漫画完結作品

GIGANT ギガント 第六巻 あらすじ・感想

投稿日:2020年8月22日 更新日:

ラーメンGIGANT ギガント 6 ビッグコミックススペシャル
著:奥浩哉
出版社:小学館

GANTZ、いぬやしきの奥浩哉さんの描く、SFファンタジー。
サタンの攻撃で被害が拡大するアメリカ、一方、日本は襲撃が無くちほもランドセルの人達も戦いの無い日々を過ごしています。

広告

あらすじ

ちほに力を与えた謎の男長嶋大佐の仲間と思われる、桃乃木(もののぎ)少佐をリーダーとしたランドセルの一団。
彼らは塩沢上等兵がコンビニでどん滋郎(カップのきつねうどん)を見つけた事を発端にこの時代の食べ物(特に麺類)にハマり、ラーメンやうどんの店を渡り歩いていた。

一方、売れっ子となったちほは忙しいスケジュールの合間を縫って、零と共に石垣への旅行を慣行する。
旅行を堪能し絆を深めた二人だったが、マスコミはちほの行動を監視していた。

感想

今回は日本に巨大生物は出現せず、比較的穏やかな日常の風景が描かれました。(アメリカは大変な事になっていますが)

今巻では桃乃木たちが麺類にハマったのが楽しかったです。
彼らの世界には栄養バランスは良くても、美味しい物は余り無いのかもしれません。

兵士らしい彼らが妙に精神年齢が低い(なんというか、メンタルが幼い)のが少し気になりました。
戦闘についての訓練は受けていても、それ以外は鍛えられていないという印象を桃乃木の行動からは感じられました。

また、ちほと零の方の展開もある意味、予想していた通りになってしまいました。
芸能人のスキャンダルで似たような報道は目にしますが、読者として二人の経緯を知っているとバッシングでは無く、温かく見守って欲しいとか思ってしまいます。

広告

まとめ

この巻では日本での戦闘は無く、ちほと零の旅行、桃乃木達の食べ歩き、そして週刊誌によって日本中にちほ達の関係が知られた事による生活の激変までが収録されています。

アメリカは大変な事になっているのに、芸能人のゴシップに沸いているのは何だか日本っぽいなぁと読んでいて感じました。

もち、切ないです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

作者の奥浩哉さんのTwitterはこちら。
この作品は現在第一巻が小学館公式サイトにて無料でお読みいただけます。(2020年8月現在)

※イメージはPixabayのHannes Kurthによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , ,

関連記事

エーデルワイス

ナナシ ~ナくしたナにかのさがシかた~ 第五巻 あらすじ・感想

ナナシ ~ナくしたナにかのさがシかた~ 5 ヤングキングコミックス 漫画:片山愁 原作:藤野晴海 出版社:少年画報社 怪異を見る事ができる少年ナナシと、彼と出会った事で見える様になったハルのもう戻れな …

吸血鬼

白暮のクロニクル 第四巻 あらすじ・感想

白暮のクロニクル 4 ビックコミックス 著:ゆうきまさみ 出版社:小学館 オキナガの大量失踪事件。 それは希梨香(きりか)という少女の姿をしたオキナガが、計画した事でした。 事件は解決し、あかり達は日 …

ウェルシュ・コーギー

GIGANT ギガント 第七巻 あらすじ・感想

GIGANT ギガント 7 ビッグコミックススペシャル 著:奥浩哉 出版社:小学館 GANTZ、いぬやしきの奥浩哉さんの描く、SFファンタジー。 週刊誌で報じられたちほと零の関係。 演技がしたいと言っ …

三日月と山 画像

いちげき 幕末一撃必殺隊 コミカライズ版 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

いちげき 2 SPコミックス漫画:松本次郎原作:永井義男出版社:リイド社 基本の攻撃だけを学んだ丑五郎達、一撃必殺隊は薩摩の御用盗を奇襲。薩摩が雇った浪人たちを斬り伏せます。そんな中、襲撃者に対し薩摩 …

ズワイガニ

バカレイドッグス Loser 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

バカレイドッグス Loser 1 ヤンマガKC 原作:矢樹純 漫画:青木優 医療監修:茨木保 出版社:講談社 ある出来事が原因で、辰次達は東京を出て横浜に拠点を移します。 裏路地の闇医者、その続編にあ …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。