漫画

ケンシロウによろしく 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:2020年8月12日 更新日:

ツボ
ケンシロウによろしく 1 ヤンマガKC

著:ジャスミン・ギュ
出版社:講談社

唯一の家族だった母に捨てられた少年、沼倉孝一(ぬまくら こういち)。
彼はその原因である母の恋人だったヤクザに復讐する為、独学で伝説の暗殺拳「北斗神拳」を極めようとします。

広告

登場人物

沼倉孝一(ぬまくら こういち)
幼少時、母親に捨てられた男
それ以来、母を奪ったヤクザに復讐を誓い、一人漫画を師として北斗神拳を極めようと努力を続ける。

木村(きむら)
沼倉の母の恋人だったヤクザ
スキンヘッドの女好き。
気に入らない事があると舎弟に暴力を振るう。

坂本里香(さかもと りか)
専門学校に通う22歳の女性
生活費と学費の他、寝たきりの父の治療費を稼ぐ為、夜の仕事もしている。

野田(のだ)
大手IT企業の創始者
ある目的の為、沼倉に仕事を依頼する。

森山林(もりやまばやし)
大関
マスコミからのバッシングや、ライバルで先輩の黒乃虎(くろのとら)の嫌がらせでストレスをため込んでいる。

久田圭子(ひさだ けいこ)
週刊「悪」ヤクザ部門担当
大手出版社、講談出版の雑誌編集者。
セクシーなアラサー女性。
沼倉の依頼で木村に近づき情報を探る。

あらすじ

母親をヤクザに奪われた少年、沼倉はそのヤクザに復讐を誓う。
その日以来、彼は漫画「北斗の拳」を師匠に日々修行を重ね伝説の暗殺拳「北斗神拳」をマスターすべく毎日を過ごしてきた。

それから十年後、鍛え上げられた体と技を手に入れた沼倉は復讐相手のヤクザ、木村のもとに現れる。
しかし満を持して放った「北斗百裂拳」は木村に何の効果も示さなかった。

返り討ちにされた沼倉は漫画だけでは人体の正確な経絡秘孔(ツボ)を知る事が出来ないと悟り、人の体を知るべく勉強を始める。

それから数年後、晴れて国家資格を取得した沼倉は凄腕のマッサージ師として店を持つまでになっていた。

広告

感想

北斗神拳でヤクザを殺そうと頑張った男が、マッサージ師として人々を癒していくコメディタッチの作品です。

冒頭、木村に百裂拳を放ったシーンは原作まんまで、ちょっといけるかなと思ったのですが、やっぱり駄目でした。
マッサージ師として活動している沼倉ですが、彼の目的はあくまで復讐なので木村の事は狙い続けています。

作中、助手となった里香がツッコンでいますが、確かに暗殺拳を使っても直接手を下してしまえば、ここはまさに世紀末じゃないので沼倉は有罪になりそうだなぁと思いました。

まとめ

今回のラストでその木村の事である事実が発覚し、沼倉は悩む事になるのですが……。
次巻、どうなるのかとても楽しみです。

こちらの作品はコミックDAYSにて一部無料で閲覧いただけます。
作者のジャスミン・ギュさんのTwitterはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのAnShenTCMによる画像です。
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

ペット

生き残った6人によると 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

生き残った6人によると 3 ハルタコミックス 作:山本和音 出版社:KADOKAWA/エンターブレイン モールに閉じ込められた夫の木内誠(きうち まこと)を探しにやって来た、彼の妻、木内海(きうち う …

蔓・枝

亜童 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

亜童 1 ヤンマガKCスペシャル 著:天野雀 出版社:講談社 移民を受け入れ日本に様々な人種が溢れた時代。 正直さが原因で仕事の続かない19才のフリーター、冴木リコはトラックに轢かれそうになっていた少 …

シシカバブ

焼いてるふたり 第六巻 登場人物・あらすじ・感想

焼いてるふたり 6 モーニングKC 著:ハナツカシオリ 出版社:講談社 東京のデザイン事務所を退職し、千尋(ちひろ)は健太(けんた)の家で暮らしながらフリーのデザイナーとして働き始めた。 夫婦として同 …

アイス

青野くんに触りたいから死にたい 第五巻 登場人物・あらすじ・感想

青野くんに触りたいから死にたい 5 アフタヌーンKC 著:椎名うみ 出版社:講談社 自分が処女で無くなれば、青野を解放できるのでは優里は考え、藤本に協力を頼み、二人はラブホに向かいました。 藤本は青野 …

ケーキ

妻、小学生になる。 第十巻 登場人物・あらすじ・感想

妻、小学生になる。 10 芳文社コミックス 作:村田椰融 出版社:芳文社 娘、麻衣(まい)の交際相手、蓮司(れんじ)の家族に挨拶に出掛けた新島家の一行。 顔合わせは問題無く進み、全てが順風満帆に思えた …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。