漫画

ケンシロウによろしく 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:2020年8月12日 更新日:

ツボ
ケンシロウによろしく 1 ヤンマガKC

著:ジャスミン・ギュ
出版社:講談社

唯一の家族だった母に捨てられた少年、沼倉孝一(ぬまくら こういち)。
彼はその原因である母の恋人だったヤクザに復讐する為、独学で伝説の暗殺拳「北斗神拳」を極めようとします。

広告

登場人物

沼倉孝一(ぬまくら こういち)
幼少時、母親に捨てられた男
それ以来、母を奪ったヤクザに復讐を誓い、一人漫画を師として北斗神拳を極めようと努力を続ける。

木村(きむら)
沼倉の母の恋人だったヤクザ
スキンヘッドの女好き。
気に入らない事があると舎弟に暴力を振るう。

坂本里香(さかもと りか)
専門学校に通う22歳の女性
生活費と学費の他、寝たきりの父の治療費を稼ぐ為、夜の仕事もしている。

野田(のだ)
大手IT企業の創始者
ある目的の為、沼倉に仕事を依頼する。

森山林(もりやまばやし)
大関
マスコミからのバッシングや、ライバルで先輩の黒乃虎(くろのとら)の嫌がらせでストレスをため込んでいる。

久田圭子(ひさだ けいこ)
週刊「悪」ヤクザ部門担当
大手出版社、講談出版の雑誌編集者。
セクシーなアラサー女性。
沼倉の依頼で木村に近づき情報を探る。

あらすじ

母親をヤクザに奪われた少年、沼倉はそのヤクザに復讐を誓う。
その日以来、彼は漫画「北斗の拳」を師匠に日々修行を重ね伝説の暗殺拳「北斗神拳」をマスターすべく毎日を過ごしてきた。

それから十年後、鍛え上げられた体と技を手に入れた沼倉は復讐相手のヤクザ、木村のもとに現れる。
しかし満を持して放った「北斗百裂拳」は木村に何の効果も示さなかった。

返り討ちにされた沼倉は漫画だけでは人体の正確な経絡秘孔(ツボ)を知る事が出来ないと悟り、人の体を知るべく勉強を始める。

それから数年後、晴れて国家資格を取得した沼倉は凄腕のマッサージ師として店を持つまでになっていた。

広告

感想

北斗神拳でヤクザを殺そうと頑張った男が、マッサージ師として人々を癒していくコメディタッチの作品です。

冒頭、木村に百裂拳を放ったシーンは原作まんまで、ちょっといけるかなと思ったのですが、やっぱり駄目でした。
マッサージ師として活動している沼倉ですが、彼の目的はあくまで復讐なので木村の事は狙い続けています。

作中、助手となった里香がツッコンでいますが、確かに暗殺拳を使っても直接手を下してしまえば、ここはまさに世紀末じゃないので沼倉は有罪になりそうだなぁと思いました。

まとめ

今回のラストでその木村の事である事実が発覚し、沼倉は悩む事になるのですが……。
次巻、どうなるのかとても楽しみです。

こちらの作品はコミックDAYSにて一部無料で閲覧いただけます。
作者のジャスミン・ギュさんのTwitterはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのAnShenTCMによる画像です。
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

武道館

推しの子 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

推しの子 1 ヤングジャンプコミックス 著:赤坂アカ×横槍メンゴ 出版社:集英社 人気作家二人がタッグを組んで送る、芸能界を舞台にした転生ミステリー。 登場人物 ゴロー 産婦人科医 アイドルグループB …

雪原

クマ撃ちの女 第九巻 登場人物・あらすじ・感想

クマ撃ちの女 9 BUNCHコミックス 作:安島薮太 出版社:新潮社 因縁の牙欠けのヒグマを撃つため、奴に襲われた女性の捜索を続けるチアキ。 彼女は警察の捜索隊との連動を嫌い、猟犬のワンが集団を嫌がる …

サンフランシスコ

ブルージャイアントエクスプローラー 第三巻 あらすじ・感想

ブルージャイアントエクスプローラー 3 ビッグコミックススペシャル 作:石塚真一 出版社:小学館 後に世界的なサックスプレイヤーとして名を馳せる、宮本大の軌跡を描いた作品。 そのアメリカ編。 ポートラ …

モンマルトル

河畔の街のセリーヌ 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

河畔の街のセリーヌ 2 BLADEコミックス 著:日之下あかめ 出版社:マッグガーデン 19世紀、フランスはパリ。 故郷からパリに出て来た十四歳の少女、セリーヌはパリで出会った老紳士ルネの依頼で彼の紹 …

結晶

ウスズミの果て 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

ウスズミの果て 1 ハルタコミックス 作:岩宗治生 出版社:KADOKAWA/エンターブレイン 断罪者と呼ばれる瘴気を撒き散らす異形の怪物の発生。 怪物が生み出した瘴気を吸い込んだ人々は、結晶病と呼ば …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。