米田仁士 富士見ファンタジア文庫 テーブルトークRPG「ソード・ワールドRPG」の世界フォーセリアを舞台にした短編集、第四作目。 四作目も三作目と同 …

菜の花

ホーンテッド・キャンパス 君と惑いと菜の花と

ホーンテッド・キャンパス 君と惑いと菜の花と 著:櫛木理宇 画:ヤマウチシズ 出版社: 角川書店 角川ホラー文庫 八神森司は鏡を見ながら何故自分はブラッド・ピットに生まれなかったのだろうと考えていた。 …

剣

レプラコーンの涙 ソード・ワールド短編集

レプラコーンの涙 安田均 編 水野良 他 イラスト 米田仁士 富士見ファンタジア文庫 テーブルトークRPG「ソード・ワールドRPG」※の世界フォーセリアを舞台にした短編集、第一作目。 短編集にはロード …

虎

十二国記 白銀の墟 玄の月 3

白銀の墟 玄の月 3 著:小野不由美 画:山田章博 出版社: 新潮社 新潮文庫 十二国記の第九作目、その第三巻目。 今回は一巻、二巻で登場した人物について書きたいと思います。 上記二つをお読みで無い方 …

玉

十二国記 白銀の墟 玄の月 1

白銀の墟 玄の月 1 著:小野不由美 画:山田章博 出版社: 新潮社 新潮文庫 十二国記の第九作目、クーデターにより行方不明になった泰王、驍宗(ぎょうそう)を探して泰麒(タイキ)と李斎(りさい)は冬の …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。