漫画

放課後ていぼう日誌 1

投稿日:

蛸放課後ていぼう日誌 1 ヤングチャンピオン・コミックス
著:小坂泰之
出版社:秋田書店

父の故郷である海沿いの町に引っ越してきた高校一年生の鶴木陽渚(つるぎ ひな)はひょんなことから“ていぼう部”へ入部する事になります。
生き物が苦手な陽渚でしたが、魚を釣り上げる事、そして釣り上げた魚の美味しさに魅了され段々と釣りにハマっていきます。

広告

登場人物

鶴木陽渚(つるぎ ひな)
手芸好きな高校一年生
虫や魚などの生き物が苦手。
ストレスを感じるとフェルトを突いて心を落ち着ける。
趣味が手芸という事もあり、手先がとても器用。

黒岩悠希(くろいわ ゆうき)
ていぼう部の部長、三年生
陽渚をていぼう部に引きずり込んだ人物。
裸足にビーサンのぐうたら女子高生。

帆高夏海(ほだか なつみ)
陽渚とは幼馴染の高校一年生
頭のでこしっぽがトレードマークの元気な女の子。

大野真(おおの まこと)
ていぼう部に所属する二年生。
眼鏡で高身長な巨乳女子。
釣りが上手く料理も得意、物静かで優しい完璧超人。
唯一の弱点はカナヅチな事。

冒頭あらすじ

父親の故郷へ引っ越して来た高校生の鶴木陽渚。
彼女は母親からおつかいを頼まれ出かけたついでに、海沿いのその町を散策する。
陽渚は海からの風、そして眼前に広がる景色にホッコリしながら、岸壁に手を突き景色を堪能していた。

そんな彼女の手にフナムシが這い寄る。
フナムシに気付いた陽渚は左手に乗ったそれを奇声を上げて振り払った。
彼女は虫や魚等の生き物が全般的に苦手だった。

海は綺麗だが、そこに生息する生き物は気持ち悪い。
これからこの町でやっていけるだろうか。
不安な気持ちを抱えつつ、海を見ていると入江の向こうの堤防の上を人影がフラフラと行き来している。

もしや熱中症では!?
そう思った陽渚は堤防に向かって駆けた。

息を荒げ駆け付けた陽渚を麦わら帽子の女性が出迎える。
話を聞けば、彼女は釣りをしていたようだ。
今は絡まった糸をほどいていた所らしい。

グチャグチャに絡まった糸を見て、手芸好きの血が騒いだ陽渚は女性に良かったら私に?と提案していた。
糸をほどいている間に彼女と世間話をする。

聞けばその女性黒岩は陽渚が通う海野高校の生徒らしい。
そんな事を話している間に陽渚は糸をほどいていた。
もうっ!?と早さに驚き感心しつつ、黒岩は「お礼にはならんかもやっけど」と陽渚にやってみる?と糸の巻かれた釣り具を差し出した。

「やったことないんですけど……」
そう言って狼狽える陽渚の背中を叩きつつ、黒岩は初心者でも釣れると太鼓判を押した。

彼女に促され陽渚は釣りを始めた。
アドバイスをもらいながら続けるが、一向に当たりは来ない。
穏やかに流れる時間を感じ、陽菜は“なにやってんだろう、わたし……”と思いながら釣り糸を操った。

そんな陽菜に黒岩は海が好きかと問う。
陽渚は眺めるのは好きですと答える。
その答えにあたしも海好き、いっしょだね~と黒岩はにや~と笑った。

その時、陽菜の持った糸が突然重くなった。
大物かもと言う黒岩の言葉に焦りつつ、彼女の言葉に従い思い切り引っ張り上げる。
やがて釣り上げた獲物は、尻もちをついた陽菜の右足に張り付いていた。

その獲物、おおきなタコは段々と彼女の足を登って来ていた。
ガタガタと震え、取ってと黒岩に陽渚は懇願する。
しかし、黒岩は取ってもよかけど~、部活に入ってくれんかな?と入部を交換条件に陽渚に迫った。
どうも新入部員が少なく部は存続の危機らしい。

タコに耐え切れない陽渚はなんでもいいからと、黒岩の提示した条件を受け入れた。

感想

弱みに付け込まれ入部する事になった陽渚ですが、気の良い部員たち、そして釣る事と食べる事に魅力を感じている様でした。

釣りは誘われて一、二度バスフィッシングをした事がある程度の完全素人ですが、友人にその日釣ったイカを食べさせてもらった事があります。

透き通った綺麗な身、コリコリとした触感。
今までスーパーで買ったり居酒屋で食べた物とはまるで違う美味しさに、とても感動した事を覚えています。

作品を読んでいると、自分でも釣って食べたいという欲求が湧いてきますが、陽菜と同じく虫が触れないので餌の事を考えると尻込みしてしまいます。

ゴカイか……。
うん。私はやっぱり食べる専門でいいかな。

まとめ

現在(2020年7月現在)、この作品はコロナ影響で延期されていたアニメが放送されています。
そちらもとても丁寧に作られたアニメですので、気になる方は是非。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの作品は秋田書店公式サイトで第一話が無料で閲覧いただけます。
作者の小坂泰之さんのTwitterはこちら

※イメージはPixabayのseok gyu kangによる画像です。
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

パピヨン

DOG SIGNAL ドッグシグナル 4

DOG SIGNAL ドッグシグナル 4 ブリッジコミックス 著:みやうち沙矢 出版社:KADOKAWA 元カノの優子(ゆうこ)と再会した未祐(みゆ)。 彼女は新たに飼い始めたティアラ(マイクロティー …

アジサシ

ヴィンランド・サガ15

ヴィンランド・サガ15 アフタヌーンKC 作:幸村誠 出版社:講談社 クヌートはトルフィンとの対話で、農場の接収計画を白紙に戻した。 彼は財源確保の原因だった、駐英デンマーク軍を解散。 これが逆に功を …

猫

猫が西向きゃ 1

猫が西向きゃ 1 アフタヌーンKC 著:漆原友紀 出版社:講談社 蟲師の漆原友紀さんの描くお仕事活劇。 フローと呼ばれる空間の揺らぎによっておこる、様々な現象に対処する業者「フロー業者」日々を描いた作 …

たわしと針鼠

異世界おじさん 3

異世界おじさん 3 MFC 作:殆ど死んでいる 出版社:KADOKAWA/MFC 凍神剣の守り手、メイベルに襲われたおじさん。 気を失った彼女を宿に連れ帰り、話を聞いていたのですが、いい感じになった所 …

モンサンミッシェル

波よ聞いてくれ 2

波よ聞いてくれ 2 アフタヌーンKC 作:沙村広明 出版社:講談社 恋人の光雄に金を持ち逃げされた事で、ミナレは更新費用が払えず部屋を出る事になります。 どうしようも無くなった彼女は、藻岩山ラジオのA …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。