漫画

女の園の星 1

投稿日:

黒板と女子高生女の園の星 フィールコミックス
著:和山やま
出版社:祥伝社

女子高の教師、星先生の日常を描いた作品です。

広告

登場人物

星(ほし)
女子高の教師
担当は国語、2年4組担任。
眼鏡を掛けた理性的な人物。
理屈っぽい。
生徒の趣味や行動にも理解がある。

香川(かがわ)
星のクラスの生徒
よく眠ている。

小林(こばやし)
星の同僚の教師
ポロシャツを愛用しているノリのいい男。
涙ぼくろ。
押しが強くポジティブ。

犬(いぬ)
3年2組のクラス犬
3年2組の担任、郡司(ぐんじ)の実家で飼われている犬。
彼の父が入院した為、預かる事になり郡司は学校に連れて来た。
白い毛並みの大人しい犬。
オス。
可愛い。

中村(なかむら)
星の同僚の教師
深夜まで残っている事が多い。
いぬに癒された。

松岡(まつおか)
小林のクラスの生徒
エキセントリックなマンガを描いている。

鳥井(とりい)
星のクラスの生徒
趣味で星の観察日記をつけている。
内容は辛口。

あらすじ

女子高の国語教師、星は現在2年4組の担任としてクラスを受け持っている。
彼は生徒の振る舞いをことさら厳しく指導するような事はせず、彼女らの自主性にまかせるスタイルで生徒と接している。

ある日、学級日誌を確認していた星は備考欄に描かれた絵に首を傾げる。
最近備考欄で絵によるしりとりが流行っていた。
彼はそれを密かに楽しみにしていたのだが、その日の絵は陰気な男性の絵だったのだ。

昨日はスマホの筈だから、「ほ」で始まる物の筈だ。
ほ……ほ……。
答えの出ないまま、翌日となり次の絵は「いか」だった。

ほ○い……。
布袋!?
有名なロッカーが脳裏に浮かぶが、生気がなさすぎると浮かんだ答えを自ら否定する。

布袋……本当の布袋……本当の布袋って何だ?
布袋からはなれられないまま、星は思考の迷路に迷い込んだ。

感想

女子高という若い女性で構成された社会での男性教師、星の日常を描いたコメディタッチの作品です。
今回はあらすじで書いたエピソードの他、学校に犬、松岡のマンガ、あだ名、星の観察日記の五つが収録されました。

この作品はツイッターで多くの方が面白いと呟いていたので購入したのですが、恐らくそれが無ければ手にしてはいなかったと思います。
Twitterやってて良かったです。

まとめ

マンガを読んで声を上げて笑ったのは久しぶりです。
いつもは面白くても声を出す事は殆ど無いのですが、これは無理でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの作品は祥伝社特設サイトにて第一話が試し読み出来ます。
作者の和山やまさんのTwitterはこちら

※イメージは ぱくたそ の すしぱくさん による画像です。
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

女性とテント

ふたりソロキャンプ 2

ふたりソロキャンプ 2 イブニングKC 著:出端祐大 出版社:講談社 厳がソロキャンプに拘る理由。 それは彼にキャンプの楽しさを教えた父親にありました。 厳の父は彼が独りで全て出来る様に、幼い厳に色々 …

オリックス

狩猟のユメカ 1

狩猟のユメカ 1 イブニングKC 著:古部亮 出版社:講談社 埼玉県秩父市山中、猟銃で鹿を狩っていた女性ハンターのユメカは、日本にいる筈の無い羚羊(れいよう)オリックスと遭遇します。 身の危険を感じ銃 …

森

波よ聞いてくれ 3

波よ聞いてくれ 3 アフタヌーンKC 作:沙村広明 出版社:講談社 光雄に別れを告げたミナレ。 麻籐は彼女の別れをラジオドラマにする事で、光雄への想いを埋葬しろと彼女を煽ります。 登場人物あらすじ感想 …

散弾

オオカミライズ 2

オオカミライズ 2 ヤングジャンプコミックス 著:伊藤悠 出版社:集英社 倭狼(ウォーラン)と呼ばれる狼の特徴を備えた不死身の者達。 それを抹殺する為作られた吃狗(チィゴウ)という特殊部隊の隊員の一人 …

バイソン

ヘテロゲニア リンギスティコ ~異種族言語学入門~ 2

ヘテロゲニア リンギスティコ ~異種族言語学入門~ 2 角川コミック・エース 著:瀬野反人 出版社:KADOKAWA 教授の足跡を辿り旅を続けるハカバ。 海辺を通り、死の街と呼ばれるかつて人間が暮らし …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。