漫画完結作品

バカレイドッグス Loser 3

投稿日:2020年7月14日 更新日:

サンドイッチバカレイドッグス Loser 3 ヤンマガKC
原作:矢樹純
漫画:青木優
医療監修:茨木保
出版社:講談社

裏路地の闇医者、犬童兄弟と彼らに買われた看護師、雪野鈴の活躍を描いた作品、その続編第三巻。

今回は生活に困窮し怪しい薬を売っていた少女沙耶のエピソード後編からスタートします。

広告

この巻の登場人物

佐山翔太(さやま しょうた)
マスクをした怪しい男に担ぎこまれた少年
当初は発熱のみかと思われたが劇症肝炎を発症していた

怪しい男
翔太を犬童医院に連れて来た男
翔太を医院に預けた後、姿を消す。

ナミ
北條(ほうじょう)に壊された家の娘
犬童兄弟の母親、百合子を攫った男、北條に傾倒し、投資に失敗した父親と美容に金を使った母親を憎むようになった。

あらすじ

沙耶が売った薬を飲みすぎ倒れた実季。
その実季からの連絡で彼女の元に駆け付けた沙耶だったが、売人のハサンからは病院へは行くな、警察が来ると告げられる。

お金を得る為、友人だった実季にまで沙耶は怪しい薬を売った。
そんな自分の行為を行為を後悔し泣きじゃくる沙耶。
捕まってもいいと救急車を呼ぼうとした沙耶を、突然現れた男が止める。

実季が倒れた公園のトイレに現れた男は言う。

「僕なら助けられますよ」

医者だと名乗った男は売人のハサンから連絡を受けたと沙耶に告げた。
彼の言葉が十年前、傷付いた子猫を助けてくれた人物とダブり鞘は一瞬戸惑った。
だが、今はそれどころではないと沙耶は正体不明の青年に実季の治療を願うのだった。

感想

今回は友人に薬を売った少女沙耶のお話後編、熱を出した少年を連れ込んだ怪しい男、そして犬童兄弟の母親を攫った北條のエピソードのプロローグの三つが収録されました。

沙耶のお話も怪しい男のエピソードも、問題は彼らの父親に端を発していました。
今回のエピソードで登場した沙耶の父も、翔太の父もそのどちらも自身の都合のみを優先させ動いている様に感じました。
この二人に欠けているのは想像力の様に思います。

自分がそうする事で相手がどうなるのか。
あるいは考えはしても自分には関係ないと思っているのかもしれません。

対岸の火事、向こう岸の問題で自分は安全だ。
でもその向こう岸の大火は巡り巡って自分を焼く事もあるでしょう。
全ての事柄は繋がっていると考えれば無関心ではいられない筈です。

えっと、何が言いたいのかといいますと、感情的にならず一歩立ち止まって相手の立場に立って考えようと思いましたって事です。

まとめ

今回の終盤で犬童兄弟が横浜に来る事になった原因である北條のエピソードがスタートしました。
犬童兄弟が闇医者でお金を稼いでいる理由、母親の百合子を救えるのか。
先が気になります。

こちらの作品はコミックDAYSにて一部無料で閲覧できます。
原作者の矢樹純さんのTwitterはこちら
漫画担当の青木優さんのTwitterはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのShutterbug75による画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , , ,

関連記事

空港

アルキメデスのお風呂 4

アルキメデスのお風呂 4 まんが王国コミックス著:ニコ・ニコルソン出版社:ビーグリー 岐阜での国際会議からA-PARCへと戻った陽子(ようこ)と大池(おおち)。大池は食堂で相変わらず陽子の作った唐揚げ …

傘 昔

いちげき 5

いちげき 5 SPコミックス漫画:松本次郎原作:永井義男出版社:リイド社 薩摩への総攻撃を告げた島田は、一撃隊に女郎屋、井村屋で遊ぶ事を許可し丑五郎にその引率を命じます。それは暗に仲間を引き連れ脱走す …

白い花

ソフィアの円環 1

ソフィアの円環 1 BLADEコミックス 著:山田怜 出版社:マッグガーデン ヴィンクルムと呼ばれ人々から忌み嫌われる者である少年アルスは、ある時、何者かから“かえりたい”と語り掛けられます。 アルス …

砂漠

逃げる少女 ~ルウム復活暦1002年~ 2

逃げる少女 ~ルウム復活暦1002年~ 2 ボニータ・コミックス 著:紫堂恭子 出版社:秋田書店 何かに追われる少女ジュスベル。 彼女が語る故郷、カルワリアのセミタ村。 元兵士で地理に明るいセスも、そ …

猫

魔々ならぬ 3

魔々ならぬ 3 電撃コミックスNEXT作:ゆーき出版社:KADOKAWA 勇者の力を使い魔力の影響で怪物化したモノ達を狩っていた小学生のリコ。そのリコの力が駄女神アネアの目的でした。 街で巨大化したポ …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。