漫画

ノー・ガンズ・ライフ 4

投稿日:2019年5月16日 更新日:

飴ちゃんノー・ガンズ・ライフ 4 ヤングジャンプコミックス
著:カラスマタスク
出版社:集英社

コルトにテロを行わせていたサリシャガンを、警備局に引き渡し、部屋に戻った十三。

そこにはアームド斎を護送していた車を、オリビエごと狙撃したペッパーと、十三と同じガンスレイブユニットであるセブンが待ち構えていました。

 

広告

あらすじ

部屋にいたペッパーは、十三に依頼があるという。

十三は、彼ら二人がベリューレン社の人間だと見抜いた。
ペッパーの右腕は「ハンズ」と呼ばれる、ガンスレイブユニットの制御プログラムを唯一解除できる代物だったからだ。

ガンスレイブユニットと解除キー。
大戦が終わった今、この街でそんな二人をセットで運用できる所などベリューレンぐらいしかない。

警戒する十三に、ペッパーは安心するよう言った。
今日来たのは個人的な要件らしい。

彼女の依頼。
それは十三を倒してハンズを持つ自分の駒にする事だった。

ペッパーはセブンに捩じ伏せろと命じながら、戦闘プログラムを起動した。
ハンズによるガンスレイブユニットの解放は、戦闘能力を一兵士から戦略兵器に変える。

初撃は何とか凌いだ十三だったが、ペッパーに発破をかけられたセブンの二度目の攻撃は十三は左肩を貫き事務所の壁を吹き飛ばす。

ペッパーは十三に、本気を出さないと死ぬよと声をかけた。
十三は彼女に、自分が力を振るうのは受けた依頼を果たす為だけだと返した。

己の信条を貫く十三に魅力を感じ、彼を手に入れる事への執着をました。

屈服させて自分の物にする。
その為に負傷した十三に、ペッパーは自ら斧を持って襲い掛かる。
肩を抉られ動けない十三を庇おうと、鉄郎がペッパーの前に立ちふさがる。

躊躇なく振るわれた斧をセブンが止める。
鉄郎がハルモニエを使い、セブンを操ったのだ。

ハルモニエの存在と騒ぎが大きくなった事で、ペッパーは一旦仕切り直す事にしたようだ。

去り際、彼女は十三の顎を舐め「唾つけた」と狂気じみた笑みを浮かべた。

感想

今回はあらすじで書いたペッパーとセブン、拡張者の霊に取りつかれているという少女、ローサ。
そしてメアリーの兄であるヴィクターのお話です。

どの話も良かったのですが、個人的にはローサのお話が特に好きです。
この話で登場する、グスタフMV360という、長時間稼働すると車体が排熱で溶けるというロマンバイクが最高でした。

まとめ

この物語のヒロイン、メアリーですが、彼女はヒロインでありながら鉄郎曰く、少し不思議な臭いがするし、バイクに乗っている時も不可抗力とはいえ、女性キャラが見せないような表情をします。

そんなコミカルでキュートなメアリーの存在も、この物語の魅力の一つです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはpixabayのDaria-Yakovlevaによる画像です
広告

-漫画
-, ,

関連記事

老人と紫煙

ぽんこつポン子 6

ぽんこつポン子 6 ビッグコミックス 作:矢島圭太 出版社:小学館 ゆうながライブに出た事をネットを介し知った彼女の母は激怒。 怒りを滾らせたまま、日坂町へ車を走らせていました。 登場人物他あらすじ感 …

ラッパー

パリピ孔明 2

パリピ孔明 2 ヤンマガKC 原作:四葉タト 漫画:小川亮 出版社:講談社 クラブでのライブイベント。 ミアに当て馬にされた英子でしたが、孔明の策で呼び込まれた客は英子の歌に引き付けられたようでした。 …

ザリガニ

魔々ならぬ 2

魔々ならぬ 2 BRIDGE COMICS作:ゆーき出版社:KADOKAWA 持ち込みは続けているものの、編集からは色よい返事は貰えない漫画家志望の青年、宮永左岸(みやなが さがん)。彼は偶然知り合っ …

ベルサイユ宮殿

傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 1

傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 1 バンチコミックス著:磯見仁月出版社:新潮社 十八世紀のフランス。フランス王妃マリー・アントワネットの仕立て屋となった女性「ローズ・ベルタン」の軌跡を描いた作品です …

アジサシ

ヴィンランド・サガ15

ヴィンランド・サガ15 アフタヌーンKC 作:幸村誠 出版社:講談社 クヌートはトルフィンとの対話で、農場の接収計画を白紙に戻した。 彼は財源確保の原因だった、駐英デンマーク軍を解散。 これが逆に功を …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。